« 沼津港 | トップページ | 焼きまんじゅう・エボリューション »

あそぶ!ゲーム展

10月からやっていた、「あそぶ!ゲーム展 ステージ1:デジタルゲームの夜明け」にようやく行ってきました。

開催期間が長かったので余裕ぶっこいてたら、こんな時期になってしまいました。2/28までなので、うっかりすると行きそびれてしまうところ。

Asobgame01

場所は、埼玉県川口市。
「SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ 映像ミュージアム」。

入館料510円。

Asobgame02

ポスター。

Asobgame03

2/14にはインベーダーの大会をやるそうです。(エントリーは終わってます)

Asobgame04

映像ミュージアムの常設展を抜けて進むと、ゲーム展のエントランスに。

Asobgame14

展示の様子。美術館のような落ち着いた雰囲気。

けっこう子供連れの家族がやってきてますね。
ゲームはフリープレイで、子供たちが喜んで遊んでました。

…子供たち、こんな古いゲームで遊んで、楽しいのかな?

Asobgame05

「コンピュータースペース」

世界初の商業用ビデオゲーム。
動いてるのは初めて見ました。こんなゲームだったのか。

Asobgame06

「デスレース」

1976年アメリカのゲーム。
このゲーム、「死神が、車をグレムリンにぶつけて倒す」という設定らしいのだが、単純なドット絵なので、単に車で人を轢き殺すゲームに見え、「残酷だ」と大問題になったらしい。(しかも、「グレムリン」は開発中「歩行者」と呼ばれていたことがリークされ、さらに批判された)

日本にも輸入されたが、やはり問題になって、1ヶ月ほどで撤収されたらしい。なので、この展示はかなり貴重。

そういえば、当時(子供の頃)、「車で人を轢き殺すゲームが問題になった」という話を、警察官だった親から聞いたことを思い出しました。

それから何十年……初めてこのゲームの画面を見ることができました…。ある意味感動。

Asobgame07

デスレース、画面。

こんな感じなので…グレムリンとでも人とでも、なんとでも言える。

当時、このゲームが残酷だと問題になったわけですが…

今、「GTA」とか「ラストオブアス」とか、もっとリアルで残酷なゲームが遊べてしまうんですがね。(まあ、レーティングがあり、建前上子供は遊べないことになってますけどね)

Asobgame09

懐かしい、「スペースインベーダー」のテーブル筐体。

いいなあ、インテリアとして1台欲しい…。

カミサン(ゲームをあまり知らない)が、両側にコントローラーが付いているのを見て「インベーダーって、2人で遊ぶの?」と不思議がっていた。

2人では遊べません。1機やられる毎に交代交代で遊ぶのです。
考えてみると、意味不明な仕様ですね…。でも当時はそれが楽しかった。

Asobgame08

インベーダーの開発資料。
テキトーな原画が、ちょっと微笑ましいですね。

実は10年ほど前にも、恵比寿の写真美術館で同様のゲーム展があり、この資料は見たことがありました。
写真も撮ってあり、いつかネタにしようと思ってたのですが…遅かった。

Asobgame101

「平安京エイリアン」 。

久々に遊びましたが、これは今でも面白いなあ。
穴を掘って敵を埋める…この発想、当時にしても凄いと思う。

Asobgame11

パックマンの初期資料。これは初めて見ました。

よく見ると面白いことが書かれている。
当初企画では、ドットが3種類あり、大きいドットほど食べるのに時間がかかる…というシステムだったようです。パワーエサのことは書いてなさそう。その代わり、シャッターというギミックが想定されていたらしい。(レディバグとかロックンチェイスみたいだな)
そこから、どんな経緯でか、あの名作に変化したわけですね。
まさに「企画は1日にして成らず」ですねえ。

小学生がパックマンをプレイしていたが、すごく上手だった。
パックマン、遊んだことがあるのか?

Asobgame12

「ジャンプバグ」

独特の雰囲気のあるゲームですね。
当時、あまり好きではなく、上手くもなかったのですが…久々にプレイしたら、初めて1ステージクリアできました。(多分、難度が低く設定されていたのだろう)

Asobgame13

「ディグダグ」

このゲームは、私にとっての「神ゲー」ですね。
良いゲームのすべてが詰まっている。

今回のゲーム展は「STAGE1」ということで、このあたりまでの時代をフィーチャーしていました。

いずれ「STAGE2」が開催されるようです。また楽しみ。


「映像ミュージアム」は、常設展も面白かったです。

Asobgame15

映画「ジュマンジ」で使われたゲーム板。

Asobgame16

「スターシップトルーパーズ」で使われた模型。(全部CGだと思ってたが、模型も使われていたらしい)。

これは、「ロジャー・ヤング」ではなく、同型艦「ヤマモト」だそうだ。
(記憶にないが…DVDを見なおそうっと)

(2016.2.12)

 

|

« 沼津港 | トップページ | 焼きまんじゅう・エボリューション »

ゲーム」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なんか2/14までこんなのやっててYMOから細野晴臣つながりでXEVIOUSが展示されてたりしたらしいですよ。
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/TAM6-tokyo.html

https://twitter.com/nobi/status/698792058815787008

こういうのはこっちに引っ込んでからすっかり縁がなくなりましたが。

投稿: 深井 | 2016年2月19日 (金) 22時53分

うおお、知りませんでした。
現代芸術好きなので、ゼビウス関係なしでも展示として面白そう。
でも明日までか…ちょっと行けなそう。

私も埼玉に住んでた時は、MOTにもよく行ったんですけどね…。
群馬からではさすがに気軽に行けません…。

投稿: 適研所長 | 2016年2月20日 (土) 11時02分

ちゃいます。一週間前で終わってました。

投稿: 深井 | 2016年2月24日 (水) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/63197302

この記事へのトラックバック一覧です: あそぶ!ゲーム展:

« 沼津港 | トップページ | 焼きまんじゅう・エボリューション »