« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

ニセクマ育成計画

Kuma_screen01_400

ニセクマ育成計画 (β)

「ニセクマ育成計画(画面サイズ小)」をプレイ

「ニセクマ育成計画」をプレイ

[ はじめに ]

クマのようで、クマでない。卵から生まれる謎の生物「ニセクマ」。
ニセクマを上手に育ててください。

[ ルール・操作法 ]

ニセクマを上手に育てて、成長させてください。
与える食べ物、オモチャや、世代が変わることで、ニセクマの容姿は変化します。
育ちきったニセクマは卒業となり、クマハウスに送るか、野に放すか選べます。
お気に入りのニセクマを育成し、コレクションしたり、写真を撮ったりしましょう。

成長や変化には色々コツもありますが、まずは気楽に、適当にいじって楽しんでください。世話を怠っても、ニセクマは決して死にませんので、ご心配なく。

[ 画面表示の説明 ]

Kuma_screenguide_400

  1. Day = 経過日数
  2. Growth = 成長度合い。0~99 
  3. K-Points = (Kuma-Point)世話の上手さを示す。育成状況によって、加算されます。
  4. カメラボタン = スクリーンショットを撮ります。お気に入りのニセクマができたら、写真を撮って残しましょう。
  5. +ボタン = K-Pointsを-1000して、CAREゲージを全回復します。
  6. CARE = 世話をするとゲージが減少します。ゲージは、時間が経つと少しずつ回復します。
  7. 名前 = ニセクマの名前。名前は自動的に決まります。
  8. 「バッグ」ボタン
  9. 「キャッチ」ボタン 
  10. 「クマハウス」ボタン
  11. 「?」ボタン
  12. 「SAVE&EXIT」ボタン

※ 各ボタンの詳細は、「操作方法」参照

[ 操作方法 ]

タイトル画面
・ START = ゲームをスタート
・ RESET = 初めからやり直します。(今までの経過も失われるので注意!)

ゲーム中
・ 「?」ボタンからガイドを見られます。

  • バッグ」ボタン  = バッグの中身を一覧表示します。タッチで使用。ニセクマに食物や、玩具を与えます。(→)ボタンで頁切替。★
  • 「キャッチ」ボタン  = 降ってくるアイテムをキャッチするミニゲーム。キャッチしたアイテムはバッグに送られます。★
  • 「クマハウス」ボタン = 先代のニセクマが住みます。6匹まで住ませることができます。家を選ぶと、その家のニセクマが表示されます。左のボタンで、ニセクマを野に放すことができます。6匹以上いる状態でニセクマが卒業すると、野に放すしかないので、不要なニセクマは野に放し、常に一カ所は家を空けるようにしましょう。
  • 「?」ボタン = ゲームのガイドを見ます。
  • 「SAVE&EXIT」ボタン = セーブして終了します。
  • ニセクマの頭をなでる (ニセクマの頭を、クリックした状態で指カーソルを往復させる)= ニセクマのなかよし度が上がります。★
  • 「うんち」をタッチ   = うんちを除去します。うんちを長期間放置すると、ニセクマの気分が下がります。★
  • ニセクマのGrowthが進むと、卒業になり、左右にボタンが表示されます。左は「野に放す」= ニセクマと別れます。右は「クマハウスに送る」=6匹までクマハウスに送りコレクションできます。
  • ゲーム終了後、ツイートボタンが表示されます。ツイッターをご使用の方は、ニセクマの育成状況をつぶやくことができます。

★印の操作を行うと、CAREゲージが減少します。
ゲージが必要分足りないと、その操作はできません。

※ ゲームを保存・終了すると、次に再開した時、その間に経過した時間で、状態が変化します。(状態の更新は数時間毎です)
※ ゲームを終えるときには、必ずSAVE&EXITを押してからウィンドウを閉じてください。(各所で細かくセーブしていますが、
※ Flashクッキー(Local Shared Object)を許可していないと、状態は保存されません
※ いったんゲームを終了しないと、状況は更新されません。
※ 初めからやり直したい場合は、タイトル画面の「RESET」で最初からやり直せます。
※ ニセクマは、世話を怠ったとしても死にません。 ただし、世話をしないと成長が遅くなります。

[ 備考 ]

育成シリーズ第三弾。
(最初は真面目な?シミュレータのつもりだったのに、だんだん訳の分からない方向に…。)

リラックマ、くまモン、ダッフィー、ユニベア、TED、レオナルド博士(?)などなど…クマのキャラクターは大人気。

しかし、クマキャラって、どれもなんか似たような感じじゃないですか?
一部のパーツがちょっと違っているだけとか、目の位置やサイズがちょっと違うだけでは?
それで、オリジナルキャラって…。

ということで、そんなクマキャラを「神様の力(=ランダム)」で作ってしまおう…というがこのアプリの趣旨です。

できたニセクマは、あなたのオリキャラということで、好きにお使いください。
ニセクマのパーツは当方が全て一からデザインしたものですので、剽窃はありません!!

もっとも、万が一何かに似てしまっても、それは神様の導きであって、私は一切関知いたしません。よろしくお願い致します(笑)。

…まあ、そんな能書きがともかく、やっぱり、カワイイものって良いですよね…。自分ながら、作ってて和みました。

いい加減時間をかけ過ぎたので、そろそろ見切りをつけねば……と、テストプレイも程々で公開しました。(それでβとしています)。バグ等がありましたらすみません。

これからしばらくの間テストを続けつつ、プラス要素なども加えながら、こちらもGooglePlayで公開しようかなあ…と思ってます。
(こういうのは、スマホに向いてますからね)

それには、また一ヶ月くらいかかりそうですが……。

(2014.7.28)

(追記)
さっそく、BUGが発覚…。
起動ごとにPointが加算されてしまっていたのを修正しました。(2014.7.29)

(追記)
腹の減り方を緩和。PCで数時間毎の世話は難しいので。(2014.8.3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

止まりすぎる道路

ちょっと前に、ネットで話題になっていたネタ。

群馬に「止まりすぎる」道路 標識次々、ネットで話題
(朝日新聞DIGITAL 2014.5.30)

たまたま近くと思しき場所を通りかかったので、探して見に行ってみました。

場所は、群馬県大泉町(日本のブラジル)。西小泉駅や、以前行った「世界のグルメ横丁」の公園からも、そこそこ近い場所。

具体的な場所は現地で探したのですが、スマホの地図で見たら、すぐ分かりました。道が細かい格子状になっている場所がある。

近くに車を止め、細い道に入り込んでみると…

Tomare01

あ、まさにここだ!
先の記事の写真と、ほぼ同じ場所。

確かに壮観。

Tomare03

反対側から。
消失点まで、ずらーっと「止まれ」が。

…でも、思ったより「ずらっと感」が出ないな…。

標識の間隔が開いて見えるし、遠くのものは小さくなりすぎてしまって「ずらっと感」がいまひとつ。

そう、今回はじめからここに来ようと思ってたわけじゃないので、望遠レンズを持ってこなかったんですよね…。

望遠で撮れれば、遠方まで大きく、間隔も圧縮して撮れたはずなのに…。

以前、「ナニコレ珍百景」(だったかな?)で取り上げられたときは、超望遠、さらに俯瞰で撮ってたので、すごくみっちり、路面の「止まれ」の多さもはっきり見えて、数倍すごく見えてました。

こういうのって、撮り方が重要ですね。

(2014.7.24)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーベリー狩り

群馬ネタ。

今、群馬はブルーベリーの季節。
ブルーベリー狩りに行ってきました。

前回、果物アレルギーをカミングアウトしたばかりなのに…(笑)。
ちなみに、ブルーベリーではピリピリしません。

場所は…

[ ドールランドみなかみ ]

群馬県みなかみ町。

「ドール」とは、あの、フルーツジュースなどで御馴染みの、あのドールです。

Doleland01

最近になって、こういう場所があると知り、それで行ってみる気になりました。

2012年にできた施設だそうです。比較的新しいこともあって、知らなかったんですね。

もっとも、以前は「フルーツ公園桃李館」という施設だったのが、ドールとコラボしてリニューアルしたみたいです。(なので、この建物は桃李館という)

Doleland03

施設内。
フルーツジュースを飲めたり、施設裏のエリアでBBQができたり、ジャム作り体験できたりします。店舗では色々なフルーツ関連のお土産が売ってます。「ドールTシャツ」とか「ヨナナスメーカー」なんかも売ってました(笑)。

今回の目的、フルーツ狩りの受付も、ここです。

ブルーベリー狩り、一人\600。

受付でブルーベリー畑の場所を聞き、向かいます。

Doleland02

建物の周囲に、りんごや桃やぶどうやプラムなどの畑が広がってます。

目的のブルーベリー畑まで、10分くらい歩いて到着。

受付の紙を、畑のオーナーのおじちゃんに渡す。

制限時間は……「一応、30分だけど、まあ、適当に」だそうだ。
本当に、良いんですか~?

Doleland04

(ブルーベリー畑の管理人さん。フレンドリーだがよく吠える)

Doleland05

ブルーベリー畑。

Doleland06

おー、たくさん成っている!

実は、以前も一度、別の場所でブルーベリー狩りをやったことがあったのですが、その時は季節も遅く、午後遅いせいで、大方取りつくされた後でショボショボでした……。(なので、まけてもらえた)

今回は、季節もピークで、土曜の午前中というのが、良かったようです。
まだあまり手をつけられておらず大豊作。

Doleland07

粒もデカイ。そして、ウマイ!

ここのブルーベリーには、色々種類があるとのこと。確かに、甘さの強いものや、酸味があるもの、香りの強いものなど、味に違いがあります。

これを、片っ端から食べて食べて……。

30分経つ前に、もうおなかいっぱいになってました……。時間制限、関係ないはずだ。

我々が来てから帰るまでの間にも、常に10人以上お客がいましたが、帰る頃には(ちょうどお昼時になり)さらに人が増えてきました。大盛況ですね。

ブルーベリー畑から桃李館に戻る。

建物の裏手には、BBQ場と、芝生の庭園があり

Doleland08_2

世界のリンゴ散歩道というのがありました。

ぐるっと廻る小道に沿って、色々なリンゴの木が植えられています。

Doleland09

いくつもの木にリンゴが成ってました。

ただ、そういう種類なのか、摘果してないせいか、みな小さい。

Doleland10

あと、それぞれの木の前には、名前の書かれたプレートがあるのですが、擦れてしまって読めない……。

どうも、これはかなり以前に作られたもののようですね。
メンテされていないのじゃないだろうか。

最後に、せっかくなのでドール謹製のバナナ(+パイナップル+野菜)スムージーを飲みました。

美味しかったのですが、これはさすがに口がピリピリ来ました…。

(2014.7.21)

-----

本当は、ぼちぼち次のゲームをアップする予定だったのですが、間に合わなかった…。

近々には、なんとか…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

果物アレルギー

これまでにも

口内炎

せき喘息

という持病の話を書いてきましたが…

最近になって、新たな持病が発覚してしまいました。

それが

果物アレルギー

最近になるまで、私も、こんなものがあるなんて知らなかったですし、知らない人も多いのではないかと。

正式には「口腔アレルギー症候群(wikipedia)というらしい。

「果物や野菜などの植物性食品が、口腔粘膜へ接触することよりアレルギー反応を起こす病態である」(引用)

具体的には、果物を食べたときに、口の中がピリピリする。

昔から、パイナップルやキウイフルーツを食べると、口の中がピリピリすることがあったのですが、これらの果物には酵素など特殊な成分が含まれているせいで仕方ないもの…と思ってました。(Wikipedia「プロメライン 」の項でそのことが「説」として触れられている)

なので、パイナップルやキウイを食べたら、誰でもピリピリするものと思ってました。

しかし、「そんなこと一度もなったことの無い」って人も、いるんですって?
(うちのカミサンは、一度もなったことがないそうだ)

しかも、トシをとってから、ピリピリ感じる果物がこの2つにとどまらず、増えてきたようなのです。

バナナ、メロン、グレープフルーツなどでも…。
さらにミックスフルーツジュースなんかでもピリピリすることがあったり。

で、どうもおかしいと調べてみたところ、この「果物アレルギー」というものの存在を知ったのでした。

花粉症と果物アレルギーの関係!」(ALL ABOUT)
ここの、「果物アレルギーを起こす果物と野菜」一覧を見ると、たしかに該当の果物が含まれているようです。

まあ、そうとわかったところで、果物は食べてますけどね。
口がピリピリするだけで、特に重篤な症状が起こったことないし。

しかし、甘く見すぎるのも良くないかもしれない。
思春期以降に多い果物アレルギー」(goo)によると

「重症になると、全身のじんましんやぜんそく発作がおこったり、のどが塞がって呼吸困難になるなど、生命にかかわることもありえるので注意が必要です。」(引用)

えーマジかよ!? 
そこまででなくても、腹を壊すくらいはしてたかもしれないな(気付かなかったけど)。

ところで、上記によると…
「口腔アレルギー症候群は1990年代ころから報告が増えはじめ、近年増加しています。まだ未解明のことも多く、効果的な予防・治療はまだ確立していません。」(引用)

…だそうです。
まだよくわかっていないのか。

まあ、ちょっとだけ気にしつつも、あまり気にし過ぎないようにしよう。

(2014.7.17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイブルハンター

先日の、東京国際ブックフェアで入手した「バイブルハンター」。
ようやくプレイできたので、簡単なレビューです。

[ バイブルハンター ]

Bkf2014_07

現役牧師監修で、日本聖書教会のお墨付きという、なかなか変わったプロフィールを持つ、カードゲームです。発売元はキリスト新聞社。

推奨3~5人プレイ(オプションルールで1~6人まで可能)。

「バイブルハンター」となって、旧約の預言者や新約の使途を召喚し、世界各地に散らされた聖書を集めていきます。

おおまかなルールを書くと…

・ 場に並べた人数分の「聖書カード」に、順番に「言葉カード」をつけて行きます。

・ 規定数以上の言葉カードが付けられた聖書カードには「獲得宣言」ができます。

・ それに応じて他のプレイヤーも獲得宣言を行った場合、「バトル」が発生。

・ 人物カードを出し合って「BP(バイブルパワー)」の高い方が聖書カードを獲得できます。

・ こんな流れを3セット繰り返し、最終的に聖書と言葉の合計点数が最も高かったプレイヤーが勝利

…といった感じです。

よくある「マジック・ザ・ギャザリング」的な、1VS1バトルのゲームとは違うのもいいですね。

またそれ以上に、カード化されている聖書の世界観が面白いです。

私は聖書やキリスト教に詳しいわけではないですが、「聖おにいさん」で見たようなエピソードの断片が見えて、ちょっとニヤリとできます。

「聖書カード」

Bbh03

それぞれの聖書には点数が付いてます。
「ヨハネの黙示録」がマイナスポイントというのが、意味深で面白いですね。

「言葉カード」

Bbh02

旧約や新約に関連する「ワード」が、カード化されています。

「偶像崇拝」「五つのパン」「二匹の魚」「洪水」「迫害」「からし種」…

私レベルでは由来の良くわからないネタもありますが…聖書に詳しい人が見たら面白いんだろうなあ。

「人物カード」

Bbh01

「モーゼ」「ヨハネ」「ノア」「ペトロ」など、旧新の預言者や使途が登場します。
それぞれにBPや特殊能力が設定されています。

しかし…「キリスト BP10万」とか、数値設定しちゃったりして…いいのか?
すごいな。
(さすがに数値的には最高値ですが、能力が無いので、他の使途に簡単に負けちゃったりします…)

なんか、このあたりのくだけ方とか、ゆるさとか、本当に公認なのかと思うほど。

広告チラシに「ネタ!? ガチ!?」と自ら書いていたり、マニュアルの中で「ずっと俺のターン!」なんてフレーズが使われていたりもして…。

いやあ、おおらかですねえ、日本聖書教会。

プレイの感想ですが、なかなか面白かったです。
なにより、ルールが簡単なところに好感が持てますね。

もちろん、もっと面白いゲームはありますが、たいていルールはもっと複雑です。
ここまでシンプルにまとめている所がすごい。
目的としては「気軽に聖書に親しませる」という所でしょうから、このシンプルさは目的にも上手く合致してますね。

ちなみに、このゲームと同じ「聖書コレクション」シリーズの第二弾として、

最後の晩餐 裏切り者は誰だ」という「人狼」を下敷きにしたゲームも出ているという…。

最近流行の人狼、確かにこのテーマにあってますね。思わず笑ってしまいました。
目の付け所がいい。この本気感、すごいな。

(2014.7.14)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

セーブオンに集う人々と、軽減税率

本当は、先週買った「バイブルハンター」のレビューを書こうと思ってたのですが、時間が取れずまだプレイできてません。

なので、雑談です。(あ、いや、いつも雑談みたいなもんだけど)

-----

群馬のコンビ二「セーブオン」。
時間の経ってしまったパンや惣菜には半額シールが貼られる。

それを狙って訪れる客も多い。
普段でも安めのセーブオンで、半額商品を狙って漁る人々を見ると、なんか物悲しい気持ちになってくる。(そして、時々はその中に自分も混ざるわけですが)

この様を見ると、やはり軽減税率は導入すべきと思えますね。

システムが面倒だって意見もあるけど、日本はかつて「物品税」というのをやってましたよね。

日本の「物品別間接税」は世界に先駆けて導入され、現在欧米で導入されている間接税の物品別軽減税率は日本のこの間接税システムを真似したものである。」(wikipedia
へぇ~。そうだったんだ。

線引きが難しいからやめたほうが良いって意見もあるみたいだけど、それも極端じゃないかな。ヨーロッパの奇妙な線引きを例に出して否定論を展開したりもしてるが、それはそれで折り合いが付いているんなら、良いような気も。

どうしても線引きを気にするのなら、いっそ「すべての飲料・食料品のみ」にしちゃえばいいんじゃないか。(飲食料品かそうでないかの線引きなら現存しますよね?)
米も、キュウリも、キャビアも、高級レストランの飲食も、すべて。

まあ、ぜいたく品も含まれちゃうけど、目的から考えれば、エンゲル係数の高い低所得者(半額セールを漁るような…)救済にはなるんじゃないか。食費が少しでも浮けば、その他の日用品も買いやすくなるでしょう。

いや、これ↑がベストだと思ってるわけじゃないですよ。「線引きが難しいから導入すべきでない」って意見への対案なだけです。何もやらないというよりはマシかと。

ちなみに、今日の私の夕食は、セーブオンのレタスパックとコロッケで\168なり(半額ではなく定価)。例の「節約ダイエット」ね。

先日健康診断をしたら、おおむね良好なれど、胴回りや中性脂肪値が微増していた。日常的にオーバーカロリーということだ。夕食なんか食べなくたってきっと生きていけるに違いない……。
(もっとも、今日も誘惑に負けて、買い置きのお菓子を少し食べちゃったけど)

ところで……今日、レジで自分の前に並んだ、30代くらいの会社員風の男性。
半額になった、あんドーナツみたいな甘い系のパンばかり5~6個も買い込んでいた……。

安いからって、そんなに買い込んだら節約にはならないだろう?
数日に分けて食べるつもりか?? 
しかし、甘いパンばかりなので夕食とも思えないし。
子どものオヤツ……いや、あの年齢で5、6人も子どもがいるとも思えない。
う~ん、この例は、低所得とかいう話とは、関係なさそうだ…。

(2014.7.10)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

東京国際ブックフェア

久々に、東京国際ブックフェアに行ってきました。

前回行ったのが2009年。その時は「地球環境カードゲーム」をゲットしたのでした。

今回は、ブックフェア自体の様子も書いてみます。

Bkf2014_01

場所は、東京ビッグサイト。ここに来るのも、久々だなあ。

ビッグサイトに向かう人がやたらたくさんいたので、ちょっと驚いたが、ほとんどは別会場の「AKBの握手会」に向かう人でした。

Bkf2014_02

ブックフェアにも、キャラがいたんだね。「ほん吉くん」と「しおりちゃん」だそうだ。

Bkf2014_03

会場内の様子。

一般デーですが、けっこう賑わってました。

Bkf2014_04

2014年テーマ国は、マレーシアでした。マレーシア、良い国ですよねー。
(ところで「テーマ国」って、前回行ったとき、あったかな…?)

Bkf2014_06

艦これコーナー。

Bkf2014_05

講談社ブースで、ヴェロキラプトルのロボットが(図鑑の宣伝か?)。差し棒で特定の場所をなでると反応する。カワイイ。

電子書籍系のブースも増えてましたね。時代を反映している。

ブースも多いのですが、出展してない出版社もありますね(よく知られた出版社でも)。こういうのに重きを置いていない会社もあるんでしょう。

一方で、セガとか、バンプレストとか、サウジアラビアとか、いわゆる出版社じゃなさそうな所も出展したりしてました。

まあ、一般デーはお祭りみたいなモンですね。楽しかったです。

ブックフェアに行くと毎回、洋書バーゲンコーナーで掘り出し物を漁るのですが、今回は…

"Who will comfort Toffle? atale of Moomin Valley"

ヤンソンさんによる絵本。これが500円でした!
英語版なので、まだ読み込んでないのですが、Toffle(ホムサ・トフトのことか?)が主人公のちょっとイイ話系の物語のようです。(ムーミン一家は出てこないが)。
全編カラーイラストで良い!最近、グッズなんかでよく見かける絵もあったり。最近、ヤンソンさん本人の絵の良さも、再認識されてきてるよね。というか、ムーミンキャラクターズ、日本で荒稼ぎしてないか(笑)?

あと、こんなものもゲット!

Bkf2014_07

聖書カードゲーム、「バイブルハンター」!?

日本聖書教会推薦の、真面目なカードゲームですよ。日本聖書教会、やるな。

ルールは覚えたが、まだゲームはプレイしてません。
近日、プレイして、詳しく紹介したいと思ってます。

(2014.7.7)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物欲ログ

最近買ったもの…

[ 手回し付き ハイパワー充電器 QM-051BK ]

Qm51_01

各種アダプタ付きで、Androidスマホから、iPhone、3DS、PSPなどにも充電できる、手回し付き充電器。

運動不足なので、寝る前に腕立てやあずきんきん体操(適当)をやったりしてたのですが、溜めたカロリーを無駄に消費するだけなのが、もったいなく思えてきました。

これをなんとか利用可能なエネルギーに変えられないか…。
そう考え、ふと思いついたのがコレなのでした(笑)。

寝る前とか、テレビを見ながらとか、ちょっとした合間にこれを回せば、カロリーを消費でき、筋肉もつき、充電もできる! 一石三鳥!?

しかし、実際手回ししてみると大変うるさいということまでは想像できなかった…。
テレビを見ながらだと、音が良く聞こえなくなる。というか、どんな時でも回してると「ウルサイ」とカミサンに嫌がられる…。

どれくらい回せば、充電できるのか。
ちょっと試してみたところ、何百回か回してようやくゲージが1個分上がりました(ゲージ全4個中)。
時間や回転数を記録してなかったので正確ではないですが。今度ちゃんと調べてみたいです。
しかし、0からフル充電するまでは、かなり労力要りそうだな…無理かな。
(当然、ケーブルでの充電も可能です)

筋トレに使おうなんてのはバカバカしいとしても、実用品としては良い品だと思います。
出先で、充電を使いきって空になってしまっても、手回しが最後の希望になる。
災害時なんかにも役立ちそうです。各種アダプタで汎用性も高いし。

-----

[ イモコレ!2 (海洋堂カプセルQ)]

以前、第一弾について書いたガチャガチャ「イモムシコレクション」、その第二弾が出てました。

しかも…しかもデスヨ、あの時、次はぜひ入れて欲しいと書いていた「セスジスズメ」と「シャチホコガ」が、今回はラインナップされてるんですよ! さすが海洋堂、ユーザーの気持ちを分かってらっしゃる。

で、回してみました! 出たのは…

Imo2_01

「キアゲハ」幼虫。

Imo2_02

横から。

Imo2_03

体を曲げてみた。

いや、よくできてる…。キアゲハ幼虫は、昔育てて蝶にしたこともあるし、なじみがあって、悪くはないんだけど…

今回のラインナップの中では、2番目に欲しくなかったヤツだ…。
(一番欲しくなかったのは、クロアゲハだけど。前回出たアゲハとあまり変わり映えしないから)

この日は、手持ちの小銭が無くなって、これだけしか引けなかった。

シャチホコかセスジスズメ欲しいので、またいずれやろうかな。

いや、amazonで単品売りしてるじゃん(少し割高だけど)。
これか…!?(いや、送料がかかるな…)

-----

[ UFOクレーン (エポック) ]

これもガチャガチャ。

要は、ゲーセンのUFOキャッチャーのクレーンみたいなものと、それで吊り上げる人形のセットのストラップです…。

見るだにくだらない(笑)のですが、何か惹かれるものがあり、ついガチャっと。
1回\200。

Ufo01

緑のアダムスキーUFOと、火星人(?)のセットが当たりました。まあ、良いほうかな。
UFOでなく、実際のキャッチャーみたいな形状のものもラインナップされてました。

Ufo02

こうやって遊びます…(笑)。

このクレーン、別に動力も磁石も入っちゃいないのですが、宇宙人の頭上から下ろすだけで、不思議にうまいこと掴んで、しっかり持ち上げてくれます。
UFOキャッチャーごっこができるんですね。もっとも、簡単に取れすぎて、ゲームにはなりませんが(笑)。

本当は、「銀のUFOと牛」のセットが一番欲しかった(これが目玉商品)。
「キャトルミューティレーション」ってわけですな。いいセンスだ。

(2014.7.4)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬼平PA

高速道路料金の休日半額割引が6月いっぱいで終わり。

ということで最後の週末、前々から行こうと思っていた高速道路上のスポットに行ってみました。

[ 鬼平江戸処 ]

「羽生パーキングエリア上り線」は、2013年12月から、鬼平犯科帳と江戸の世界をコンセプトにしたPAになりました。

以前行った「星の王子様PA」のような、テーマパーク的PAですね。

Onihei01

駐車場に車を停める。既に普通のPAの建物でないのがわかる…。

Onihei02

江戸の町だ…。

こういう、時代劇セット的な施設が好きで、色々行ったりもしてますが(日光江戸村とか、ワープステーション江戸とか、庄内映画村とか)、遜色ない出来ですね。

Onihei03

建物のウェザリングなんかもしっかりやってて、リアルー。

Onihei04

見世物小屋…風の建物(入れません)。壁が「よしず」でできてるように見えますが、イミテーション。

Onihei05

中も、こんな感じ。いやー凝ってるなあ。

普通のPAのように、中にはお店やレストランがあるんですけどね。

Onihei06

久々に、うなぎを食べました。美味しかった。
(国産かどうかは知らない。)

Onihei00

ちなみに、「鬼平犯科帳」自体はほとんど見たことありません…(当然本も読んでません)。

特番でやってた第1話だけ、かろうじて見たことがあるくらい。
なので、そんなに思い入れはないのですけど…。

私が好きな時代劇「三匹が斬る」「暴れん坊将軍」なんかにくらべると、鬼平はもっと「真面目」な印象でしたね。

「成敗!」みたいな決め台詞もないし、最後に悪人どもを容赦なく切り捨てまくったり…みたいな(いい意味で)バカバカしい展開もなさそうでしたね、1話を見た限りでは。

(2014.7.1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »