« 九州旅行・2 | トップページ | 鼻血とタオル »

九州旅行・3

九州旅行話、最後です。

この日の予定は別府で有名な「地獄めぐり」。

しかし、朝から雨がガッツリ降ってしまいました。気温も低く、寒い…。

湯煙の立つような温泉地だからなのか、この周辺、異様なほど霧がかかって視界も悪くなってました。サイレントヒル状態。

…という、コンディションの悪い状況でしたが…

せっかくなので「8地獄共通券」(2100円)を買って、8箇所巡ることにしました。

行った地獄を、淡々と列挙していきます。

[ 海地獄 ]

Jigoku01

各地獄には、料金所ゲートがあります。
好きな地獄(笑)だけ個別料金で入場することもできます。

Jigoku04

海地獄。
本来、真っ青な温泉が見えるはずなんだけど…白い湯気で視界の悪いこと。
うーむ、残念。

(あ、温泉と言っても、人が浸かることはできませんけどね、当然)

[ 山地獄 ]

Jigoku07

蒸気があちこちから噴出している。
風があると上のようになんとか見えますが、風が止まると周囲は真っ白になって1m先も見えなくなってしまいました。

Jigoku08

山地獄園内には、カバが飼われてました。
温泉の湯で、暖かくしてるんですね。エサをあげられます。

[ 坊主地獄 ]

Jigoku09

何が坊主かというと…

Jigoku10

ぼこぼこ出てくる泥の泡が、坊主の頭みたいに見える…ということらしい。

Jigoku11

次々と泡が湧き出す様は、たしかに地獄っぽいな。

[ 鬼山地獄 ]

Jigoku12

Jigoku13

鬼山地獄の温泉。ゴーッと湯煙が噴出している。(何も見えん)

ここの売りは、温泉自体というより…

Jigoku14

ワニがたくさん飼われてます。鬼というより、むしろワニ地獄。

これも、温泉で暖かくして飼ってるんですね。
けっこうでかいヤツもいました。

[ 白池地獄 ]

Jigoku19

白っぽい湯の広い温泉が特徴らしいが…
ちょっと青く見えるんで、海地獄と被ってるんじゃないか…とも思いつつ。

Jigoku20

海地獄よりは、白っぽいかな。

ここも、別の売りがあります。
温泉の熱を利用した熱帯魚館。

Jigoku15

ピラニアとか、アロワナとか、ピラルクとか…まあ、今となってはメジャーな熱帯魚が飼われているんだが、開園当時としては珍しかったんでしょうなあ。

説明板などに、その片鱗がうかがえて、ちょっと微笑ましい。

Jigoku16

「人間などは5分でかみ殺す」

仮面ライダーカードの、怪人の説明ですか。5分という数字に、どんな根拠があるんだ?
ピラニアも、実際には普段は結構臆病で、めったに人間を襲ったりしないらしいと聞きますが。

Jigoku17

アマゾンの大王魚、ピラルク。
確かに、淡水魚最大の巨大な魚ではある。けど…

Jigoku18

煽りすぎだろ(笑)。
でも、当時は珍しかったんだろうなあ。

[ かまど地獄 ]

Jigoku22

いろんなタイプの温泉が見られます。それぞれの規模は小さいけど。

Jigoku23

ここは、青っぽいタイプの温泉。

他にも、赤っぽいのや、泥っぽいのや、蒸気がでるのなど、8地獄の縮小版みたいな感じでした。

Jigoku24

それから、ここでは温泉卵が食べられるんですね。
あと、足湯にも入れる。

ここまでで散々雨に降られて、靴の中まで浸水する事態に。
気温も低く、寒いこと。こんな苦行に遭わされたのは、久々ですよ。(上着を着ずに登ってしまった谷川岳以来か)
気力は削がれるし、風邪もひきそうになるし、まさにリアル地獄体験でした。

でも、ここで温泉卵を食べ、足湯に入れて、少し回復しました。

[ 竜巻地獄 ]

Jigoku26

一定時間置きに、間欠泉が 噴きだす地獄。
行ったとき、ちょうど噴出中でした。

Jigoku25

噴き出す間欠泉。

「もうそろそろ終わっちゃうよー」と係のオバちゃんに言われて入ったとおり、数分後に終了。次はまた30分後とのこと。
ん? 間欠泉て、そんなにきっかりに出たり止まったりするものなの?
…まあ、深く突っ込むのはやめておこう。

[ 血の池地獄 ]

Jigoku29

たまたま、廻った順的に最後になりましたが、
ここは8地獄の中でも、一番有名なものじゃないですかね。

うう、ここも湯気で真っ白で、肝心の湯が見にくい…。

Jigoku28

近づいてみると…たしかに、赤い湯ですね。

最後ということもあり、売店を物色して、血の池地獄入浴剤を買ったりしました。

家で実際に使ってみたら、けっこうそれらしい不気味な赤色の湯になりました…。
(製造元は、ここではないようだが…)

これで8地獄コンプリート。
濡れるわ寒いわで散々でしたが、まあ面白かったですね。

別府の地獄は、この8箇所以外にもあるみたいですが…
潰れてしまった地獄なんかもありましたね…。

地獄も、かっちりした個性や特長を打ち出さないと、厳しいということかな。
その意味では、この8地獄はそれぞれ独特の個性を持っていて、さすがという感じでしたね。

-----

この後、大きな物産センターに寄って、みやげを物色したり、ちょっと遅い昼食を食べたりしました。

Jigoku30

ふたたび鳥天。
前日食べたものとは、若干雰囲気違う。こっちの方が美味しかったかな。

Jigoku31

そういえば、大分は「軍師・黒田官兵衛」ゆかりの地だったんでしたね。
大河見てるんですが、そのうちそんな話も出てくるのかな。

といった感じで、九州旅行話は、終わりです。

お疲れ様でした。

(2014.4.29)

|

« 九州旅行・2 | トップページ | 鼻血とタオル »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/59549009

この記事へのトラックバック一覧です: 九州旅行・3:

« 九州旅行・2 | トップページ | 鼻血とタオル »