« ダークサイドミステリー4 | トップページ | 24時間テレビのギャラ »

小学館の壁画

人気漫画家たちの“プロの犯行” 小学館ビルの「豪華すぎる落書き」、取り壊し前に一般公開決定」(ITmedia)

先日、たまたま東京に行く用事があったので、これはよいチャンスと、行ってみました。

(画像は拡大アリます)

Sgk01

小学館ビル。

土曜の午前中。
ちょうどよい具合の人の集まり方でしたね。 
あまり人が多くても見難かったろうし、あまり人が少ないと気恥ずかしいですし。

Sgk02

おお、これは、よくニュース記事で見た壁面!

ガラス越しですし、ちょうど窓の面に対して直角な位置の壁なので、写真写りはイマイチ。

島本和彦先生の絵が、真っ先に目に飛び込んできますね。

すみません。 私の注目ポイントが、かなり偏ってることをお断りしておきます。

Sgk03

おお! 「R」だあ! ゆうきまさみ先生ですね。

Sgk05

風の戦士ダン! これも島本先生ですね。
側面には、「ザッシュ一号」らしき犬も…。

Sgk10

見難いけど、ガラス面に「滝沢キック!」

Sgk09

おおっ! 奥の壁には「R」の鳥坂さん!

なつかしー。

Sgk07

コピーですが、成原博士!

島本先生の「風の戦士ダン」「炎の転校生」、そして、ゆうき先生の「究極超人あ~る」は、まさに青春時代の思い出という感じで、思い入れがあるんですよ…。

思い出といえば…

この小学館のビルにも、思い出あるんですよね。

昔、漫画家になりたくてですね…
学生時代、ここにマンガ原稿の持ち込みで行ったことがあるんですよ…。

見てくれたのが大島さんという編集の方。
おそらく、当時高橋留美子先生担当の「O島」さんだったんじゃないかと思うのですが。

色々、意見やアドバイスも下さったのですが、ちょっと後悔してるのが、「キミはアシスタントをやる気はないの?」と聞かれたときに、傲慢にも「無いです」と言ってしまったこと…。

まあ、だれにでも聞いている、定型の質問だとは思うのですが。
でも、もしあの時やる気あるといってたら、人生変わったかも…なんて夢想もしたり。

(もっとも、私はアシスタントが出来るほど絵が上手くないので、どのみち無い話だとは思いますが)

結局、やはり好きだったゲーム関連の方に進んでしまったのですが…
小学館ビルには、広報関連の仕事で行ったこともありましたね。

えー、話を戻して…。

Sgk08

ヤワラちゃん。(コピーですが)

Sgk13

喪黒福造! A先生ご本人ですね!
(オバQの絵は、A先生以外にも、いろんな人が描いていた)

Sgk12

現地にあった掲示によると
8/24・25には、ロビー内一般公開するらしいです。

中で見てみたかったなあ~。 (まあ、さすがに次は行けないだろうけど)

この日はその後、ボードゲームの会(JAGA)に参加して、初プレイのゲーム含めて4つも遊べました。
午前、午後とも充実した1日になりました。

(2013.8.19)

|

« ダークサイドミステリー4 | トップページ | 24時間テレビのギャラ »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/58019356

この記事へのトラックバック一覧です: 小学館の壁画:

« ダークサイドミステリー4 | トップページ | 24時間テレビのギャラ »