« 旧スマホの解約 | トップページ | 九州旅行・2 »

九州旅行・1

GWに先んじて、九州旅行に行ってきました。
GWは、旅行代が高くなるからね。
その代わり、GWには仕事の埋め合わせしないとな。

行き先は、熊本~大分。

熊本は日本で唯一、今まで通過したことすらない県なのでした(たしか)。

ついでに、3DSの「すれちがいMii広場」で、唯一「鹿児島」が埋まっていないので、すれ違えればうれしいなという期待もあり。(だったら鹿児島に行けという話もありますが)

羽田から熊本空港へ。「ソラシドエア」ってのを初めて使いました。

熊本初上陸。
空港からレンタカーで、まずは阿蘇山へ。

[ 阿蘇山 ]

Aso00

阿蘇山のルートって、ゲーム「街道バトル」シリーズの「KAIDO-峠の伝説-」で、レースコースとして収録されてましたね。一度走ってみたかった。
けど、ゲームでは雪景色だったので…あまりよくわからんかった。

この季節では、景色がまだ緑じゃないのね。ちょっと残念。

Aso01

「米塚」
きれいな形をした、小山というか丘。天然記念物だそうです。

Aso02

草千里ヶ浜。

うう…ここもまだ緑じゃなかった。

草千里には、あちこちに馬だか牛の糞が落ちていてちょっと危険(笑)。
でも、夏に来たら、糞食の甲虫(ダイコクコガネ)とか、見られたかもなあ。
それも惜しかった。

Aso06

馬肉は、熊本名物なんですね。あちこちでイチオシしていた。

Aso05

馬ステーキを食べてみました。(はじめてかも)

美味い! 臭みは全然無いんですね。
若干硬い部分もあったけど、適度な脂身もあり、美味しかった。

Aso03

Aso04

そして、やっぱり「くまモン」ですよねー。

熊本では行く先々どこでも、くまモングッズは売られてましたね。
(というか、大分でもかなり売られていた。もはや九州全体のキャラになっている?)

阿蘇の火口へ。

有毒ガスが流れているので、喘息や気管支に病気のある方は、常時登山禁止だそうだ。
せき喘息」持ちはどうなんだ? …行っちゃいましたけど。

Aso07

噴火のときに非難するための避難壕。 トーチカですな。

この荒涼とした風景とマッチして、なんか、SFの世界のよう。

Aso08

火口。おお、煙が! 

そして、臭い。硫化水素のニオイか?

Aso09

火口アップ。絶えず煙を噴出してます。かなりの迫力。これはすごい。

わが群馬の浅間山もしょっちゅう煙を吹いているが、こういう風には見られないですね。

阿蘇山といえば、「ラドン」の故郷ですが…

Aso10w
(拡大アリ)

これは…ラドンの卵!!

砂千里ヶ浜で発見。直系1m以上の、おそらく火山弾でしょう。

砂漠のような景色の中に、ポツンと卵のような石が。
なんか、マグリットの絵を髣髴とさせる。シュールだ。

Aso105

私が面白がって写真を取ってたら、後から来た外国観光客の人たちも写真を取り始めてしまった…。
これ、そんなに注目物件じゃないと思いますが…。

阿蘇の山を降り、次は熊本市へ。

Aso11

途中の、道の駅みたいなところで、昼食代わりにカラアゲを食べる。
この辺、カラアゲもよく食べるって話を聞いたことがあったような。
やけに美味しかったですね。グレード高いな。

[ 熊本城 ]

熊本城も、ずっと見てみたいと思っていたんです。

Aso12w
(拡大アリ)

外側から。宇土櫓(うとやぐら)。

Aso13

宇土櫓は、築城当時から残る唯一の多層櫓だそうです。

Aso14

内部も、当時の雰囲気が残る。

Aso15w
(拡大アリ)

天守閣。

有名な「武者返し」のある石垣。(上部に行くにしたがって垂直に近くなる)

加藤清正という有名な武将が築城したんですよね。といっても、私あまり武将に詳しくないので…。
「もやさま」で三村サンが、戦国無双かなんかでデカイ槍を振り回して戦うとか何とか言ってたような…(そんな程度の印象)。

城のそばには、コスプレ武将隊の人もいましたね。誰だかよくわからなかったが…。

ちなみに、こっちの建物は、西南戦争で消失し、後に再建されたもの。中は博物館などがある近代建築でした…。

ここ熊本城もそうだし、阿蘇山もそうでしたが、外国人観光客が多いですね。
韓国、中国からなら近いってことで分かりますが、欧米系の観光客も多かった。
熊本は世界的な観光地という印象。県が積極的に国際的アピールしてるのかな。
たしかに、これだけ見所あれば、来ようという気にもなるかも。

(それに比べると群馬は…いやいや…)

この日は、熊本に宿泊でした。

夕食は、繁華街のラーメン屋で。(馬刺しは食べなかった…)

Aso17

熊本ラーメン。
美味しかったなあ。群馬でもとんこつラーメンは食べられるけど、一味違った美味しさだった。熊本ラーメンが美味しいのか、この店が美味しいのか。

Aso16

これも熊本名物という「太平燕(タイピーエン)」。

具沢山で、ラーメンとはちょっと違う麺料理。これも美味しかった。

(続く…)

(2014.4.23)

|

« 旧スマホの解約 | トップページ | 九州旅行・2 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/59514605

この記事へのトラックバック一覧です: 九州旅行・1:

« 旧スマホの解約 | トップページ | 九州旅行・2 »