« 鹿児島・1 | トップページ | 鹿児島・2 »

たりもん

ちょっと前、面白い記事を見ました。

3億700万年前に実在した謎のモンスターの全体像が判明
(Gigazine 2016.3.17)

約5億4200万~2億5100万年前、古生代の海に生息していた奇妙な姿をした生物「トゥリモンストゥルム」。長い間、正体が判然としなかったのが、最近、明らかになったとのこと。

この化石は、群馬県の県立自然史博物館に展示されていて、以前もちょっと記事を書いたことがありました。

Shizenshi07

↑自然史博物館にある化石。

ターリー・モンスターとも呼ばれているらしい。

Shizenshi06

↑真ん中の細長いのがタリモン。

ヒレのような尾、長く伸びたクチバシのような口、体の中程から左右に突き出した目を持っています。
(Gigazineの記事にある想像図を見てください。かなり異様な姿です)

以前の記事では「無脊椎動物」と書いていました。多分、説明板か何かにそう書いてあったのだと思います。私は、軟体動物(イカとか)に近いものだと想像してました。

しかし、今回明らかになった所によると、このタリモン、実は脊椎動物だったのだそうです。へぇ~!!

ヤツメウナギに近い動物、とのことです。魚以前の、原始的な脊椎動物ということですね。
しかし、これが脊椎動物とは…。

…と、驚きの真相に、個人的にはすごく興味をそそられたんですが…しかし、これがGigazineみたいなネットニュースの記事になるというのも意外です。そんなにこの動物のこと気にしてた人がいるのか?(アノマロカリスとかなら、まだしも)

この動物、超常現象研究家(?)の飛鳥昭雄さんが、ネッシーの正体だと言い張ってたので、意外に知名度があるのかもしれない。

ということで、少し前に書いた「イッシー」の記事に繋がったりして(無理やり)。

(2016.3.25)

|

« 鹿児島・1 | トップページ | 鹿児島・2 »

動物」カテゴリの記事

群馬」カテゴリの記事

超常現象」カテゴリの記事

コメント

奇妙な外見の古生物はなぜかネット上での受けが良いのでネタサイトではど定番ネタですね。

投稿: 深井 | 2016年3月26日 (土) 02時37分

バージェス動物群(ハルキゲニアとか、オパビニアとか、アノマロカリスとか)はフィギュア化もされてますね。(私もいくつか持ってます)

タリモンのフィギュアはまだ無いかな? この機会に是非…。

投稿: 適研 | 2016年3月29日 (火) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/63391257

この記事へのトラックバック一覧です: たりもん:

« 鹿児島・1 | トップページ | 鹿児島・2 »