« メキシコ 適当旅行・1 | トップページ | メキシコ 適当旅行・3 »

メキシコ 適当旅行・2

メキシコ 続きです。

区切りが付くまで、ちょっと続けるかもしれません。

ちょっと長いです…。

-----

2日目。

着いて翌日ですが…この日はいきなりオプションツアー。

丸一日かけてソカロ広場~テオティワカン~人類博物館をめぐる。
なかなかハード。

しかも、昨日から少し頭痛がしている。
もしかすると、「高山病」なのかもしれない。
メキシコシティは標高2000m以上の場所にあるため、高山病にやられる人がいる…という話は聞いてましたが…それかも…。

朝食を採り…
(毎度思うが、ホテルの朝食ビュッフェはどこも良いなあ。特にメキシコはフルーツ、乳製品が充実していていい。)

9:00。ホテルから、ツアーのマイクロで出発。

今回のツアー、参加者は我々2人だけでした。
良かったような、寂しいような…。

9:20。ソカロ広場

広場では、翌日からの「死者の日」のイベントのために、テントが建ち、飾り付けが始まってました。

さらに、ここで市庁舎やカテドラルを見たりもしたのですが…後日また来るので、ここでは省き、後程まとめて。

10:30。シティを後にし、テオティワカンへ向かいます。

道中はほとんど高速道路で、快適でした。
(カミサンは、車酔いを心配していたが…そんな必要はなかった)

Mex02_02

車窓からは、↑こんな様子がしばしば見えます。
これは、シティを中心に広がりつつあるという、住居群。
みんなシティ周辺に集まってきて、どんどん増殖しているらしい。
ちなみに、ここ標高2000mなわけだから、山の上は3000mくらいあるかもしれません。

11:10。目的地に到着。

[ テオティワカン ]

Mex02_03

駐車場付近。こんな感じ。サボテンが生えている。
あ、向こうにはピラミッドがわずかに見える!

Mex02_04

遺跡入り口。 ちょっと公園っぽい。
まあ、決して未開のジャングルの奥にひっそり隠された場所…なんかではないのね。
有名な観光地なんだから、あたりまえなんだけど。

しかし、全然人がいない…。
時間が早いからか? (そんなに早くも無いんだが)
テオティワカンは、そんなにメジャーでもないのかな。

ここでちょっとトイレに寄ったのですが…
そういえば、メキシコの公衆トイレは、トイレの中に紙を流せないタイプ。
脇のバケツに入れないといけない。
東南アジアとかとかにもよくあるタイプだが、どうも苦手。

Mex02_06

入り口から少し歩くと、遺跡らしい場所が出現。
おおぅ、すげえ!
…と思ったら、「ここらの、石に模様の付いた部分は、全部復元だよ」

そ、そうなのか…。

Mex02_07

ジャガーの宮殿前。

Mex02_08_2
(拡大アリ)

ジャガーの壁画。ほら貝を吹いていて、そこから水が湧き出している。
神話の一部らしい。

Mex02_09

羽毛の生えた巻貝のレリーフ。

「ケツァルパパロトルの宮殿」

Mex02_11w
(拡大アリ)

Mex02_12

ケツァール(鳥)のレリーフ。

Mex02_13

ガイドの方は、これが「パパロトル(蝶)」だというようなことを言っていたが、解説を見るとどうもそうではなく、これもケツァール(の正面図)のようだ。
蝶のような鳥、という意味らしい。

「月のピラミッド」

Mex02_16w
(拡大アリ)

おお! これぞメキシコの遺跡って感じ!

テオティワカンは紀元前後から600年ころまで栄えた文明だそうだ。
メキシコの遺跡の中では古い方か。

Mex02_17

登ることができます。

Mex02_18w

月のピラミッド上からの眺め。まっすぐに続く、「死者の道」と、向こうに「太陽のピラミッド」。

ここからさらに進むとはるか遠くに「ケツァルコアトルの神殿」があるらしいのですが、修復中(そういうの、良くある…)で見られなかった。
まあ、そうでなくても、時間的に難しかったかもしれないが。

ピラミッドを降り、死者の道を通って、太陽のピラミッドへ。

Mex02_19

死者の道沿いにある、ジャガーの絵。

道の脇には、物売りの人たちが商品を並べていたりする。

「ホトンド タダ~」とか、日本語で話しかけてくる人も。

なんか、商品の中に、「水晶どくろ」が売られているのも見た(笑)。
まあ、古いものじゃないと思うが。

「太陽のピラミッド」

Mex02_20w

こちらの方が大きい。メキシコ盆地では最大のピラミッド。

これこれ、これが見たかったんだよ。おお、感動!

やはり、こちらも登れます。

長い階段をどんどん登っていく…(けっこう疲れます。高地で空気が薄いせいもあるかも)

Mex02_21

ピラミッドの表面。突起は、かつての外壁の落下を防御するものだそう。

頂上まで登ってみると…。

Mex02_27

なんか、現地か欧米の観光客らしき人たちが、天と地面を指差している(そして、その様子を写真で撮っている)。

なんだ?

Mex02_22

指差していたところには、小さな金属片が埋まっている。

これ、ピラミッドの中心点を示すものらしい。(当然、後年置かれたものだろう)。

これを指差してポーズを取ると、良いことがある…という感じのパワースポット的なものなのだろうか(推測)。どこの人も、こういうの好きなんだねえ。

Mex02_23

ピラミッドの超常では、きれいな蝶が何頭も舞っていて、より神秘的な雰囲気。
(死者の日絡みか)花びらが撒いてあったので、それに惹かれてきたんだろう、多分。

Mex02_26w
(拡大アリ)

太陽のピラミッドから、月のピラミッドを見下ろす。
ミニチュア写真で撮ってみました。

月や太陽のピラミッドのほかにも、いくつも小さなピラミッドのようなものがあって、中にはまだ埋もれているようなものもある。

味気ない話だが、月や太陽のピラミッドも、当時のままではなく、かなり修復されているんですよね。

Mex02_28w
(拡大アリ)

太陽のピラミッドを後に。

帰る途中、物売りの人が「アステカカレンダー」のペンダントを売りに来た。
実は、こういうの欲しかったんですよね。

「オールシルバー!」とか言うので、嘘付け…と思いながら、「ハウマッチ」と聞くと
「500ペソ(5000円弱)」。大きく出たね。
しかし、さすがにそれは買えんわ…

で、いらないと言って、歩いていくと、

「じゃあ、小さいほう、250ペソ、ホトンドタダ~!」
いやいや、いらない・・・と言っていると、どんどん値下げしてくる。

「150!」…いやいや。

「100!」……「買った!」

ということで100ペソで購入。 

Medal01

オモテ。

Medal02_2

ウラ。

オールシルバー(笑)で1000円弱か、良い買い物だ!
…と、その時は思ったが、後から考えると、やっぱボられてる?

12:30。テオティワカンを後にし、ツアーについていた昼食へ。

13:00。 レストラン着。

Mex02_29

ケツァルコアトルの派手な像が庭にある、ビュッフェレストラン。

Mex02_30

ケサディージャ…なんだけど、黒いとうもろこしのトルティーヤが珍しい。

メキシコ料理らしい食事がやっとできた。
…けど、見た目のせいか、ちょっと炭っぽい味に思えたな。

Mex02_32_2

緑のは、サボテンの実。これもめずらしい。

Mex02_33

マリアッチ楽団の演奏サービスもありました。
いいねえ。

「ラ クカラチャ」とか、よく知ってる曲も。
…でも、ガイドさんの話で、「ラ クカラチャ」って、ゴキブリのことなんだって…(=ザ コックローチ)。
レストランで…。

これもガイドさんに聞いたのだが、メキシコのビュッフェでは、あまり口に合わなかったものはどんどん残してよいのだそうです(ウェイターが下げてくれる)。

それは、メキシコが自給率が高く、食料が豊富だかららしい。日本とは違うね。

14:30。昼食は終わり、シティへの岐路へ…

しかし、朝からの頭痛(高山病?)がまだ…

(続く…)

(2014.1.25)
 

|

« メキシコ 適当旅行・1 | トップページ | メキシコ 適当旅行・3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/58997834

この記事へのトラックバック一覧です: メキシコ 適当旅行・2:

« メキシコ 適当旅行・1 | トップページ | メキシコ 適当旅行・3 »