« カップルポン[限定版] | トップページ | レイク・ウォビゴン効果 »

2./22と確定申告

PS4が発売になりましたね。

いちおう、コンシューマゲームに関わっている身として、当然その動向は気になります。

既に世界的には好調のようですが、日本ではどうなるでしょうね。

-----

PS4発売の話題を書いておきながら、今更、Steamのゲームを始めたりしてます。

ハイクオリティのPCゲームが、\1000とかでDLできたりするんですよ…
スマホゲームのみならず、こんなものまで出現して、コンシューマゲーム機にはますますキビシイ時代になってきたものです。

Steamでは、「Magic 2014 - Duels of the Planeswalkers」(マジックザギャザリングのPCゲーム版。コンピュータと戦えたりする)を、前々から遊んでみたいと思っていました。

値段も$9強と、お安い! まあ、追加でカードセットを買ったりもできますが、基本セットだけでも結構遊べます。

Magic2014は、なかなか良くできていて楽しんでいるのですが…Steamに関して言うと、ちょっとクレームしたいことがありました。

私、現在Macがメインマシンで、BootCampでWindowsを使っています。
Mac側を良く使うのと、HDDの割り当てが多いので、そちらでSteamゲームを遊びたいと思いました。

SteamはMacOSでもインストールできます。
インストール終了で、そのままMagic2014も購入(クレカで支払い)。
いよいよ、MagicをDLしようとしたところ…

「このプラットフォームには対応していません」

え!? そうなの!??

よくよく見たら、Windowsにしか対応していないと書いてある…。
ガーン…。

しかたないので、結局、BootCampのWindowsの方にインストールしなおし(支払いはしてあるので、プラットフォームを変えても遊べるようだ)、プレイはできるようになりました。

しかし…一応Windowsも動く環境があったから良かったものの、Macしか持ってなかったら払い損ということになったかもしれない。

ちょっと不親切だよなあ。支払いの前に、わかりやすい警告をして欲しかった。
私みたいなうっかり者だっているんだから…。

こういう所が、オンラインショップの怖いところですね。

家電量販店なんかでゲームを買うときには、「これは、3DS用のゲームですが、よろしいですか?」と、いちいち聞いてくれる。大変ありがたい。

買ったものが、うまく動かなかったり、環境に合わなかったりしたときも、相談に乗ってくれたり、交換してくれたりするもんね。

オンラインに押され気味のリアルショップですが、私みたいな人間にとっては、まだまだ存在していてもらわないと困る存在です…。

-----

2月22日は、「ネコの日」でもあったんですね。

ということで、最近また行ってみた群馬の「ネコカフェ」にて。

Catday02

Catday01

Catday03

Catday04

Catday05

肉球…触らせてくれました(笑)。

-----

…という記事を2/22にアップしようと思ったら、2/23になってしまいました…。

確定申告の準備に手間取ってしまい…。

減価償却の終わった固定資産も、使い続ける限り備忘価格1円として帳簿に残り続けるんだそうだ。
で、売却した場合は、収入として計上しなければならない。

そうだったのか。へぇ~。

(2014.2.23)

 

|

« カップルポン[限定版] | トップページ | レイク・ウォビゴン効果 »

ゲーム」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/59181056

この記事へのトラックバック一覧です: 2./22と確定申告:

« カップルポン[限定版] | トップページ | レイク・ウォビゴン効果 »