« 今さら、「妖怪ウォッチ(一作目)」をクリア | トップページ | 我々はウナギとどう向き合うべきか »

続・妖怪ウォッチ

前回、妖怪ウォッチのことを書きましたが、もう少し書き足りないことがあったので。

もっとも妖怪ウォッチの真価は、マーケティング力とプロデュース力だと考えているので、ゲームの中身自体に関しては(もちろん、よくできているというのは前提として)、あまり分析しても仕方ないと思いつつ…。

-----

また「ポケモン」との比較ですが、色々興味深い対比が。

・ポケモンにはヒューマノイドタイプのクリーチャーはいません(二足歩行はいても、動物っぽい)。妖怪には、ほぼ人間のようなものもいます。ポケモンのモンスターは基本的に話しませんが。妖怪はふつうに言葉を話します。
キャラ立てとしては後者の方が有利な一方、ペット的な可愛さはやや減じる気もします。ヨシアシというより、好みですね。

上記のせいもあってか、妖怪ウォッチの設定は、「友達になって、用があったら呼ぶ」という設定なんですね。(捕まえるのではなく)
ゲーム中、「俺の友達」を連呼してますね。教育的配慮なのか。

そういえば、妖怪に「赤信号で渡るとペナルティ」ってのがありますね。ゲーム的にはうっとうしい要素ですが、これも教育的配慮か。もっとも、「信号機でないところなら渡っても怒られない」という間違った教育になりそうな気もしますが。

ポケモンの人気者といえば、「ピカチュウ」。妖怪の人気者は「ジバニャン」。
どっちもカワイイですが、この2匹って、発生の経緯が違っていて面白い。

ピカチュウの方は、元々、単に数多いるモンスターの一体としてデザインされたものが、たたき上げ的に人気が出てきたもの。

一方、ジバニャンの方は、元々これをメインにすえてやろうという気満々で作られたキャラです。これは、パッケージでメインにすえられていることや、「~ニャン」のシリーズ妖怪だけが突出して種類が多いことからもわかります。

いわば、ピカチュウはストリートミュージシャン。ジバニャンはジャニーズのようなもの…かな。

そんなアイドルを運命付けられたキャラだけに、妖怪ウォッチ2では、さらに「ニャン」の種類が増えて、攻勢をかけてるようです。うーむ、策士ですなあ。

ポケモンの方も、後々「ピチュウ」とかいましたけど、もっと色々仲間を増やしても良かったんじゃないかな。「トゲチュウ」「デカチュウ」「クロチュウ」みたいな…。

妖怪ウォッチは、妖怪の中には「進化」するものと「合成」で強くなるものがいますね。まあ、欲張り。
進化といえばポケモンですね。一方、合成というと魔界転生やドラクエモンスターズを思い出します。ただ、それらが合成や進化をシステムの中心に据えているのに対し、妖怪の方では一部のものしかできないなど、オマケ的な立ち位置なんですね。
最初に仲間にした妖怪を、好みによってはクリアまで使い続けられるバランスに、意図的にしているのか?

最後に、面白いと思ったのは、主人公。

ポケモンの主人公は、たしか話さなかった(セリフが無い)と思います。ドラクエ式ですね。

妖怪の主人公の方は、セリフがあります。FF式…と言ってよいか。
ただ、妖怪の主人公君って、主人公としてはすごく珍しいタイプで、(ふつうに良い子ではあるものの)、全然熱血漢でも正義感でもないですね。ボケ役でセリフの多いウィスパーのツッコミ役として話すセリフが最も多いのではないか。「いやな予感しかしない…」とか冷めたセリフを吐くこともしばしば。

子供がこの主人公に対し、どう思うのか良くわかりませんが(私は、999の星野鉄郎のようなキャラが好きだったけど)、大人プレイヤーとしては、いかにも「子供子供した」キャラクターよりはプレイしやすかったです。

「妖怪ウォッチは子供向け」だとよく言われますが(商品構成的には同意ですが)、ゲームとしてはかなりクリエイターの人たち自身が面白いと思えるものを作っているという感じはしました。世界観にほのかに漂う、ちょっと昭和レトロチックなニオイも、子供のためというより、自分たちの子供の頃のノスタルジー要素が多分にあるように思えます。
(私は、路地の中に、オート三輪が停めてあるのを見逃さなかったぞ)。

-----

ところで、ゲームそのものよりも大人気になってる「妖怪メダル」っってやつ。
ガチャガチャもメダル付きお菓子なんかも、ことごとく売り切れていて、実物を見たことが無かったのですが…

先日、クレーンゲームで一個ゲットして、初めて実物を見ました。
そうか、これがみんな血眼になって探しているメダルなのか。

で、これ、何に使えるの? (知らなかったという…)

ネットで調べたところ、色々な用途があるらしいですが、3DSでも使えるとのこと。

ゲーム中でバーコードをスキャンしたら、ゲーム中のガチャに使えるメダルがもらえました。
そうか、これが目的でみんな集めてるのか?

と思ってコレでガチャをひいたら、妖怪でもなんでもない、「極上まぐろ」が出ました…(泣)。

わからん…。

(2014.8.24)

|

« 今さら、「妖怪ウォッチ(一作目)」をクリア | トップページ | 我々はウナギとどう向き合うべきか »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

レベル5の日野氏はインタビュー記事で「ターゲットを決めて、そのターゲットが喜びそうなことを想像しながら作る」「自分がその時代に興味を持っていたことを思い出して、ストーリーを考えています」と言っているので、「制作者が子供向けだということを念頭に置いて自分たちが面白いと思ったものを作っている」が正解なんじゃないでしょうか。
子供向けに作っていることと、自分たちが面白いと思ったものを作っていることは別に並立できない条件ではないでしょう。

http://next.rikunabi.com/proron/1432/proron_1432.html

ところで、私、子供の頃に動いているオート三輪は見たことがないと思うんですけど、住んでいたのが東京近郊だったからなんでしょうか。

投稿: 深井 | 2014年8月25日 (月) 19時31分

私も、この記事を書いた後で、インタビュー読みました。
(最近、あちこちでインタビューされてますね。)

私も、妖怪ウオッチが子供向けでない、とは思わないです。
何が子供に受けるか、みたいなこともかなり周到に考えて作られていると思います。一方で、作り手が楽しんで(見方によってはかなり悪ノリして)、子供では分からないようなネタもいっぱい仕込んでます。なのでネットでよく見かける「妖怪ウォッチは子供向けだから、大人には楽しめない」というネガティブな意見は、早計だなと思いました。(まあ、誰でも面白いっ…てことも無いと思いますけど)

オート三輪は、私は子供の頃よく見ました。
やっぱり、群馬に住んでるときだったかも。農業とか林業とか、そういう業務用が多いんですかね。

投稿: 適研所長 | 2014年8月27日 (水) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/60204612

この記事へのトラックバック一覧です: 続・妖怪ウォッチ:

« 今さら、「妖怪ウォッチ(一作目)」をクリア | トップページ | 我々はウナギとどう向き合うべきか »