« Flashがこの世から消えるだと… | トップページ | ドイツ適当旅行・1 »

バジリスクの像

ドイツ旅行の話を、ぼちぼち書こうと思ってます。

が、その前に、ちょっとしたこぼれ話その2。

(「その1 「ドイツはボードゲームの国なのか」)

その1の時にも出てきた、ミュンヘンの新市庁舎前、マリエン広場。

Muchen_basi02

その広場に、マリア像を頂に持つ円柱が立っていました。

周りで工事かなにかをしていて、ちょっと見にくかったのですが…

Muchen_basi03w
(クリック拡大)

円柱の基部には、4つの「怪獣を倒す天使」の像がありました。

↑は、ドラゴンと大蛇。

Muchen_basi04

反対側、右はライオン。

そして、その左は…。

ん? これは??

Muchen_basi06w
(クリック拡大)

わかりますでしょうか?

ニワトリの頭に、ヘビの尻尾。

ファンタジーRPGではおなじみの怪物、「コカトリス」ではないか!?

Muchen_basi07w
(クリック拡大)

天使の盾の部分に、ヒントがありそうだ…。

"ET BASILIS CUM"と読める。

バジリスク」だ!!

RPGの世界ではコカトリスとバジリスクは別物ですが、中世ではごっちゃというか同一のものを指していたようです。

「長い年月をくだるうちに、バジリスク(コッカトリスともいう)はますます醜く、おぞましいものとなり、今日では忘れ去られている。(中略)中世以来、それは鶏冠と、黄色の羽毛と、幅広い翼と、蛇の尾をもつ四本足の鶏となる。」
(ホルヘ・ルイス・ボルヘス 幻獣辞典「バジリスク」の項より引用)

バジリスクの像なんて、初めて見ました。こんなものが、あるんですね。しかも、こんな有名ドコロに。

Wikipediaで「マリエン広場」を調べると、説明がありました。

「4つのプットは、都市がいくつもの災難を克服する様子を象徴して、それぞれ異なった動物と戦っているところが彫られている:ライオンで戦争を、コカトリスでペストを、ドラゴンで飢饉を、ヘビで異説を象徴する」(引用)
(Wikipediaではコカトリスになってますね。ちなみにプットは、天使のことだそう)

しかし、ミュンヘンまで行ってこんなものに気づくなんて、私くらいのものだろう。フフフ…。

 


マリエン広場の近くには、他にもファンタジックなものがいくつかありました。

Muchen_basi08

同じ市庁舎の脇。

Muchen_basi09w
(クリック拡大)

ドラゴンが人々に襲いかかっているかのような彫刻。人々も逃げ惑っている。

竜の像はそれほど珍しくはないですが、これはかなりリアルでカッコイイ。

あと、ちょっと離れたところにある教会前に…

Muchen_basi10

悪魔を倒す大天使ミカエル。

ミカエルさんは、モンサンミシェルなどでもモチーフになってますが、この像では悪魔の造形がいかにも悪魔っぽくて恐ろしい。

と、このように、ドイツはファンタジーファンにも魅力的な所だったのでした。

そのドイツ旅行そのものについては、近々、乞うご期待。
(とか書いとかないと、なかなか思い切りがつかないので…)

(2015.12.8)

|

« Flashがこの世から消えるだと… | トップページ | ドイツ適当旅行・1 »

ゲーム」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/62833106

この記事へのトラックバック一覧です: バジリスクの像:

« Flashがこの世から消えるだと… | トップページ | ドイツ適当旅行・1 »