« 茂左衛門・再訪 | トップページ | マリンピア日本海 »

コマゴマ2014.6

ちょっと触れておきたいコマゴマした話を、列挙。

まずは…

富岡製糸場 世界遺産登録

決定しましたね。 おめでとう!

上記HPで見ると、見学予約殺到だそうです。よかったね!

でも…群馬県民の私が言うのもなんだが…世界遺産いうても、地味ですよ…富岡製糸。

見た目ではなく、その歴史的背景に価値を見出せる人こそが楽しめる世界遺産…なんだと思います。

-----

群馬といえば…

『ぐんまのやぼう fot ニンテンドー3DS』が今夏配信決定!!
(はちま寄稿 2014.6.13)

だそうですよ。へえ、すごいな!
富岡製糸との相乗効果で、群馬ブームを再燃だ!

(個人的には、あれはフリーアプリだったから良かったのだと思うのだが…まあ)

-----

<おーい!はに丸>大人向け番組として復活 時事問題に迫る
(まんたんウェブ 2014.6.18)

これは、見なければ。

当時、好きだったんですよ。もう、子どもってトシじゃなかったのですが、なぜか面白かった。

はに丸の声は、いまや大声優の田中真弓さんですが…ご本人が(声だけでなく)魔女オバさん役なんかで出てたりしましたね。

ところで、神田クンは出ないの?

-----

アイドル顔負けの異常人気、「株主優待生活」桐谷さんが明かした秘話
(産経新聞 yahooニュース経由 2014.6.23)

「月曜から夜ふかし」で見て、知ってはいたけど…そんなに人気とは。

「キャラクターグッズまで飛ぶように売れ、アイドル顔負けの人気ぶり。」(引用)

ああ、そういえば、旅先であったわ…

Kiritani

ガチャガチャ。

通りがかった人たちが何人も、これ見て反応してました。
確かに、知名度の高さは伺えた。

-----

先日、Wikipediaを見ようとしたら、「寄付のお願い」のポップが出ました。
(まあ、以前も何度か見てたけど)

そういえば、けっこうお世話になってるし(このBlogでも頻々と引用させてもらってるし)…と思い、寄付してあげました。

まあ、Wikipediaって、有志の努力の方が貢献度高いような気もするけど…。
でも、これで良心の仮借なく引用できるな…(笑)。

「Wikipediaなんか鵜呑みにするのは、情報弱者だ」なんていう人もいるみたいだけど…
一応は、複数人の目で検閲もあるし、引用元の明記も義務付けられるし、モノを調べるときの取っ掛かりとしては、便利な情報源だと思いますよ。
1つの情報だけを鵜呑みにしちゃいけないというのは、Wikipediaに限ったことじゃないし。

だいたいWikipediaをディスるような人に限って、個人ブログとかのソース不明の情報を鵜呑みにしてたりするんだよな(偏見)。

-----

Dobutsu

「道路緊急ダイアル#9910」のチラシの「死んだ動物」の絵。

かわいかったので…。

ところで、死んだことを表す、この「天使のワッカ」って、海外でも通じるのかねえ?
絵画の天使は、円盤みたいな光背(頭光)ですよね。

モンティ・パイソンとかだと、ありそうかな(想像)。

(2014.6.24)

|

« 茂左衛門・再訪 | トップページ | マリンピア日本海 »

ゲーム」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

群馬」カテゴリの記事

コメント

Angel Haloでググれ(画像

翼と光る輪っか(のみ)というのが向こうの天使のイメージみたいですよ。

投稿: 深井 | 2014年7月 7日 (月) 02時47分

おお、確かに、海外のサイトで「天使のワッカ」が描かれてますね。
普通に海外でも通じるってことか。

このイメージ、原典が知りたいですね。画像検索では、いわゆる宗教画は出てこないようで。

翼だけのイメージで言うと、よく宗教画の脇なんかにケルビム(子どもの顔に翼だけ生えたヤツ)が描かれてますが、これにはワッカはないし。

近代になって、抽象化されたイメージなんでしょうか。
ちょっとルーツを調べると面白そう。

投稿: 適研所長 | 2014年7月 7日 (月) 23時43分

参考になるページがありました。
http://www.machilin.com/seiyo1.html
絵のリンクが切れてて色々大変ですが、ダヴィンチの「岩窟の聖母」のナショナルギャラリー所蔵版の光輪が単なる輪っかとして描かれた走りのようですね。
画像はWikipediaで観ることが出来ますが、えらい暗い絵なので非常に判りにくいです。けれども、確かに聖母マリアの頭上に単なる黄色い輪っかが描かれています。

というわけで、ルネサンス期にはすでにあった表現、というオチになりました。
宗教画って、もっと古いのしか日本には流れてこないんでしょうね。

投稿: 深井 | 2014年7月10日 (木) 23時50分

おおっ!
本当だ、これは確実にワッカですね。
ということは、ダヴィンチが元ネタってことになりますね。
意外に古かった。

「岩窟の聖母」ルーブル版は見たんですけどねー。そっちは表現が違うんですね。(ルーブル版でクレームが付いて、描き直したとかいう話だっけな?)

そういえば、「トムとジェリー」あたりで、ワッカをつけた天使って出てきてたような気もしますね(捏造記憶かもしれないけど)。

投稿: 適研所長 | 2014年7月14日 (月) 23時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/59871759

この記事へのトラックバック一覧です: コマゴマ2014.6:

« 茂左衛門・再訪 | トップページ | マリンピア日本海 »