« 福島・1 | トップページ | 福島・2 »

妖怪画の系譜

「百鬼解読」という本を読みました。

その序文で、鳥山石燕のことについて書かれていました。

石燕といえば、妖怪絵師として有名ですね。かつて自分も集めていた、海洋堂の妖怪フィギュアも、石燕の絵を原典としていました。

Youkai

妖怪フィギュア、「狂骨」。
これも石燕のデザインによるもの。石燕は、伝承の妖怪画を描いただけでなく、多くのオリジナル妖怪も創りだしました。上記の狂骨もそうですし、けうけげん、えんらえんら、雲外鏡なども石燕の創作のようです。(wikipedia鳥山石燕の妖怪

妖怪絵師といえば、水木しげる大先生ですが…
水木先生の妖怪の絵には、石燕を元にしているものも多い…というのも有名な話ですね。石燕は妖怪画の開祖的な人だったわけです。

と、そこまでは、私も知っていました。

しかし、その石燕の絵にも、さらに原典があったのだそうです。
(「和漢三才図会」「山海経」の中国の妖怪はまた別として)

石燕に先んじて、やはり江戸時代の画家、佐脇嵩之(さわきすうし)が「百怪図鑑」という妖怪画集を描いていて、石燕はその中の妖怪デザインをわりとそのまま使っています。しょうけら、ひょうすべ、ぬらりひょんなど…。

さらに、その佐脇嵩之の絵もオリジナルではなく、狩野派の祖、狩野元信による化物絵の模写なのだそうです。

ということで、現代までの妖怪画の系譜をまとめると…

・ 狩野元信

・ 佐脇嵩之

・ 鳥山石燕

・ 水木しげる

・ レベルファイブ

…ということになりますね。

-----

最後はオチですが…

でも、われわれ世代(?)の妖怪画の源泉が水木先生ということであれば、今のお子様たちのそれが妖怪ウォッチであっても、なんら不思議はないですね。

妖怪ウォッチのことは以前 も書きましたが…私も妖怪ウォッチは好きで、今は(遅ればせながら)「2」をプレイしています。エンデイングはとうに過ぎてプレイ時間も100時間を超えているのですが。

「2」では、「古典妖怪」といって、原典のある妖怪が出てくるようになりました。そのうちいくつかは石燕の妖怪です。けうけげん、えんらえんらなどもいますね。

今の子供達は、例えば「座敷わらし」と聞くと、妖怪ウォッチのあの絵(虫取り網を持った)を想像するんじゃないですかね。

座敷わらしの特徴も、アニメのエピソードのようなものだと思ってるんじゃないでしょうか。(私は最近アニメも見てるんですが…あれ、座敷わらしというより、レプラコーンか屋敷しもべ妖精ですよね…)

でも、まあ、妖怪なんてそんなもんですよね。

(2015.5.22)

|

« 福島・1 | トップページ | 福島・2 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

超常現象」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/61630140

この記事へのトラックバック一覧です: 妖怪画の系譜:

« 福島・1 | トップページ | 福島・2 »