« めんこい | トップページ | 無神論者はどこに住んでいるか »

動くエジプト像

興味深い話題があったので、メモ。

博物館で怪奇現象! ガラスケースの古代エジプトの像が勝手に回り始める
( ロケットニュース24 2013.6.25)

英マンチェスター博物館にある4000年前のオシリス神の像が、勝手に回り出すという。スタッフが監視カメラを設置したところ、回っている映像が撮影された。

リンク先には動画があります。

監視カメラの映像で、長時間を圧縮しているが…

…確かに回っている。

つい最近、NHKの超常番組絡みの話で、たいていの超常映像は信じられないとか、豪語してしまいましたが…

これは、私にはCGには見えません…。本物の映像に思えます。

だとすると、なぜ動いているのか?

ひとつ考えられるのは…
コマ撮りなので、撮影の隙間で誰か(職員とか)が少しずつ動かしている可能性。

ただ、まあ、映像にはお客も映っているようなので、あまりにもあからさま過ぎて、それは無いかなと思います。
(お客までぐるだったら、もう、だまされてもしかたないですね…)

とすると、やはり本当に勝手に動いているとしか思えない。

…実に面白い。

(ガリレオ先生なら、きっと簡単に答えを導き出してくれそう)

私なりに、ちょっと推理してみると…

ロケットニュースの記事では

「ゆっくりではあるが360度回転したのだ。」(引用)

と書いてますが、映像では180度しかまわっていないようです。

だとしたら、「振動説」で説明可能な気がします。

あの像、大きな足があるため、重心が前方に寄っているように見えます。

像の下部が不安定でぐらぐらし、かつ像の乗ったショーケースの板が後に少し傾斜していれば、振動で徐々に、重い前方がショーケース後ろ側に向かって回転するのも、不思議ではないかな。

映像を見ると、像は昼間の間…つまり、お客によって振動が起こる時間帯…だけしか動いていません。

その事実も、振動説を裏付けているように思えます。

まあ、あくまで仮説ですし、本当に360度まわってるとしたら、ちょっと苦しくなります。

ともあれ、超常映像では、久々に私の興味を引くものでした。

こういうのが、面白くて好きだなあ。

(2013.6.25)

|

« めんこい | トップページ | 無神論者はどこに住んでいるか »

超常現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/57665552

この記事へのトラックバック一覧です: 動くエジプト像:

« めんこい | トップページ | 無神論者はどこに住んでいるか »