« 角地蔵 | トップページ | ドイツはボードゲームの国なのか確認する »

機上のゲーム2015

旅行に行ってました。戻りました。

旅行の件はいずれ書きたいと思いつつ…もう何度も話題にしてきた、いつものやつ…

飛行機のエンターテインメント機器の話です。

飛行機エンターテインメント機器のゲームって、スーパーファミコンの時代から、全然変わらないように見えるんですよね。

スーファミライクなコントローラーに、謎の「ケイブマン」が定番作だったりして…世のゲーム市場の流れと一線を画した、独自の世界を築いてます。

今回の旅でも、行きはお馴染みの機器でした。流石にもう、遊びませんでしたけどね。

…しかし、帰りの飛行機…ルフトハンザだったのですが…

なんと、エンターテインメント機器が進化してたのです!

Lfthnz01

旧来の機器のような、コントローラーは付属していません!

タブレットのように、すべてタッチパネルで操作します!

静電式なのか、スワイプ操作にも対応!

画面デザインも、なんかオシャレで今風!

初めて見ましたよ、このタイプ! ようやく、進化したんですねぇ!

(まあ、私が見たのが初めてなだけで、もっと前からあったのかもしれないけど)

Lfthnz02

収録されているゲームも、変わっていました!

ケイブマンは、ありませんでした……さらば、ケイブマン!!

定番のオセロやチェスみたいなのは、相変わらずありましたけど、あとは旧来の機器に無かったようなものばかりが。

おっ! これはちょっと面白そうだぞ!

Lfthnz09

おお、アクションゲームというか、チェイスゲームの類のようだ。

Lfthnz03

おお、いい感じ!
プレイヤーキャラを動かして、敵を銃で倒しながら、何かを探すゲームのようだ。
モチーフとしては古臭いが、私は嫌いじゃない。
よし、プレイだ!

画面左の十字ボタンをタッチして移動操作か。

…………

…うまく動かせない。 …行きたい方向に行けない。 

ほとんど何もできないまま、敵に撃たれて死亡…。

…だよなあ。

タッチパネルで4方向移動の操作って、やりにくいですよ。
まして、垂直に設置されてる画面をタッチして操作なんて。

数回プレイしましたが、操作に慣れることはできず…終了。

うーん、企画倒れでしたね。
旧来のコントローラーだったら、ゲームになっていたと思うのですが。

その他のゲームもいくつか試してみたのですが-アイテム探しゲームとか、同じアイコンを線で繋げるゲームとか-なんか、どれもイマイチ面白くなかったです…。

なぜ、このチョイスなんだろうか。スマホのフリーでももっと面白いゲーム、あるだろうに。せっかくタッチパネルなんだから、アングリーバード的なゲームとか、合ってるんじゃないかと思うんですがね…。

まあ、今回は、新しい機器が見られただけでも良しとして、新たな進化に期待しよう。


ゲームネタ繋がりで。

羽田空港の国際線ターミナルって、初めて行ったんじゃないかと思いますが、そこにこんなものがありました。

Lfthnz08

フライトシミュレータ。

200円で、5分間遊べます。

Lfthnz05

飛行機の外観をした物や、↑のような物など、数タイプありました。コースと難度の違いがあるようです。

3画面に、操縦桿やラダーペダルなど、なかなかリアルな操縦体験ができそう。

Lfthnz07

中級コースを遊んでみました。

離陸~着陸が体験できます。
着陸は操作がなかなか難しかったですが、なんとか成功しました。
臨場感たっぷりで、面白かったです。
(まあ、画面だけであれば、持っているPS2版の「ジェットでGO!」でも充分リアルで面白いですけど)

ただ…離陸の際に、上空に行ってから何をやっていいかよくわからず(実際は着陸時間まで単に自由に飛んでれば良いだけだった)、失速して地面に衝突してしまったのですが、特に爆発したりはせず、地面にめりこんではポコッと地上に戻されて、まためり込んで戻されて…と、不可解な挙動をしてました

リアルにクラッシュ演出をしたりすると、ちょっと問題あるんでしょうね…空港だけに。

(2015.10.23)

|

« 角地蔵 | トップページ | ドイツはボードゲームの国なのか確認する »

ゲーム」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/62530330

この記事へのトラックバック一覧です: 機上のゲーム2015:

« 角地蔵 | トップページ | ドイツはボードゲームの国なのか確認する »