« 八間山・白根山 | トップページ | ゆるキャラ2014 &いたくらんの秘密(?) »

横浜トリエンナーレ2014

[ ヨコハマトリエンナーレ2014 ]

Yokotori14_01

3年に1度、横浜で開催される現代アートの国際展です。

通称「ヨコトリ」。(…といわれていることを最近知った)

期間は2014.8.1~11.3。まだまだやってます。

前回2011年も記事にしましたが、今回も行ってみました。
(記憶違いでなければ、2001年以来、毎回行ってるんじゃないかな)

今年は、アーティスティック・ディレクターに森村泰昌氏(名画に自分を入れ込んでしまうアート作品で知られる)が起用され、テーマは

Yokotori14_03

このコンセプトは、なかなか面白そうです。

メイン会場は、横浜美術館、新港ピア (新港ふ頭展示施設)

サテライト会場に、BankART Studio NYK、黄金町バザール2014

前回と、メインとサテライトの一部は入れ替わってますが、会場はほぼ同じですね。

今回、メイン会場のみ観覧しました。

Yokotori14_02

会場、エントランスの様子。

奥の巨大なボックスみたいな作品は、「アート・ビン」(マイケル・ランディ)。
作家が失敗作や葬りたい過去の作品を捨てる…というコンセプチュアルアート。
会期中、中身はどんどん増えていくみたいです。

またちょっと、気になった作品を一部ピックしました(撮影は一部を除きOKでした)。

Yokotori14_04

「言葉」(木村弘)

こういうメッセージ系のアート、いいですね。(可笑しくて)

Yokotori14_05

「8つの息」(ギムホンソック)

見た目は風船ですが、青銅製らしいです。

Yokotori14_06

「華氏451」(ドラ・ガルシア)

今回のテーマにもなっている、ブラッドベリの華氏451の英語版が山積みになっています。「自由に手にとって読んでよい」と書かれていますが、印刷は全て裏焼きになっています…。

Yokotori14_07

「何もすることがない」(福岡道雄)

今回は、この方の一連の作品が良かったですね(立体作品も良かった)。

遠めでは模様にしか見えませんが、アップにすると…。

Yokotori14_08

「何もすることがない」とビッシリ書かれてます…。

このネガティブな感じ、そして、「何もすることがない」と一生懸命に書いてる逆説的な感じとか、いいですね~。好きですよ。

今回、一番の傑作だと思ったのは、

「猫へのインタビュー」(マルセル・ブロータース)

音声作品なので、写真は撮れませんでしたが…。
好きです、こういうの。可笑しくて爆笑しそうになりました。
これを作品として(1970年の作品らしいです)真面目に発表するところも含めた全体がアートだなと。

今回の総論としては…

まあ、私としては相変わらず楽しめました。
行く価値はあったし、次回もぜひ行きたいです。

ただその前提で、ネガティブなところも言うと…

今回、ちょっと物足りない感じがあったのですが、その理由はおそらく、メイン会場しか見なかったせい。

それというのも、チケットが高いんだもの…。
メイン会場だけで1800円。サテライトも含めたセット券は2400円。
今回、全部廻れるか不安があったのと、サテライトでやってる内容がいまひとつ不明瞭でよく分からなかったので、メインだけにしてしまったのです。少し後悔してますが。

前回は、セットで1800円だったようです。高くなってるじゃん。

もしかして、海外の著名作品などを多く集めたから金がかかったのか…なんて勘ぐったりして。個人的には、ジョン・ケージ「4分33秒」の楽譜とかより、「中之条ビエンナーレ」でやってるような作家の新作を見たかったです。

あと、社会問題を扱うようなマジメな(重い)作品が多かったのが、個人的にはマイナス。
確かに、そういうのがあると、展覧会自体の格調が高まるのだろうとは思いますが、そこに「新しさ」「捻り」の要素が少ないと、ゲイジュツなんだかジャーナリズムなんだか、よく分からなくなってしまう。私は、「現代芸術は、あまり意味(ストレートな価値や意図)を持ちすぎてはいけない」と思ってます(あくまで、個人的見解ですが)。

社会問題を扱うにしても、婉曲や皮肉のオブラートに包んでもらい、パッと見ではわからないが、じっくり見た時に「!」と気付くようなものであって欲しいです(あくまで個人的見解ですが)。

まあ、次回もおそらく行くと思いますけどね。
規模縮小などせず(できれば少しディスカウントして)続けて欲しいです。

(おまけ)

Yokotori14_09

会場で売っている、安部泰輔さんによる応援グッズ「ヨコトリ」。
以前、群馬近代美術館に来た時に、私も「うみうし」という作品(商品?)を買いましたが…。
相変わらず、ゆるくていいなあ…。

(2014.9.23)

|

« 八間山・白根山 | トップページ | ゆるキャラ2014 &いたくらんの秘密(?) »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/60364050

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜トリエンナーレ2014:

» 「横浜トリエンナーレ2014」/横浜美術館 [京の昼寝〜♪]
「横浜トリエンナーレ2014」/横浜美術館 【横浜美術館(20149/27撮影)】 待ってましたぁ〜3年に一度開催される横浜トリエンナーレまさに現代アートの国際展、今回で5回を数えるそうです。主会場となる横浜美術館の前にはこんなものが 低床トレーラー(ヴィム・デ...... [続きを読む]

受信: 2014年10月11日 (土) 08時11分

« 八間山・白根山 | トップページ | ゆるキャラ2014 &いたくらんの秘密(?) »