« リンダ三世 | トップページ | 夏の虫2013 »

いくつかレビュー

[ パシフィック・リム ]

ようやく見てきました。
で、感想など(なるべくネタバレしないよう)。

個人的な総評としては、

「見る価値あり」

という感じです。

バカバカしいほど巨大なロボットと巨大怪獣が激突するハリウッド映画…

…なんて、これまでもこれからも、この作品以外には見られないでしょう。

映像はけっこうリアルにできてますし、設定や操縦法などディテールにもこだわりもあって(科学的かどうかはさておき)、色んな意味でエポックメイクな作品だと思います。

これから作られる「特撮」映画(怪獣映画)は、この作品の存在を意識せずにはいられない…のではないかと。

ロボットファン、怪獣ファン、特撮ファンを自認する方々には、見る価値アリと言えるでしょう。

しかし、それは、決して非の打ち所が無い作品だからということでなく、見て色々議論できる余地もある…という意味も含めてですが。

例えば…

ストーリーは浅いです。

あまり意表を突く展開などありませんし、ご都合主義感もあり。
各登場人物の背景描写もあっさりしていて、ちょっと感情移入しにくい。

それから、初っ端から「見せ場」の展開で、日常から非日常に転ずる趣は全然ありません。
(例えば、「ゴジラ」「宇宙戦争」「インディペンデンス・デイ」の冒頭のような)

ただ、これらも「怪獣映画」として余計なシーンをそぎ落とし、見せ場シーンのみを圧縮した結果とも思えますが。

まあ、良い意味で「子供っぽい」作りだな~と思いました(笑)。

あと、ロボット・怪獣をあまり落ち着いて見せてくれないのが不満。

登場シーンは多いんですが、暗い夜のシーンが多いし、戦闘中はカットの切り替えが多く、何が何やらわかりにくいです。
映像クオリティは良いんだから、もっと落ち着いて見せてくれても良いのに、と。

ビル越しに見える巨大怪獣の絵柄はかっこよかったですけどね。

あと、怪獣デザインが、みんなちょっと似たり寄ったりな感じだったかな。物語的な制約は無いので、もっと千差万別にできたんじゃないかと。それに、グロテスク度が高めで、日本の怪獣のような愛嬌が無いですね。

都合で、日本語版吹き替えを見たのですが、本職声優の方がほとんどだったので、演技は安心して聞けました。
ただ、よく知ったような方ばっかりで…シュワルツェネッガーやアムロやシャアの顔がちらついて、その意味では多少具合悪かった(笑)。ケンコバさんとかもね。

思ったより話題になって無い感じですかね? 
好きな人は好きだろーって作品なのに。予告編での期待度が高すぎたのかな。

もしかすると、そろそろ終わってしまうかもしれないので(来週はまだ大丈夫かな)、まだ未見で、見たい方は、お急ぎを。

-----

[ まんがサイエンス14 ]

たまたま最近、最新号が出てるのを本屋で見て、購入。

ずっと買い続けているわけではないですが、好きで、特に初期の頃はよく買ってました。

あさりよしとお先生の絵が良いんですよね。
(厳密には、最初の頃の絵が好きだったけど。微妙な差ですけど)

内容も、ためになって良いですよね。 

今回のメインは、放射線について。 普通の大人でも、ここまでの知識はなかなか無いんじゃないかという領域まで。アルファ線、ベータ線、ガンマ線の違いとか、どれだけ知られてますかね?
放射線を恐れるにせよ、軽視するにせよ、これくらいの知識があった方が良いと思います。基礎知識として、この本を読むのも良いかもしれません。

元々は小学生向けマンガでしたが、最近は大人向けの科学雑誌の掲載みたいですね。どうも、内容が高度だと思った。

放射線もそうですが、ヒッグス粒子だとか、クォークのアップとダウンとか…さすがに子供には難しすぎるか…。

自分が子供の頃、「コロスケの科学質問箱」という学研の科学マンガが好きで、暗記するほどよく読んでましたが(半減期なんて言葉もそこで知ったな)、もう少し噛み砕いた内容だった気がしますね。

まんがサイエンスで気になるのは、登場キャラの性格設定かな…。
絵はみんな可愛らしくて良いんだけど、メインキャスト4人の個性が微妙に被ってる。

あやめちゃんが一番キャラが立ってるけど、あさりちゃんもそんなに大差ないし、男子キャラについては、両方ともまじめな説明役という感じで役割が似ているという…。

普通は、ちゃっかり屋の女子がいたら、もうひとりはおしとやかだったり、説明役のガリベン君がいたら、もうひとりはバカっぽいスポーツ少年だったり…みたいな方が個性出しやすいと思うんですが。

まあ、最初はあさりちゃんとよしおくんで始まって、途中であやめちゃんとよしおくんの時期があったりと、歴史的経緯があってこうなってるようなんですが…。
ちょっともったいない気も。

ファンであるが故の、マニアックなツッコミでした…。

(2013.8.31)

|

« リンダ三世 | トップページ | 夏の虫2013 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/58095722

この記事へのトラックバック一覧です: いくつかレビュー:

« リンダ三世 | トップページ | 夏の虫2013 »