« 最近買った本 | トップページ | ダチョウ牧場 »

日本の謙虚

「虚構新聞」をよく読んでます。

いつも面白いんですが、2015.02.17の記事には「上手いなあ…」と感心させられてしまいました。

日本の「謙虚」、海外アピールに200億計上

まあ、虚構新聞なので、嘘ニュースなのは前提なのですが…。

流して読んだだけでも、単に「日本が謙虚さを海外にアピールするのに200億円使う」というのがバカバカしくて面白い。

ですが、記事に添えられている写真を見ると、この記事の真意が見える…気がします。

(あくまで以下は勝手な憶測)

記事の写真は、これでもかとばかりに日本自慢が書かれた、雑誌の吊り広告(かな?)。

そう、最近の日本は、全然謙虚なんかじゃない…という皮肉です。

最近、やたらあちこちで日本自慢を目にする気がします。

テレビでも「こんなところにスゴイ日本人」とか「日本のスゴイ技術」とか、外国人に日本の良い所を語らせる番組とか…。

ネットでも、最近そういう記事をよく見ます。

私も、そんな番組や記事を見ると嬉しくなるんですけどね。

確かに、日本は良い国なんですよ。

治安がいい。些細な事で暴動や略奪など起きない。安価な食べ物が美味しい。アニメやフィギュアなどの独特のエンターテイメントが充実…。

そんな細かいことは抜きにしても、「平均寿命が世界一高い」という統計が、日本の素晴らしさを数字で証明してます。
平均寿命というのは、殺人や、病死や、自殺も含めた上での平均値が高いことを示してますからね。

ですが、何から何まで他国を凌駕してる…ってことでもないですよね。

と考えると、ことさら自慢したり、褒められて有頂天になっているのは、傍から見てちょっとイタイんじゃないか…と若干心配になってきます。

例えばある人がいて、賞を取ったこととか、身内に有名人がいることを自慢しまくってたり、褒められていい気になってたら、ちょっと寒くないですかね。

まあ、最近の日本は確かに、自慢しているというより褒められてる感じです。
でも、そんな記事ばかり見てると、勘違いしてみんな増長してしまわないかな。

日本が褒められたからといって、自分が褒められてるわけじゃないですからね。

それに、いつ何のきっかけで、サゲが来るかわかりませんよ。

若い人は知らないかもしれないが、80年代~バブルの頃、世界で日本人が煙たがられてた時代がありましたからね。(日本が世界で色んな物を買いまくったりしていた)

褒められている時こそ、一歩引いて、悪い部分を見直すのも良いんじゃないかな。

自信のない人に限って、あらゆることで勝ちたがるきらいがある。

自虐ができる人ほど、本当に自分の良さを信じてるんだなと思えます。
(島本和彦さんが、アオイホノオで過去の自分を自虐的に描くように…)

あるいは、褒められることは素直に喜んでおきましょう。
代わりに、他の国を倍褒めてあげれば良いんです。

自慢は、イタイですよ…。
このBlogがしばしばイタイってのも、自分でよくわかってます…。

(2015.2.20)

|

« 最近買った本 | トップページ | ダチョウ牧場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/61164297

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の謙虚:

« 最近買った本 | トップページ | ダチョウ牧場 »