« 地震予知と 謎解き超科学 | トップページ | 地震は予知されたか »

ESTA

今週半ばから、1週間ほど海外へ出かけてきます…

その間は、自動更新のネタなど仕込んでおこうと思ってるんですが…
(休止したって誰も気にしないだろうが…意地ですねこれは)

連絡は付かず、コメントなど反応も出来ませんが、よろしくお願いします。
(業務連絡)

-----

今回、(目的地ではないものの)アメリカの空港で乗継があるのですが…

アメリカに入国するに際しては、「ESTA」という手続きが必要だとのこと。

ESTA(エスタ・Electronic System for Travel Authorization電子渡航認証システム)
公式サイト

「2010年9月8日より、全てのビザ免除プログラム参加国(VWP)の渡航者は、旅行促進法により定められた14ドルのESTA料金を支払わなければなりません。」

「このオンラインシステムは、ビザ免除プログラムの一部で(中略)米国行きの航空機や船に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けなければなりません。」

昔は無かったシステムですね…。

なぜ「最も親しい国」アメリカで、こんな手続きが必要なのか。
昔よりセキュリティが厳しくなったということか。

手続きにはインターネット接続ができる環境と、支払いのためのクレジットカードが必要です。

おじいちゃんとか学生とか、ちょっとハードル高そう。

それに、ESTAサイトに偽装した詐欺サイトもあるらしいので注意も必要だし。

旅行会社などによる代行サービスもあるようですが…これがけっこう高い。

なんか、面倒なシステムですな。

実際の手続きは… 今後の自分の備忘を兼ねてメモ

1.ESTA公式申請サイト

サイトトップは英語ですが、上の言語選択メニューで日本語も選べる。

2.申請書に入力

名前や国籍、メールアドレス、病歴・犯罪歴の有無など、申請者の情報を記入。
パスポート番号を入力する必要もある。
書けたら、送信。

3.申請番号の記録

申請番号が発行されるので、それを印刷するか、書き留める。

同行者がいた場合、続けて同様の入力を行えます。

4.ESTA費用の支払い

クレジットカードで、料金を支払う。

同行者で入力していると、まとめて支払えます。

ここまでで、手続きは完了なんですが…

あとは審査があり、その結果待ちとなります。

「72時間以内に結果が出ます」とあったので、待っていたのですが…
一向にメールなどの連絡が来ない。

実は、向こうからは特に結果の連絡は無いようです。
(メールアドレスまで入力させといて、連絡なしかよ)

先のサイトに再度アクセスし、

以前提出した1人または複数人のための米国への渡航認証を検索

メニューから、自分で見に行き確認する必要があるのでした…不親切。

この申請内容はその後、空港で必要になったりはしないようですが…
一応念のため、印刷して持って行くことにしました。

ちなみに、ESTAには2年間の期限があるので、あまり早く申請しすぎるともったいない…かも。(かといって、遅すぎて間に合わないことがあるとマズイですが)。

-----

ところで、こういう申請にありがちな質問シートですが…

A) 伝染病にかかっていますか? 身体的または精神的障害を患っていますか? 麻薬常習者または麻薬中毒者ですか?

C) これまでに、あるいは現在、スパイ行為、破壊活動、テロリスト活動、もしくは集団殺戮に関係したことがありますか、あるいはしていますか?1933年から1945年の間に何らかの形でドイツ・ナチス政府やその同盟諸国に関連して迫害行為に関係していましたか?

これに、ハイと答える人はいるんだろうか…。

(2013.10.27)

|

« 地震予知と 謎解き超科学 | トップページ | 地震は予知されたか »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/58460401

この記事へのトラックバック一覧です: ESTA:

« 地震予知と 謎解き超科学 | トップページ | 地震は予知されたか »