« イモコレ | トップページ | 機内食と機上のゲーム2013 »

国定忠治の墓

ただいま不在にしております。

自動更新中。

-----

国定忠治というのは、群馬県民なら誰でも知っている、歴史上の人物。

「赤城の山も今宵限り…」という名フレーズは、なぜかみんな知っています。

さすがに「偉人」ではないせいか、上毛カルタには出てきませんが。

「侠客」だそうです。侠客って、ヤクザや博打うちみたいなものだと思ってましたが、Wikipedia的には…

強きを挫き、弱きを助ける事を旨とした「任侠を建前とした渡世人」の総称

だそうです。少なくとも、単なる悪人ではないようだ。
(正直、国定忠治がどんな人か、良く知らんのだけど…)

群馬には各地に国定忠治ゆかりの地がありますが…

先日、初めてその真打、「国定忠治の墓」に行きました。

Chuji01

「養生寺」 群馬県伊勢崎市国定町。

Chuji02

墓地に、何かいわれの書かれた石碑がある。

…「長岡家」?

国定忠治、本名は長岡忠次郎というんだそうです。(国定は出身地)
初めて知りました。

ここは、その長岡家の墓地なんですね。

忠次郎の家は名主だったとのこと。
金持ちの家の出なのね。
しかし、兄の忠次郎が家を継がなかったので、家は弟が継いだとか。

で、忠次郎は、その任侠心で世を助け一途を全うした…のだそうだ
(なんか、もやっとした書き方…さすがに墓碑に渡世人になったとは書けないか)。

忠治の墓は、この碑からちょっと歩いた場所。

Chuji03

大きな碑が建っている。

その近くには…

Chuji04

これが、忠治の墓。

Chuji05

フェンスがめぐらされていますが、

墓石を削って身に着けると、賭けごとに強くなる

という伝説があるためらしい。
(実際、削られているっぽい部分がある)

寺の境内には、国定忠治の遺品館(有料)というのもあるらしいです。

(今回は行きませんでしたが)

(2013.11.6)

|

« イモコレ | トップページ | 機内食と機上のゲーム2013 »

旅行・地域」カテゴリの記事

群馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/58462425

この記事へのトラックバック一覧です: 国定忠治の墓:

» ケノーベルからリンクのご案内(2013/11/07 08:52) [ケノーベル エージェント]
伊勢崎市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2013年11月 7日 (木) 08時52分

« イモコレ | トップページ | 機内食と機上のゲーム2013 »