« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

三峰山

2週間くらい前の話だし、特筆すべきこともないのですが、記録として書いておく、山登りの話。

[ 三峰山 ]

群馬県沼田市。

Mitumine01

登山する山として、県内ではそこそこメジャーな山ではないだろうか。

私も大昔、地学実習かなんかで登っているはずなんだが…あんまりディテールおぼえてない。

Mitumine02

河内神社近くの駐車場からスタート。
しばらくは舗装された道が続く。

Mitumine03

しばらく登ると、隣には、農業用スロープカーみたいなものと、ほこらが。
一瞬、ここが河内神社かと思ってしまった

Mitumine04

ほこらには、穴の開いた柄杓がたくさん納められてました。
海難除けのはずはないから(群馬だから)、安産祈願かな。

Mitumine05

ここから、ちょっとした岩場道に。
年配の参拝者、大変だな。さっきのスロープカーは、参拝者用なのか?

Mitumine07

ようやく河内神社。
ここまで駐車場から0.9kmだそう。

Mitumine08

ここからの景色。まあまあ。

Mitumine09

神社の社務所だか物置だかの壁に、落書きが。不届きモノめが。

…って見てみると「S56 1982」…。

「YMO大好き少年」「一風堂 スミレSeptember Love」(笑)
懐かしい…時代を感じるなあ。よく残ってたなあ。
不届き感と同時に、アンコールワットの落書き的な貴重感を感じてしまった。

Mitumine10

ここからが本格的な登山。

あまり勾配はキツくなく、楽しく歩けます。

Mitumine12

延々歩く…。
楽な山というイメージで登り始めたが、山頂までの距離が予想外に長かった…。
駐車場から山頂まで5km以上あったようです。(そこまで考えず登り始めた)

Mitumine13

山頂が見えてきた。最後はちょっと急な登り。

Mitumine15w
(拡大アリ)

山頂に到着。駐車場から、約2時間の行程。調子よく登ってきたつもりでしたが、意外に時間がかかった。

Mitumine16

北の方では雪が降っていたらしく、なんと、こちらまで風花が舞って来た。
景色も全然見えない…。

ちょっとだけ休んで、早々に下山。

Mitumine17

激しく雪が降っているみたいに見えるが、あくまでカザハナ。
山を降りるにつれ、収まってきました。

Mitumine18

帰路ではルートを少し変え、三峰沼(人造湖)に寄りました。

河内神社近くまで降りてきたところで「パラグライダー離陸場」という看板のあるわき道を見つけました。徒歩一分と書いてあったので、行ってみると…

Mitumine19w
(拡大)

すごく、いい景色!
今回の登山の中で、一番いい景色じゃないか。

Mitumine20w
(拡大)

山頂よりも、登ってすぐのここが一番良い景色だったというオチ…。

ちなみに、ほこらのスロープカーはここに繋がってました。
パラグライダーの機材運搬用だったようです。

あまりキツイ登山だった気はしないのですが、さすがに距離が長かったせいか、翌日からしばらく足(特にひざ)にダメージが残りました…。ちょっと急いで登り下りしすぎたのかもしれない。

(2014.11.27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネギサミット

群馬県下仁田町は、ネギ(とコンニャク)の名産地。

去年は、「下仁田ネギ祭り」ってのをやってましたが、今年は全国的なイベント(らしい)

全国ネギサミットinぐんま下仁田」というのを開催してました。

Negis01

アドバルーンって、なんか懐かしい感じがするな。

Negis02

土曜日の午前中、すでに人がずいぶん集まってました。

群馬はもちろん、埼玉、埼玉、京都、秋田、愛知など…全国18箇所からネギ自慢が集まって、アピールしたり物販したり…というイベントみたいです。

Negis04

試食、下仁田ネギ焼き。美味しかったです。

Negis03

深谷ねぎ焼き。一本100円。
ネギって、火が通ってないところは辛く、火が通ると甘くなるんですね。
境目辺りが一番美味しい。

試食やら、安価な名物料理やらがいっぱいあって、ネギばっかり大量に食べてしまった…。

Negis05

ネギでないものも食べましたが。
イチオシのステーキレストランGGCの「ぐんまちゃんバーガー」。
上州牛と上州麦豚のメンチが超美味!

ゆるキャラも、色々きてました。

Negis07

下仁田ネギのキャラ「ねぎ坊」。
この間は抜け殻だったが、今回はちゃんと中身がある。

Negis08

下仁田こんにゃくのキャラ「にゃくっち」。
(ネギのキャラじゃないけど…)

Negis09

茨城のネギヒーロー「ネッキーマン」だそうです。なかなかポーズも決まって、カッコいいじゃん。持ってる武器がネギだけど。

Negis10

ぐんまちゃんとツーショットで、ファンサービス。

Negis06

深谷のふっかちゃんは、この日は来てませんでした。
翌日は来たかもしれない。

Negis12

岐阜の徳田ねぎのキャラ、「ねぎっちょ」。
うわーゆるいなぁ。これぞ、ゆるキャラって感じだ。

Negis14

なぜか、ネギと関係ないダークサイドの人が…。

群馬の「上州ねぎ」(下仁田ネギと長ネギの配合品種らしい)と、福島の「阿久津曲がりねぎ」を買って帰りました。
阿久津曲がりねぎを焼いて食べたら、大変美味しかったです。

(2014.11.23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Android5.0アップデートで、Adobe Airアプリが削除される(追記あり)

わが愛機(スマホ)はNEXUS5なので、最新OSであるAndroid5.0をいち早く使う特権が与えられていました。

ネットでざっと見たところ、大きな問題もなさそうだったので、つい昨日、思い切ってインストールしてみました!

そこそこ長い時間をかけてインストールが完了し、パッと見問題なさそうなことを確認してその日は就寝したのですが…。

今朝になってスマホを見直してみると…自作Airアプリがすべて消失している ことに気付きました!!

GooglePlayにアクセスしてみると、インストールしてあるはずのアプリが、未インストール扱いになっている。

再インストールをしようとしても、エラーとなりインストールできない!
Googleドライブに置いてあったapkをインストールしようとしても同じエラーが!

八方塞がり、再起不能状態。

急いでネットで調べてみたところ…かろうじて情報を発見しました。

まずこちらを発見。

Android 5 lollipop update remove all AIR apps
(Adobe Airの本家サイト。英語)

わあ、そのまんまだ。
エラー状況(505エラー)など、まさに同じ現象について言及されてます。
Adobeの人の回答もあるのですがイマイチ要領を得ず(英語なので、ざっとしか把握してませんが)、「Googleに対処をお願いしている」というような結論に見えます。

もう少し検索を続けたところ、ようやく日本語記事も発見できました。

【速報】Android 5.0アプデは待った!複数アプリが消える・再インストールできなくなる不具合
(スマホ口コミ評価速報 2014.11.20)

「OTAアップデート後、一部アプリが勝手に消え、再インストールもできないというかなり深刻な不具合が発生しているようです。具体的に影響を受けているのは、Adobe Airというアプリ開発ツールを使って作られたアプリで(以下略)」(引用)

まさに、今日のニュースです…。

この記事を見てたらインストールしなかったのに…でも、数日前に発表されていたとしても、それほど大きく扱われないだろうし、目には留まらなかったろうな…。

ただし、これによると、

「Android 5.0にOTAアップデートをする前にインストールしてあったアプリのみで発生しているようで、初めてくインストールをする場合や、初期が後にインストールをする場合には問題がない模様です。」(引用 ママ)

要は、アップデート前にインストールしていたAIRアプリに関してのみ問題が起こり、アップデート後にインストールする場合は問題ないようです。

試しに、既存AirアプリのIDなどを変更して(別アプリとして)パブリッシュしてみたところ、確かにインストールできました。

ということで、Airアプリが完全にアウト…ということでもないと判明はしましたが…

…これでは全然解決になってません!!!

これまでに、私のアプリをDLしてくださった人は、OS5.0にすると以後プレイ不可能ということになります。

自分でアプリを作成する際の実機テストでも、いちいちIDなんかを変えてインストールするとか、やってられません。

それに、無料アプリならまだしも、Google Playには有料のAirアプリも存在するんじゃないですかね? それが起動できなくなるとしたら大問題では?

最悪、OSをダウングレードする手もありそうですが、ネットで調べると、それにも少なからぬリスクはあるようです(第一、面倒くさいし)。

先の記事では、「現在、GoogleとAdobeが調査中とのこと」とありました。
早急に対処して欲しいものです。

まあね、世間的にはAirアプリを使っている人間なんて少数派だろうし、瑣末なことなのかもしれないですが…私にとっては大問題なんですよ。

最近、別のことでもAir(Flash)に不安も感じて、Eclipseなんかも少しかじり始めているのですが…このままだったら本当にAirを見限りますよ。
(でも、Eclipseだと、iPhoneやPC用アプリとして兼用できないからなあ…その意味でもFlashはいいツールなんですよ。)

本当、至急ナントカしてください、Google様、Adobe様。
(拡散希望…)

-----

ちなみに、Android5.0については、まだ正当な評価はできてません(それどころじゃなかったし)。
少なくとも「セルスタンバイ問題」は解決してないようですね…。

(2014.11.20)

(追記)
経過
Adobe AIR and Adobe Flash Player Team Blog
パッチが出たらしいが、Flash Cs6に対応してるのかな…。
試してないけど、対応してない気がする…。

"Adobe is working with Google to fix these issues as soon as possible"(引用)

(追記)
AndroidOSアップデート(5.0.1)が来て、問題は解消しました!!!
消えたアプリも、アプリ更新とともに自動的に復活しました。
とりあえず、良かった。

(2014.12.19)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ある日の街・衝撃写真三連発

[ 崩落 ]

Tcity02

今年の雪で屋根が崩落した、アーケードの今。
(群馬県高崎市中央銀座通り)
屋根は再建せず、骨組みは除かず。
もう、こういうものと割り切っているようだ。
ある種、トマソン。

[ 抜け殻 ]

Tcity01

ゆるキャラグランプリ1532位だったからって、この扱いは酷すぎる…。

下仁田のゆるキャラ「ねぎ坊」…の抜け殻。

この後、だれかが着るのかなと思ってたら、昼中ずっとこのまま放置だった…。

[ 秘密の部屋 ]

Tcity03

「2年目が 始まる!」

…って、もう10年間このままだよ…。

(2014.11.17)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲームにそんな影響力はねえ

ゲームの話題をもっと増やしたいと思うのだが、なかなかネタが無いんだよね…。

今回はたまたま、気になるゲーム絡みの記事が。

映画やゲームの暴力描写と実際の暴力発生率との関連性はない
(2014.11.12 Slashdot)
「Stetson大学が行った2つの研究によれば、暴力を描写した映画やゲームなどのメディアの消費と、実社会における暴力発生率増加との関連性がないことが分かったとのこと。」(引用)

「暴力ゲームを遊ぶと暴力的になる」説は根強いですが、これを否定する説です。
まあ、今までも、同様の説は時々出てはいましたけど、なかなか浸透しない。
ゲームに、そんなたいそうな影響力は、無いですよ。

いや、まったく影響が無い、とは言いません。
影響を受けた犯罪だって、稀にはあるでしょう。

たまたまこんな記事が。映画の話ですが。
実際の犯罪を誘発したと言われている10の映画とその犯罪事例
(2014.11.12 カラパイア)

でも、影響力で言えば、映画やゲームより「本」の方が、絶対大きいはずです。

思想犯や原理主義者の大部分は、映画やゲームではなく「本」の影響を受けている。
断言。

もうひとつ気になる記事が。

3D画像、6歳未満は「視聴避けるべき
(2014.11.07 AFP)

「フランス食品環境労働衛生安全庁(ANSES)は6日、映画やコンピューター、ゲームなどの3D(3次元)画像が成長途上の目に及ぼす影響について研究した結果、3D画像の視聴は6歳未満の子どもは避けさせるべきで、また13歳までは「控えめ」にすべきだとする勧告を発表した。」(引用)

ゲームで3Dっていうと、真っ先に3DSが頭に浮かびます。
そもそも、任天堂自体も、幼児の使用は推奨してはいないようですけどね…。

「子どもに3Dが良くない」っていう説は、自分的には、ちょっと解せない。

根拠としては、以下のようなことらしいですが…。

「ディスプレー上の3D画像を見る際には3D効果の認識プロセスが異なり、目は別の場所にある二つの画像に同時に焦点を合わせなければならず、その後、脳が二つの画像を一つの画像として統合し認識する。」(引用)

翻訳が悪いのかもしれないが、全然意味がわからない。(というか、微妙に文章がおかしくない?)

3D映像を見るプロセスが、実際の立体物を見るのとは違う…というのはまあ、理解可能ではあるが…。
でも、それがそれほど恐るべきことなんだろうか。

その意味で行けば、「2D映像(テレビなど)」は、明らかに実際の物を見るのとは違うプロセスだけど、そっちは大丈夫なんすかね?

一昔前には、「小さい子どもに、テレビを見せるのは良くない」みたいな説もあったのでは? まー、いつの時代も新しいモノは糾弾されやすいですよね。

いや、こちらについても、まったく影響が無い、とは言いませんよ。
何らかの影響はあってもおかしくはないでしょう。

でも結局は、それに費やす時間の問題なんじゃないでしょうか。
3Dにしろテレビにしろ、ぶっ続けで何時間も見せたらマズイってことじゃないかと。
時間を限れば、問題ないと思いますけどね。

特に3Dはまだ一般的になって間もないものですから、実際に悪影響が出た例などはないと思えます(単なる想像でしかない)。

もしこれから、幼少時に3DSを遊んでいた子どもが、成長して空間認識力に劣るようになる…というような実例が出たら、その時に初めて信じますよ。(出ない気はするけどな)

(2014.11.13)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お前はまだグンマを知らない

群馬の真実を描いた、衝撃の問題作(笑)。

群馬県の書店では結構イチオシされていて、ポスターが貼られたり、ワゴンに平積みされていたりしてます。

Omaegunma01

(ポスター)

と、そんなこともあって、だいぶ前から存在は知っていたのですが、なかなか食指が伸びてませんでした。

が、ある日、群馬の超超マイナー博物館「高崎市民族資料館」に行った際…

Rekimin02

すげー丁寧な色紙があって、ビックリ。職員の方に聞いてみると、

「この漫画家さん、うちによく来るんですよ。来館者ノートにもコメントよく書いてますよ」
(色紙に書いてあることも、来館者ノートに書いてあることも超マニアック…)

うわっ! この人、本物(?)だ!
こんなマイナー博物館に何度も訪れるような人が、(自分の他にも)存在するなんて…

Rekimin01

(ちなみに、この時は、機織り技術を紹介する展示をやってました。製糸~機織の行程を始めて具体的に知ったです…。ためになるなあ)

…ってことで、俄然このマンガ(と作者の井田ヒロトさん)に興味が出てきてしまい、速攻で1,2巻を買って、読んでしまいました。

いやあ、個人的には面白かったです。
確かに「上毛カルタ」ネタとか、「起立、注目、礼」とか「運動会の組み分け」とか、群馬の人なら誰でも「そうそう」と言ってしまう、ゆるい群馬あるあるネタが主体なんですが…。
私レベルでは初めて聞くような(特に群馬の歴史系の)マニアックなネタまであったりして、さすが民族資料館に通うだけのことはある、作者の方の知識とリサーチに感服してしまいました。

以前読んだ、「世界最後の魔境 群馬県から来た少女」も、似たようなテーマの小説(ラノベ)でしたが、あっちの方が荒唐無稽度、ナンセンス度は高く、例えるなら「ザッカー兄弟の映画」的なノリでしたね。
一方「グンマを知らない」の方は、群馬県ネタ版の「聖おにいさん」的な印象かな。ギャグはギャグでも、もう少し荒唐無稽度は抑え目な感じ。こちらの方が、一般的にはとっつきやすい気はしました。

しかし、群馬県外の人が読んでも面白いと思うのかな…ちょっと未知数ですね。
作者の方は、県外で生まれて少年時代に群馬に越してきたそうで、県外の人の視点も持ち合わせているとは思えますが。
(ずっと県内にいたら、それがヘンなことなのかどうかもわからんでしょう。ちなみに、自分も子ども時代に一時、県外に住んだことがあるので「起立、注目、礼」が群馬だけということなども、知ってはいました…)

あと、内容に一点、ツッコミを入れるとすると…

栃木の人は、群馬県をライバル視なんかしてないぞ、多分。 栃木のライバルは茨城であって、群馬なんかアウトオブ眼中だと思う…。
(そのせいもあってか、2巻の白衣観音のくだりはちょっと空回りの感があったなあ…)

…3巻出たら買います。

-----

ついでの群馬ネタ。

[ キングオブパスタ2014 ]

群馬県高崎市は、「パスタの街」を自称しています(参照)。
そして毎年、「キングオブパスタ」というイベントが開催されています。

先日11/9、今年のキングオブパスタに行ってきました。

市内のイベント広場的な場所で行われたのですが、11時頃に行ったらもう、人がビッシリ。12時過ぎには、会場に入場制限がかかってました。すごい盛況っぷり。

Kop14_02

全15店が出店していました。行ったことのある店もあり、無い店もあり。
1500円でチケットを買うと、小さな椀で5箇所のパスタを食べることができます。

Kop14_05

例えば、こんな感じ。

ル・シーニュの「チーズケース仕上げのスパゲッティ県産麦豚とごぼう辛揚げ我家風」(長ェ)。
美味しかったです。

中で一番美味しかったものに投票でき、後にその結果で今年のキングオブパスタが決まります。

大混雑の中、午後から雨が降りだしちゃったりして、プチパニックな感じでしたが(私はちょっと早めに行って、入場制限も雨もギリギリ免れました)。

近くでは、「高崎菓子祭り」なんてのも同時開催されていて、そちらも大盛況でしたね。

(2014.11.10)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レトロアーケードゲーム

奇しくも、前回に続いてレトロゲームの話題だッ!

[ 喫茶のテーブル ]

去年の中之条ビエンナーレに行った際、駅前にイイ雰囲気の喫茶店があって、行ってみたいなあと思っていたのですが…

先日、たまたま近くに行く機会があったので、寄ってみました。

Caro01

すると、店内で思わぬ出会いが。

Caro02

オオーッ! 懐かしいテーブルゲーム台じゃないですか!

思わず、ここに着席。

レバーが上向きに付いているタイプではあるものの、それにしても珍しく懐かしい。

ゲーム自体は「テトリス2」で、それほど古くない。(ちなみに、もう一台あって、そっちはテトリスだった)

店のマスターに、「これ、遊べるんですか?」と聞いたところ、

「電源は入るんだけど、お金入れるところの鍵を無くしちゃって、お金が詰ってるんだよねー」というお答え(笑)。

うーむ、残念。

「インベーダーのころは、コレで大儲けしたねー。一ヶ月で百万円くらい儲かったかねー」と、思い出話も聞かせてくれました。

喫茶店は40年以上やっているという話でした。ゲーム機自体は、インベーダーの頃とは代替わりしてるでしょうけど、それでも古いものですね。もはや普通のテーブル(かつ骨董品)の役割しかなそうでしたが。

なんか、私も最近、無性にゲームのテーブル台が欲しくなってきて、時々ネットで検索したりしてるんですけどね。
まあ、本当に買うかといわれると…家の広くもない部屋に、結構重くてデカイ、ブラウン管付きテーブルを据え付けることを考えると、やや躊躇しますが…。

あ、そうそう。
喫茶店で飲んだ、バナナジュースはたいへん美味しかったです。

-----

[ The Internet Arcade ]

1970~90年代のレトロなアーケードゲームがブラウザでプレイし放題な「The Internet Arcade」
(2014.11.4 GIGAZINE)

「インターネット上に存在する過去の情報をアーカイブ化して保存・公開している非営利団体「インターネット・アーカイブ」が、ブラウザでプレイできる1970年代~1990年までのアーケードゲームを大量に公開しました。」(引用)

これはすごい。
レトロアーケードゲームが、ブラウザで無料で遊べるそうだ。
現在ラインナップは900タイトル以上とのこと。洋ゲーが多そうですが、ナムコ、タイトー、セガなど日本のメーカーのゲームもあります。

実際に遊んでみました。
まず、IEとサファリでは動作しませんでした…。一応、対応はしてるみたいなので、うちの環境の問題かも。

Chromeで動作しました。速度に関しては問題ないですね。速度は問題ないものもあり、中には遅くなるものもありでした。サウンドがうまく出ないゲームもありました。

公にこういうサービスが登場してくれるのは、個人的には大変うれしいですね。
映像作品や家庭用ゲームなどであれば、なんらかの形で昔の作品に触れることも可能ですが、アーケードゲームに関しては(家庭用に移植などされなければ)、永遠に触れることができなくなってしまいます。
なので、国会図書館的な意味合いでも、こういうサービスは存在すべきと思っています。

…が、実際、このInternet Arcade、本当に著作権関係って、クリアなんですかね…。
(根っこが「MAME」みたいだし、「クレイジーコング」とかラインナップされてるし…)

ギガジンでも、特に問題ありそうなことは書かれていませんでしたが(逆に、権利的にクリアともはっきり書いてなかったが)…。

問題ないことを祈りつつ、もっともっとタイトルが増えて、当時のタイトルを網羅するようになって欲しいです。
(そして、サウンドもちゃんと再生できるようにして欲しい)

(2014.11.6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リブルラブルSFC

ゆるキャラグランプリ2014、ぐんまちゃん優勝! おめでとう!

さすがに、これで今年ダメだったら…ねえ。まあ、よかったよかった。

来年は、誰に入れようかな…。「いたくらん」か「なんしいちゃん」かな(期待薄)。

-----

ある時、突然、無性に「リブルラブル」を遊びたくなり…

そーいえば昔SFC(スーパーファミコン)版が出てたな…と思い出し、amazonで衝動買い…。

(namcoの過去の名作は、PSやPSPで出ていて持っているが、それらにはリブルラブルはラインナップされていない。)

実は当時、amazon検索で2000円くらいで出品されているものを見つけて、私はそれを買いました。
今見たら、それはもう無くなってるみたいですね。意外にレア物だったのか?

ツッコミをされる前に書いておくと、リブルラブルはwiiのバーチャルコンソールでも出ているらしいです。
映像で見る限り、wii版の方が再現度も高そうですし、本来ならそちらを選択すべきところなのですが…。
私がwiiを持ってないので…選択肢には入らなかった次第。

…ということで、今更(1994年発売だそうで)ながらの、レビューです。

Libblerabble01

パッケージ。いいですね!
パッケージソフトにはDLアプリには無い、コレクター性がある。

Libblerabble02

裏面。キャラクター大集合。主役はいないが。(ただの「矢印」だからな)

Libblerabble03

マニュアルと、コントローラーにつけるオマケ。。
リブルラブルは、本来レバー二本で操作するゲームなので…
スーファミコントローラーのボタン側にこれを取り付けて、操作しやすくするためのオマケです。
ただし、これはこれで操作しにくかった…。

Libblerabble04

マニュアルは、通常の遊び方説明の他に、かつて配布されていたミニ本「バシシBOOK」の内容と、「バシシマーカー」のコピーも掲載されていました。マニアック~。
(ちなみに、「バシシBOOK」の実物もまだ持ってますよ)

で、ゲームの内容に関してですが…

SFCとしては、まあ良くできてます。
リブルラブルを遊びたかった欲求はかなり満たされました。

ただ、まず操作がしにくいですね。特にボタンでの8方向操作はてこずりました。
でも、遊べないことは無いです。

コンフィグ(ディップスイッチの体裁)で、「ノーマル」と「アーケード」を選べますが、ノーマルを選ぶと難度がかなり易しくなって(キラーやチェンジャーがなかなか出てこない、など)、この操作系でもだいぶ遊びやすくなります。

実際、これでプレイして、1700000点、40ステージまでいって、キリが無いので自滅して終わるまで遊べました。(バシシ回数は16以上で数もわからず)

難度以外でも、キャラの動きや、宝物の出現確率なども、アーケードとは違うようです。高額の宝物が出にくいのは(ゲーム的にはバランスが取れているかもしれないが)、いまひとつカタルシスに欠けますね。40ステージまでで、ようやくブライトクリスタルとシルバークラウンが2回出たくらい。ゴールドクラウンと、なぜかアメジストブローチも、一回も出ませんでした。

あと、サウンド(曲)が、ビミョーに違う。
アーケード版の方がキレイに聞こえます。音源はSFCの方が、良いはずなんですけどね。
でも、これもアレンジ版として聞くと、これはこれで良いかもしれない。本物は死ぬほど聞いたので、ちょっと耳新しい感じもして、良いのです。
かつてPCエンジンの移植版のスペースハリアーやアウトランや源平闘魔伝のサウンドが、それはそれでよい感じに聞こえたのと同じですかね。

ノーマルモードで高得点を出したところ(実際の条件はわからない)、スペシャルモードを遊ぶためのコマンドが表示されました。
何がスペシャルなのかな、と思ってためしに少し遊んでみたら、「奇跡」の種類が増えてました!
「FRUITS]「SEASON」「TOYPOP」など、アーケードには無い絵が!なかなかうれしいオマケをつけてくれたじゃないですか。
これから新しい奇跡を全部見てみたいと思ってます。

また懐古趣味というか、後ろ向きな時間を過ごしてしまいました。
(いや、新しいゲームも遊んでますよ。スマブラとか)

(2014.11.3)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »