« ろんどべる | トップページ | 大雪と、よもやま »

MMU

Mmu_screen01_2

「MMU」をプレイ

「MMU」(画面小)をプレイ  

 

[ ストーリー ]

宇宙ステーションISSへ向かっていた観光シャトルが、漂流していた衛星残骸に衝突。

乗客が船外に投げ出されてしまった。

ISSクルーであるあなたは、「有人機動ユニット=MMU」を装着し、遭難者救出に向かう。

しかし、そこには多くのデブリと…燃料の消耗という危険が待っていた。

[ ルール ]

< 画面説明 >

  • SCORE :得点
  • TOP :最高得点
  • 画面右上   :レーダー。遭難者の位置を表示。
              プレイヤーの向きも矢印で表示されます。
  • 画面左上   :コンパス。プレイヤーの向く方角を示す。
  • パネル左下  :救出中の乗客数。
  • パネル右下  :燃料計。空になるとゲームオーバー。

< ゲームルール >

  • 宇宙空間に漂っている宇宙服の乗客たちを救出してください。
    接触すると、救出中となります。最大5人同時に救出できます。
    救出中の人数は、左下に表示されます。
  • 救出中にISS(基地)に戻ると、救出完了となり、人数に応じて得点と追加燃料が得られます。
  • 燃料は時間と共にわずかに減少します。スラスターを噴射するとより燃料を消費します。
  • デブリに当たると、燃料が急速に減少します。
  • 活動可能領域(赤いランプの列)に接触すると、反射されて燃料が減少します。
  • 時間経過とともに、デブリの嵐が発生するなど、危険が増します。

[ 操作方法 ]

プレイヤーキャラを中心に、マウスカーソルのある位置によって
以下のアイコンが表示され、対応したスラスターを噴射します。

  • 画面下方(▲▲) :後部全噴射 = 前進 
  • 画面上方(▼▼) :前部全噴射 = 後退
  • 画面右側(▲) :右噴射 = 左に回転
  • 画面左側(▲) :左噴射 = 右に回転

※ 慣性が付くため、思うように移動するのは難しいです!

[ 備考 ]

久々のFlashゲームです。

去年末に、「ゼロ・グラビティ」を見て、世間の例にもれず感銘を受けてしまい…。
(まあ、物語にというより、映像に…ですけど)

「宇宙、怖ぇ~。」と思ったわけですよ。

何が怖いって、やはり「慣性」。
一度動き出したら、止まらないという、宇宙ならではの、あの体験。

で、その「宇宙の慣性を味わうゲーム」を作ってみたくなったのでした。
そう。ただそれだけ……。

いや…ケサラン以来、こちらの新作もしばらくなかったので、突貫でも何か作っておきたいというのもあって。

劇中でも大活躍したMMU(Manned Maneuvering Unit)をモチーフにしたゲームです。

…予想通り、まあ難しいこと!

確かに、宇宙怖い(慣性怖い)って感じになれますよ(笑)。

ついでに、ぐるぐる目が回って「宇宙酔い」できます(苦笑)。

(いや、実際のMMUは、もう少し操縦しやすいと思いますけど…)

ゲーム性としては、なんのヒネリもないシンプルさです…。

「ベーマガ」でこんなゲーム、あったかもしれませんね。

でも、「はるみちゃん」のゲームを見直して、こういうのも良いなあと思ったんですよ。

シンプルゆえに、あまり悩まずに作れたのも良かった。
結局1か月ほどかかってしまいましたが(作業平均1日1時間程度ですし)、最近の製作期間としては短い方です。
ゼログラビティ、まだ上映してるところもあるようだし、間にあったかな。

今回は、Googleplayにアップする予定はありません。
それほどのネタではないし、面倒だし。

さて、これで一区切り付いたので、次のGoogleplay用のゲームも作りたいな。
(ネタは、ある)

もっとも、今の「けさらん」を超えるDL数は、なかなか難しそうですが…。
(2月頭時点で20000DL超えました。)

いや、それより、そろそろマネタイズの算段を考えた方が良いのかも…。

(2014.2.5)

|

« ろんどべる | トップページ | 大雪と、よもやま »

Flash」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/59072937

この記事へのトラックバック一覧です: MMU:

« ろんどべる | トップページ | 大雪と、よもやま »