« たりもん | トップページ | 幻解!超常ファイル「陰謀論の闇に迫る」 »

鹿児島・2

別件をはさみましたが…鹿児島旅行の続きを書いておきます。

2泊したのですが、3日めは時間がほとんど無かったので、2日分をまとめて。

 


2日め。鹿児島市街からスタート。

[ 鹿児島市街 スポット]

Kagoshima20

鹿児島の街の朝。
道が広い。電柱がない。市電も走っている。

Kagoshima21

大久保利通像。
幕末がよく扱われる大河ドラマでは、レギュラーキャラですね。

Kagoshima22

そしてレギュラーキャラがもう一人。

中央公園近くの道路脇…近づいてみると…

Kagoshima23

西郷隆盛像!

上野の西郷さんとはちょっと違う雰囲気。
こんな場所にあったんですね、本家の西郷像は。

また少し移動して、城山へ。
そこにも西郷さんゆかりの地が。

[ 西郷隆盛洞窟 ]

Kagoshima25

西南戦争の際に、西郷さんが立てこもった洞窟だそうです。

このまま、城山の上へ。

[ 城山公園展望台 ]

この日は天気が良かったので、今度こそ桜島がいい感じで見れるはず…

Kagoshima26

ううう…。昨日よりは良いけど、やはり霞んでいる。というか、時間的に逆光になってしまっていた。

悔しいので、翌日こちらに戻った際に、再チャレンジしました(しつこい)。

Kagoshima37

おおっ! 山肌もハッキリ見えて、これはイイ感じだ! 

噴煙が上がっていたら、さらに嬉しかったのですが…。
(桜島って、けっこう頻繁に噴火するんですよね? 2015年12月はたまたま、しばらく噴火してないタイミングだったようです

よく見ると、ちょっとだけ湯気のようなものは出てます。
群馬で見える浅間山も、いつもこのくらいは煙が出てますけどね。

2日目はこの後、南下して指宿市へ向かいました。

で、途中池田湖に寄ったりしつつ…

ちょっと遅い昼食に、名物をいただく。

[ 唐船峡 そうめん流し ]

Kagoshima27

「流しそうめん」も食べたことはないのだけど、「そうめん流し」に初チャレンジ。

Kagoshima28

流しそうめんと何が違うかというと…指宿のそうめん流しとは、コレだ!

Kagoshima29

機械の中で、グルグルまわるヤツ。

うわ~楽しい(そしてバカっぽい!いい意味で)。

そうめんと、川魚と、おにぎりのセット。
こんな量食えるのか?と思ったら、意外とさらっと食べられてしまいました。

まあでも、旬は夏かな…。冬のそうめんはちょっと寒かった。(部屋は温かいんだけど)

Kagoshima30

菜の花畑と開聞岳。 均整の取れた美しい形状の山ですね。

さらに南下し…

[ 長崎鼻 ]

Kagoshima31

長崎鼻から、開聞岳。

Kagoshima32

灯台。

Kagoshima34

日本各地に竜宮伝説はありますが(群馬県にさえ…)、ここは竜宮伝説発祥の地として知られているそうです。

この日は、指宿のホテルに泊まって、砂むし風呂に入ったりしました。

Kagoshima42

砂むし会館の看板。
入ったのはここじゃないけど、いい絵なので。

3日目。

帰途。鹿児島空港に向かうため、北上。

Kagoshima36

フェニックスの立ち並ぶ道路。南国だなあ。アウトラン気分。

[ 旧鹿児島紡績所技師館」(異人館)]

Kagoshima38

日本初の西洋式紡績工場を指導するためにイギリスから招かれた技師たちの宿舎。
世界文化遺産です。

入館料200円。建物の中にも入りました。

その後、再び鹿児島空港へ向かう…

[ 西郷公園 ]

霧島市。空港の直前で、最後の観光。

Kagoshima40

巨大な西郷像があります。

Kagoshima39

ここ、「水曜どうでしょう」で、白熊対決をやった場所でした。
噴水が出てなかったのは残念。

鹿児島旅行はこれで終了。

群馬からではちょっと遠くて行きにくい鹿児島ですが、数十年ぶりの再訪は、見どころも多くて面白かったです。
桜島から煙が出てたら、なお良かったんだけどなあ~(まだ言うか)。

(2016.3.29)

|

« たりもん | トップページ | 幻解!超常ファイル「陰謀論の闇に迫る」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/63409548

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島・2:

« たりもん | トップページ | 幻解!超常ファイル「陰謀論の闇に迫る」 »