« エムブレム問題 | トップページ | 旧軽井沢探訪 »

リトル・ブラザーズ

最近、傘を置引きされてしまいました…。
「間違い」は起こりにくい状況だったので、盗まれたとしか思えない。
高額では無いもののビニール傘ではなく、気に入っていた傘だったので、ちょっとショックでした。
「他人の傘くらいパクってもいいだろう」と思う輩が、まだこの日本にもいるということなのか…ガッカリ。

傘を盗まれたから言うわけじゃないですが、私は基本、防犯カメラ設置賛成派です。
防犯カメラに犯罪抑止効果はあると思ってます。

先般の中学生殺人事件でも防犯カメラが事件解決に貢献しました。もちろん、カメラがあってもその事件自体は防止できなかったわけですが…防犯カメラによる事件解決が数多く喧伝されれば、それで思いとどまる犯罪予備軍も、少なくないはず。

プライバシーの問題も、あまり気にしてません。不特定多数の目がある前提の場所(街中とか、商業施設内とか。トイレとか風呂場みたいな場所はNGですよ)なら、できる限り設置して欲しいくらい。仮に人に知られたくない状況を撮影されることがあっても、なにか問題さえなければ、タダの一市民の行動の録画など、誰にも見られることなく消されるだけでしょう。
防犯カメラによる誤認逮捕という話もあるらしいですが、カメラでなくても誤情報は存在するし、精度が高くなれば、そういうことも起こりにくくなっていくでしょう。

とはいえ…

新幹線客室内を「防犯カメラ」で常時録画 JR東・西、来年春から
(産経ニュース 2015.9.9)

「東海道新幹線放火事件を受け、JR東日本と西日本は9日、東北、秋田、山形、上越、北陸新幹線の客室内で、来年春から防犯カメラによる常時撮影と録画を順次開始すると発表した。」(引用)

さすがの私も、これはあまり意味ないだろうと思う…。
あの放火犯は、カメラで見られていても躊躇しなかったろうし、常時監視していても、怪しいと思った時にはもう遅かったのではないかと…。

ただまあ、望むと望まざるとに関わらず、防犯カメラは増えています。

あらゆる場所が監視されている世界…というと、SF小説「1984」の「ビッグ・ブラザー」を連想してしまいます。
(もっとも、1984は読んだけど、あまり内容覚えてない…。イングソックとかニュースピークというワードは記憶にあるんだけど)

それでも、前述したように、私はこの現在の監視社会を悪くないと思ってるわけです。
現在の日本では「ビッグ・ブラザー」を想像しにくいからかな…?

例えば、安保法案ごときを通すのに現政府が四苦八苦してる現実。ビッグ・ブラザーなら、なんの苦労もなく通せてるハズ。ちゃんと民主主義が機能してるってことかと。※

最近、むしろ怖いのは「ビッグ・ブラザー」より、巷の「リトル・ブラザーズ」の方ですね。

前に引用した、小池一夫さんのツイート然り。

どうも最近、世間に「正義の味方」がたくさんいて、他人の言動を監視している風に思えます。
で、ひと度「悪」(=監視者の気に食わないこと)と断定されると、徹底的に攻撃され、社会的に抹殺される…って感じ。これって、不特定多数による「ビッグ・ブラザー」と言えないこともない(なので、リトル・ブラザーズと呼んでみる)。

もちろん、「悪」を野放しにして良いと思うわけではないですが、一般に認知された事象であれば、法律での解決(裁判とか)に任せるべきではないかと。私刑はちょっとどうかなと。

それに「陰謀論的」に考えると…
不特定多数の意見と思われるものも、実は特定のオピニオンリーダーや、アジテーターの意見に踊らされているだけかもしれない。
で、その匿名オピニオンリーダーが、実は悪の組織(政府でも、企業でもいいですが)が創った、仮想人格だったら…。まさに、隠れたビッグ・ブラザー。

まあ、↑はジョークとしても、そういう私刑が、自分の身に降りかかる可能性も考えたいです。炎上に参加しておいて、いざ自分に降りかかった時に泣くってのはバカっぽいですからね。
そういう私自身も、言動には気を付けないとな…。

※私は安保法制、反対でもないのですが。ただ、反対派が多い(らしい)日本の現状も、これはこれで望ましい気もしてます。ラブ・アンド・ピース!って感じで。その辺は近隣諸国にもちゃんと評価してほしいですね。

(2015.9.11)

|

« エムブレム問題 | トップページ | 旧軽井沢探訪 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/62262439

この記事へのトラックバック一覧です: リトル・ブラザーズ:

« エムブレム問題 | トップページ | 旧軽井沢探訪 »