« 四国・高知・2 | トップページ | 岩船山 »

「あの神」の名はメジェド??

2012年、「大英博物館エジプト展」に行った記事を書きました。

その際、世界最長の「死者の書」、グリーンフィールド・パピルスに不思議な人物像が描かれているのを見ました…

その再現図がコレ↓(当時の絵を再掲)

Egypt

展示の説明では「正体不明の人物(あるいは神)」としか書かれていませんでしたが…

これ「メジェド」というらしいですね。いつの間にか、これがずいぶんメジャーになっているのを知りました。

当時、名前がわからなかったので検索もしようがなかったですが、今や「メジェド」で検索すると、たくさん画像が出てきます。

どうです? かなり再現度高かったでしょう(笑)? 
決して絵がヘタなわけではないと、わかっていただけたでしょうか。

当時「マスコット化してほしい」なんて書きましたが、本当にマスコット化されそうな勢いですね…。

しかし、この神の名前、本当に「メジェド」なのか?
当時の展示では、名称不明と書かれていたし…出典はどこなんだろう。

ちなみに、"Medjed"で検索してWikipediaを見ると、一応それらしい説明も出るのですが、それといっしょに…

"As of 2014, this depiction has appeared in Japanese popular culture as an Internet meme and, for instance, as a character in video games."

と書かれてました。

2014年の日本のゲームか何かで扱われたのが発端みたいに読めるんですが…。

…しかし、2014年って、認知されたのは意外と最近じゃないですか。

くそー、ここで書いたのは2年も早かったぞ。なんかくやしいな(笑)。

まあ、要は当研究所(Blog)を見てる人の数が少ないのが、一番の問題なわけですが(苦笑)。

(2015.4.24)

|

« 四国・高知・2 | トップページ | 岩船山 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/61488913

この記事へのトラックバック一覧です: 「あの神」の名はメジェド??:

« 四国・高知・2 | トップページ | 岩船山 »