« 神隠し | トップページ | 中之条ビエンナーレ2013(おまけ) »

中之条ビエンナーレ2013 その2

最近のページ別アクセス数(今さら、見方を知った…)を見ると、中之条ビエンナーレの記事にアクセスが多いようで。

ローカルなアート展ながら、興味のある人もけっこういるということかな。
よかったですねー。

広域にわたるので、とても1,2日では見切れません。
先日、残りのエリアに行ってきました。

(会期は9/13~10/14までなので、まだ期間あります)

今回は、中之条中心部から西へ。沢渡、暮坂、六合エリア。
(かなり広い地域に点々と展示があります。車でないと回るのは難しいですね)

また個人的に面白かったものを、ほんの一部ピックアップ。

まず「沢渡エリア」から。

Nakabi13_09

「あちらのこちら、こちらのあちら」。丸伊製材会場。

何かが時計をじっと見つめている…。

Nakabi13_10

「遡及空間」。蛇野会場。

この景色全体が、美しい!

前回もこの会場が使われていましたが、また全然違う感じに。
(一部、前回の作品の名残がありましたけどね)

この辺でお昼時になったので、暮坂会場までの間にあった蕎麦屋で食事。

Nakabi_soba01

「そば処 くれさか」
十割そば。冷たい汁と温かい汁がついている。

Nakabi_soba02

季節のてんぷら。

そばも、てんぷらも、大変美味しかったです!
この近くに来たら、ぜひ…とオススメしときます。

「暮坂エリア」へ。

Nakabi13_11

「天と地の間にて我思ふ」。花楽の里会場。

ナスカの地上絵の如き、謎の文様が。

Nakabi13_12

接近するとこんな感じ。青空とイイ感じ。

Nakabi13_13

「それでも僕等は呼吸し続ける」。十二みます会場。

ボートが池に、横倒しで浮かんでいる。

ところで、十二みますって何だ?

次は「六合エリア」。

Nakabi13_14

旧太子(おおし)駅。

1971年に廃線になった駅の跡。遺跡のよう。

前回も会場になってたけど、新しい駅名表示板とか出来ていて、前より整備されているような。

Nakabi13_16

ここの作品。「ゆめくり」。

Nakabi13_15

小さい人が、あちこちにいます。(この画面には2体います…)

しかし、この作品、先日の台風の時はどうだったんだろう…。

この「ゆめくり」は、ここの他にも、六合エリアのあちこちに出没します。

Nakabi13_17

六合エリア、赤岩集落。赤岩公民館会場。養蚕の資料館になってます。

「つなぐ手を合わせても」。中之条ビエンナーレ常連で、人気の高い作家(大石麻央さん)の作品。私も好き。

番号順に回っていると、この会場が大トリになります。さすが人気作家(?)。

Nakabi13_18

カイコの人だ…。

Nakabi13_19

羊の人と、豚の人が、働いている。

なんか、以前より毒気が抜けて、かわいくなってる気が。
いや、それで良いですけど。

Nakabi13_21

鶏の人と、アヒルの人。なんか楽しそうだな。

Nakabi13_20

ここには、太子にもあった「ゆめくり」もこっそり。
人形作品コラボ、いいですね。

これで全会場を周ったことになり、スタンプラリーもコンプリートしました。(実は37会場すべて回らなくても、31でコンプ扱いになりますが…目的はコンプ達成でなく作品を見ることだからね。)

中之条ビエンナーレオリジナルグッズ(メモ帳やお菓子など、けっこう豪華)をもらえました。

あーしかし、ビエンナーレ見終わっちゃって、寂しいなあ。

世間では「あまロス」とか言ってるみたいだけど、私は「アートロス」ですわ…。

実は、今年も「わたらせアートプロジェクト」があると思ってたんだけど、HPを見たらなんかよく分からない状態になっていて…今年はやらないのかな。
前身(?)の「桐生再演」も、いつの間にか消滅してしまって…なんか、そういうの、いかんよね。
いや、運営も大変だとは思うんだけど。

その意味でも、中之条ビエンナーレは、いまだに活気があって(お客も結構来てるみたいだし)、偉いし貴重です。

有料化も納得なので、ぜひ末永く続けて欲しいものです。

(2013.10.3)

|

« 神隠し | トップページ | 中之条ビエンナーレ2013(おまけ) »

文化・芸術」カテゴリの記事

群馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/58309396

この記事へのトラックバック一覧です: 中之条ビエンナーレ2013 その2:

« 神隠し | トップページ | 中之条ビエンナーレ2013(おまけ) »