« 那須ガーデンアウトレット | トップページ | 貴婦人と一角獣展 »

ハンミョウ・リベンジなど…虫ネタ

[ ハンミョウ・リベンジ ]

去年、ハンミョウ(ナミハンミョウ)の写真撮影を目標にしましたが、達成できず。

その後調べたところ、ハンミョウ成虫は春(越冬成虫)と夏の2回出現するということを知りました。
(夏真っ盛りには、むしろ少ないとの情報も)

なので、この時期に再チャレンジ。

まずは、

「 ノルンみなかみ フラワーガーデン 」という場所。

(この時はスイセンが見ごろの季節で、そのついでにといった感じでしたが)

冬はスキー場という場所で、去年の武尊に似たような環境。
もしかしたら…と思ったのですが。

(以下、写真は拡大あり)

Mihyamahan01

Mihyamahan02

ミヤマハンミョウ(緑色型)…去年と同じヤツです。

たくさんいました。
時期的には、正解だったようです。

が…
狙うハンミョウ(ナミハンミョウ)じゃない。

ここは、ミヤマの領分なのか。
これはこれで綺麗なんですけどね…

ということで、後日…

今度は、前回、ナミハンミョウの死骸はあった、「武尊山」へ。

成果は…

Mihyamahan11

Mihyamahan12

Mihyamahan13

Mihyamahan14

Mihyamahan15

全部、ミヤマハンミョウ(黒化型含む)でした…。

武尊周辺、何箇所か探してみたところ、この種はたくさんいたのですが、本命のハンミョウは、死骸すら見つからず。

今回は、リベンジならずということでした…。

でも、写真のクオリティ(撮影の腕?)は、上がったんじゃないかな?

この感じで、次はぜひ本命を…。

(うーん、やはり場所が山すぎるのかも。しかし、平地で、ハンミョウのいそうな開けた荒地みたいな場所って、群馬でもめったに無いよなあ)

-----

[ アカヤマアリ ]

Akayamaari

写真上方に、胸の赤いアリがいる。

胸の赤いアリは、ムネアカオオアリやトゲアリなど何種かいて、さほど珍しいわけではないですが…

今回、おやっ? と思ったのは…
このアリが、別種のクロヤマアリ(写真下方)と、同じ巣を出入りしていることに気付いたのです。

で、あとで調べてみたら…

このアリは、アカヤマアリ(胸だけでなく、足が赤いのも特徴)という名で、クロヤマアリを奴隷として使う習性があるとのことでした。

奴隷を使うアリというと、サムライアリというのが有名ですが、そんなのが他にもいたんですね。

[ アリジゴク ]

Antlion

めずらしく、アリジゴクが顔を出しているのを見たので、撮影。

(吸殻のアリの死骸を、巣の外に投げ出そうと苦労してる所でした)

アリジゴクといえば…

数年前に、 「アリジゴクは排泄しないという通説を小学生が覆す」…というニュース記事がありましたね。
まだ、真偽は定かじゃないのかな。
「アリジゴクは排泄しない」は虫好きにはよく知られた話だと思いますが、それだけにこの記事を読んだ時には、びっくりしたものでした。

そういえば、後輩が卒論で、アリジゴクの研究をしてたらしい。
体内に住む微生物がどうとか…だいぶ昔の話なので詳細は忘れてしまった。

自分は、卒論テーマが昆虫じゃなかったので、ちょっとうらやましかった。

(2013.5.25)

|

« 那須ガーデンアウトレット | トップページ | 貴婦人と一角獣展 »

動物」カテゴリの記事

群馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/57458438

この記事へのトラックバック一覧です: ハンミョウ・リベンジなど…虫ネタ:

« 那須ガーデンアウトレット | トップページ | 貴婦人と一角獣展 »