« 小学館の壁画 | トップページ | 群馬の素敵な食生活 »

24時間テレビのギャラ

日テレ、『24時間テレビ』メイン司会・嵐のギャラ支払い報道否定
(オリコン 8月16日)

「一部写真誌で「5000万円」のギャラが支払われていると報じられたことを受け、コメントを発表。「今年もボランティアで務めて頂いております」と全面否定した。」(引用)

え、「24時間TV」の出演者って、ギャラをもらわずにやってるんですか!?

そっちの方がビックリですわ。

私は、出演者は「主催者に雇われてやってる」と思ってたので。

「チャリティ番組で出演者がギャラをもらっている」「募金活動してる人たちが、実は賃金もらってた」という話に怒る人がいるみたいですが…

雇われている人がギャラをもらっても、収支としてプラスになって目的のお金が集まるなら、別にかまわないのではないかと。

(もし主催者がそれで儲けていたら、主旨と違うだろうと思いますが…)

仮の話で
有名芸能人を使わなかったら1億しか集まらないところを…
有名芸能人に1億払ったら、10億集まるのであれば…

後者の方が、目的の達成度という意味で、価値が高いように思います。

私は「ホンネよりタテマエを重視」したい人間なので、それでOKかなと思ってしまいます。

私も時々(24時間テレビに限らず)募金することはありますが、心の中で

「この募金で救われる子供たちが、先々ゲームをしてくれれば、巡り巡って自分の利益になるかも」

という理由を作って、募金してます。邪悪ですかね。

でも、「情けは人の為ならず」って言葉があるじゃないですか。

あれは、

「情けは人のためではなく、いずれは巡って自分に返ってくるのであるから、誰にでも親切にしておいた方が良い」

という意味ですよね。

と考えると、世間的にもそういう「タテマエの情け」は認知されている
…ということで良いんじゃないでしょうか。

(もちろん、雇われた人もボランティアとしてノーギャラでやってる方が「偉い」とは思いますけどね。)

ちなみに私は「24時間テレビ」は、ほとんど見てませんが…。

(子供の頃は「マリンエクスプレス」とか、楽しく見てましたけどね)

(2013.8.22)

-----

(追記)

厳密に言えば、TV局からのギャラは、芸能プロダクションに支払われ、そこからタレントに分配されるわけなので、どこまでの間でお金のやり取りがあるのか、という話にもなりますが…

…まあ、意味的には同じことで。

|

« 小学館の壁画 | トップページ | 群馬の素敵な食生活 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/58043373

この記事へのトラックバック一覧です: 24時間テレビのギャラ:

« 小学館の壁画 | トップページ | 群馬の素敵な食生活 »