« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

スマホ SUDDEN DEATH

少し前からTwitterでもつぶやいていましたが…

先日、スマホ(Nexus5)が突然、お亡くなりになってしまいました…。

特にハッキリしたきっかけもなく。
日曜の朝、スマホゲームをいじっていて、ちょっとテレビに気を取られて目を離した後、スマホに目を戻すと、もう画面真っ暗に。

スリープしたのだと思って、電源スイッチを押すも反応なし。リセットすべく長押ししても変化なし。ネットで調べた方法、音量ボタン+電源長押しも効果なし。

ちょっと、途方に暮れましたね。
こんなに突然、生活必需品とも言えるスマホが使えなくなるとは…。

しばらく悪あがきをしてみたものの、結局どうにもならんことがわかると、次の問題が浮上してくる。

スマホのデータのほとんどは、クラウドにも置かれているハズですが、一部スマホの中だけのもの(思いつきメモなど)もあったのです。最後のバックアップは去年末でした。つまり、1~4月分のデータは失われてしまう…。

できればなんとか復帰させて、データを確保したい。

ってことで、まずはGoogleサポートに電話。こちらは年中無休なんですね、エライ!
どんだけ待たされるか、あるいはたらい回し地獄に陥るかと思いきや、すんなり繋がりました。
状況を説明すると、いくつか考えられる対処法を教えてくれましたが、最後の手段が既にこちらでもやっていた「音量+電源長押」というもの。
当然効果はなかったので、結局「これはソフトウェアの問題でなく、ハードの問題のようです。製造元のLGさんに連絡してください」とのことでした。

ちなみに、Googleサポートは親切丁寧で好感持てました。(解決はしなかったけど)

LGは土日祝日休みなので、翌日の朝、職場で始業前に電話しました。

こちらも、すんなり繋がりました。(ユーザーサポートって、繋がらないものってイメージだったんですが)。

状況を説明すると、
「それは基盤交換になるかもしれません。となると30000円くらいかかってしまいます…」

それでも食い下がり、
「もしかすると、充電端子部分だったらそこまでかかりませんよね?送るので、調べて見積もってもらえませんか?」

すると、
「見積もりだけで、送料と合わせて4000円かかってしまいますが…」

うぐっ…だ、だが…それでもデータを復帰できる可能性があるなら…
「ところで、修理の際に問題なければ、中のデータは保存されますか?」

すると…
「プライバシーの問題で、修理前には必ずデータを全消去することになっています…」

ガーン! 終わった…。

(ちなみにLGのサポートも親切丁寧でした。)

こうなると、修理に出しても仕方ない。
スマホは新調せざるをえないことに、なってしまいました……。

今度は、高性能を追求せず、安いのにしよう…。


ということで、しばらくはスマホ無しの生活になりましたが…。

無いなら無いで、意外に苦にならないもんですね。まあ、私はスマホへの依存度が低い方だからかもしれない。電話もあまりしないし。

ゲームもツイッターも、できないんだからしかたないと割りきると、イライラもしない。

代わりに、通勤中の読書が進みました。


で、故障から数日後。

早速、新しいスマホを購入してしまいました。(安いやつを)

まだ、買ってきただけで、設定も終わっておらず、ちゃんと使えてはいません。
新機種の使用感などについては、また後ほど…気が向いたら書きます。

なんにせよ、予想外の出費に泣きそう。
安いとはいっても、それなりの額ですからね…。

実は、この件以前にカメラ(注追記・ミラーレス一眼カメラGX1)の調子が悪くなってしまって、GW明けには修理に出そうと思っていた矢先なんですよ…。

こちらも、修理に出すと、1万円は下らないんじゃないかと見ているんですが…トホホ。

(しかも、年末にゃPS4買って、最近は中古PSP買って、出費かさんでた折に…)

この反動で、これからは良いことが続かないかなぁ…(非科学的発言)。

(2016.4.27)

(追記)わかりにくかったところを補足しました。(2016.5.6)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

レトロゲームの罠(?)

いまだPS4の「フォールアウト4」にどっぷりなんですが…

そんな中、今さら、中古のPSPをAmazonで購入してしまいました。

というのも…

  • YoutubeでBGM代わりにグラディウス2のムービーを見たら、遊びたくなった。
  • ふと、PSPの「グラディウスポータブル」というソフトを持っていたことを思い出す。それにはグラ2も収録されていた。(買った当時はあまり遊べず、存在も忘れていた…)
  • しかし、PSPの画面は小さすぎる。できれば大きな画面で遊びたい。
  • 調べてみたら、PSPでTV出力する方法があるらしい!
  • それがあれば、グラディウスだけでなく、ナムコミュージアムやカプコンコレクションなど、他のPSPで持ってるレトロゲームもTVで遊べるじゃないか!
    (PSPのレトロゲームのラインナップは充実している)
  • …と思ったら、自分の持ってる型(PSP1000)では無理、とのこと…。PSP2000または3000なら可能だそうだ。
  • ということで、ちょっと悩んだ末、意を決して中古のPSPで3000とPSP用D端子ケーブルをAmazonで購入してしまったのでした。

中古のPSP3000は、5000円くらいの値段でした…。新品よりは安いものの、決して安い買い物でもない…。

でも近頃、立て続けに「GAME ON」「あそぶゲーム展」「自販機ゲーセン」なんかを見たせいか、レトロゲーム熱が高まってたんですよ…。

実際、TV出力で遊んでみたら、まあ、良い感じでしたよ。
PSPの小さい画面に比べると格段に見やすい!(最近、老眼なのでな!)

ただ、全画面表示にはならないんですね。TV画面サイズより一回りり小さめに表示されてしまいます。TVの方の表示設定の方で、もう少し大きくして遊べますけど。
あと、D端子なので、実機よりもやや画像がボヤッとしてしまうというのもありますね。

そもそも、PS4のレトロゲームのラインナップがもっと充実していれば、こんなことをしなくて済んだんですけどねえ…

…なんて思っていた矢先、こんなニュースが…

KONAMIの名作シューティングゲーム『グラディウスII GOFERの野望』がPS4で4月22日に配信決定、海外版の『VULCAN VENTURE』も同時収録!
(ファミ通COM 2016.4.15)

名作は色褪せない……ナムコの名作アーケードゲームが『ARCADE GAME SERIES』となって、PS4、Xbox One、Steamで本日(4月20日)より順次配信
(ファミ通COM 2016.4.20)

ま…マジですか?

PS4も発売からずいぶん経って、もはやレトロゲームなんて出ないだろうと思って…だからあきらめて、わざわざPSP3000なんて買ったのに…このタイミングで!

しかも、狙いすましたように、遊びたかったグラ2まで!

…と理不尽には思いつつも…結局、買っちゃいましたよ、両方とも(笑)。

ナムコゲームは、「パックマン」「ギャラガ」「ディグダグ」の3本セットで約1000円。(ミズパックマンはセットではなく、思い入れもあまりなかったので、パス)

グラディウス2は、約800円。

どちらも、HDMI出力で画像はキレイだし、フルサイズで表示できるし、望みどおりでした。

PSP3000がやや無駄だった感もありますが…まあ、結果オーライということで。いまだPSPでしか出来ないものもありますし。

ナムコのシリーズは、今後も続きそうなので、期待大。
ドルアーガは当然出ると思ってますが、できれば源平討魔伝とリターンオブイシターも、PSPに無いので、ぜひ出して欲しい。よろしくお願いします。

ハムスター(グラ2発売元)さんも、頑張って欲しい。メーカーを超えていろいろ移植して欲しいです。クレイジークライマーや沙羅曼蛇も以前買ってますからね。

この火絶やすな…ということで、まめに投資してます(笑)。

(2016.4.23)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

戦略的撤退!

当研究所(Blog)を開設してから、もうかれこれ8年(かな?)経ちました。

もともと自作Flashゲームを公開する場として始めたものです。

しかし、それだけでは更新頻度が少なすぎて人目に触れる機会も無かろうと考え、埋め草記事も書くことにしました。

同時に、自分の持続力や忍耐力を証明する意味で「アベレージ週二回」の更新を自分に課しました。

それ以来、自分でも驚くべきことに、このルールを継続できていました。自分を褒めてあげたい。

しかし、最近(というか、けっこう前からだが)、このルールが自分の首を絞めてきているんですよね…。

私、文章を書くのが早い方ではないので、こんなしょーもない記事を書くのにも、けっこう時間がかかってるんです。

1本書くのに、4時間くらいかかってます。1日2時間くらいしか使えないので、1日1本は書けません。
つまり、週二本書くのに、平均4日かかってるんです!(爆)

そのせいで、本来の目的である自作ゲームにかけられる時間が、残りの3日…。うち土日は出かけることも多いので、実質1.5日くらいしか掛けられてません。
なんたる本末転倒。

Blogの方も、大盛況だったら、力を注ぐ甲斐もあるんですけどね…。
開設後しばらくは少しずつビューも増えたものですが、ここ数年はほぼ変化なし(数は言いたくない)。
ビュー数の半分くらいは検索ロボットじゃないかと疑ってますし。

いや、記事を書くのは楽しいんです。
録りだめたテレビを見ながら気楽に書いてますし、仕事と違って文章が変だとかチェックされることも無いですし。
なので、仮にだれも見てなくても、書いてるときの気晴らしと、老後の自分の楽しみということだけでも構わないんですが…。

本来やるべきことの時間を費やすほどの価値は無いな…と、今さら気付きました。

ということで、今後は「アベレージ週一更新」としようと思います。

まあ、パッと書けるときはもっと書きますけど…(たぶん今週はもう1本書きそう)。
ただ、週二にこだわらない、ということにはします。

こんなことをわざわざ宣言しなくても、勝手にすればいいだけの話なのですが…。
性分として、なし崩しになるのが嫌なんですよね。一度イレギュラーを許すと、そのまま自然消滅してしまいそうで。

この宣言は自分自身への縛りなんです。

もっとも…そうやって時間を割いて作る自作ゲームだって、やって何かの得になる可能性は低いんですけどね。(「けさらん」は想定外のヒットだった)。

所詮は自己満足ということで…。
FlashもオワコンでHTML5も先の見えない今、いずれこっちの方も詰んじゃいそうな予感がしなくはないですが。

この決断に至る一つの要因には、PS4を買ってしまったことがありますね…。
PS4のゲームが面白くて面白くて…。やっぱゲームは作るより遊ぶのが面白いな(笑)。

こっちにも時間をシェアしたいために、他のことを減らしたくなったってことっす。てへ。
結局は易きに流れてるってことですね…。弱い…。

(追記)

その代わりということでもないが…
右サイドバー、Amazonリストの下に、ツイッターのタイムラインを表示するようにしました。
まあ、あまりつぶやいてないんですけど。

(2016.4.20)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

熊本地震

熊本地震。

先週の時点では震度の割に被害が少なく、不幸中の幸いという印象だったのですが…

その後の「本震」と、立て続けに起こる強震により大変な事態となり、今さらながら戦慄する思いです。

熊本や大分は、ここ群馬からは遠い地ですが…私は比較的最近、訪れていました。
昨年末の鹿児島旅行の際に熊本空港を使いましたし、その前2014年には熊本~大分旅行に行っていました。

当時、熊本城の美しさに感嘆しましたが、それがあのような被害を受けたのを見てショックです…。
まずは地震がおさまること、そして被災地のいち早い復旧を願ってます。

(2016.4.18)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さきたま古墳群

ちょっと前に、埼玉(さきたま)古墳群に初めて行ってきました。

[ 埼玉古墳群 ]

埼玉県行田市。

Sakitama01

比較的狭いエリアに大きな古墳がいくつも密集していて、公園になっています。
(世界遺産への登録を目指しているそうです)

Sakitama02

この頃は、桜満開の季節でした。

でも、古墳だけを楽しむなら、時期をズラして行ったほうが良かったかもしれない。
人がいっぱいでした。

Sakitama03

「丸墓山古墳」

日本最大の円墳。6世紀。
石田三成が忍城攻略の際に頂上に陣を張ったのだそう。(「のぼうの城」のエピソード…見てないけど)

古墳の上から「忍城」が見えます。

Sakitama14

「稲荷山古墳」

前方後円墳。5世紀後半。
後述する鉄剣が出土した古墳。
丸墓山古墳の上から眺めた景色。ここからだと前方後円墳がよく分かりますね。
古墳は、上からでも見ないと、ただの丘ですよね…。

Sakitama04

「将軍山古墳」

前方後円墳。6世紀末。

古墳の中に、石室を見学できる展示館が造られています。別の場所にある博物館とセットの入場券で入れます。

Sakitama05

「二子山古墳」

前方後円墳。6世紀前半。
「二子山」と呼ばれる前方後円墳は多いようです。群馬にもあります。まあ、見たまんまですからね。

博物館にも行ってみました。

Sakitama12

博物館の目玉は、稲荷山古墳から出土した、「金錯銘鉄剣」(国宝)。
窒素ガスが充填されたケースに保管されている。

表面、裏面に、金の銘文が象嵌されています。

Sakitama13

「獲加多支鹵大王(ワカタケルオオキミ)」の文字も読める。

これはたまたま発掘した稲荷山古墳から出てきたようですが、さきたま古墳群にはまだ調査されてない古墳があるらしいです。
なぜしない?…と私なんか思っちゃいますが、理由はあるんですかね。

博物館では、企画展もやってました。

「新収蔵品展~旧長瀞綜合博物館からの寄贈資料」

あ、この博物館、小学生(?)の頃、遠足か何かで行ったことある場所だ。
なんか、オドロオドロしい感じの博物館だったという記憶しかないが…閉館してたのか。

Sakitama07

これは変わったハニワだなあ。
珍しく、デッサンが良くできてて人間っぽい。表情も良いなあ。

小学生当時はブキミな動物の剥製ばかりに目が行ってたけど、こういう収蔵品もあったんですね。全然記憶ない…。


埼玉古墳群ではないが、近くの別の古墳もついでに見ました。

[ 八幡山古墳石室 ]

Sakitama08

石室をむき出しにしたまま保存されている珍しい古墳。
(覆っていた土は、近くの干拓の際に撤去されたとのこと)

Sakitama09

入り口。

Sakitama10

石室内。
石室としてはかなり広くて大きいように思います。
外の光が漏れてくるのは、普通の石室ではありえないので、なんか奇妙な感じ。

埼玉県も古墳が多いんですね。

群馬県も古墳がたくさんあります。ただ、さきたま古墳群ほど多くの古墳をまとめて公園化したような所はないかな。
古墳として一番見栄えがするのは、「上毛野はにわの里公園」ですかね。
博物館も併設されていて、面白いハニワもたくさんあります。

 


さらについでに…

[ 忍城(おしじょう)]

Sakitama11

…も観てきました。

「のぼうの城」です。(見てないけど…リピート)

(2016.4.15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見始めたアニメ

今季、たまたま見たいアニメが多くて、大量に録画し始めました。

全部最後まで見続けるかは、わかりませんが…。
(以下、自分が見ているチャンネルを記載)

「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」
BS11 日曜24:00

第一部からずっと見てます。安定のクオリティですね。
お話は(コミックスを何度も読んでるので)わかりきってますが、それでも面白い。

「僕のヒーローアカデミア」
TBS 日曜 17:00

原作は読んだことないですが、タイトルと絵だけで面白そうだと思ってました。
アニメのクオリティは高いし、お話も少年漫画王道な感じでいい。
こういう世界観好きです。

「逆転裁判」
日本テレビ 土曜17:30

ゲームが好きなので、アニメ化されたと知りこれは見ねば、と。
ストーリーはゲームそのままですね。でも、時間内に納めるためかゲームでの味わいはちょっと薄れてるかも。特に裁判中のくだらない会話の応酬とか…あれが真骨頂なのに。
絵とアニメのクオリティも、上の二作に比べると、もうちょっとかな。

「坂本ですが?」
TBS 木曜 深夜2:28

コミックスを「お試し読み」したことがあり面白かったのですが、それ以上読んだことはなかった。
どれくらい原作に忠実かわかりませんが、けっこう面白いですね。バカバカしくて。

「機動戦士ガンダムユニコーン」
テレビ朝日 日曜7:00

以前から興味はあったのですが、見る機会がなくて、ようやくです。
話の良し悪しはまだわからないなあ。でも、冒頭の感じは好感。それに安彦さん風キャラはやはり良い。全体にクオリティ高い。

Unicorn

劇中の貴婦人と一角獣は、パリの中世美術館のものですね。両脇の絵はアニメと同じヤツだ。(アニメのメイン画と同じのは撮ってなかった)

ガンダムは、「オルフェンズ」も見てたんですが、主人公に感情移入できなくてねー。
ストーリーも、序盤は期待感あったんだけどねー。
(メカは良かったけど)

まあ、私は1ST原理主義者なので…。

「ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン」
BS11 金曜23時

1話目を録り逃してしまって、まだ見ていない…。
原作は結構好きなんですが、アニメはヒドいという話もあり…どうだろう。

今季見始めたのではないけど、「妖怪ウォッチ」とか「忍たま乱太郎」も引き続き見てます。

「うしおととら」は今回は泣く泣く割愛。
他にも、見てもいいかなというものもあったんだけど、この他にも大河とかバラエティとか録ってるし、さすがにこれ以上…は。というか、今でも全部見続けるのはキツイ。いずれ淘汰されていくであろう。

(2016.4.12)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

洞窟観音

ちょっと外出中。自動更新(されている予定)。

 


群馬県高崎市にある、そこそこ有名な「白衣観音」の近くに、ややマイナーな観光スポット 「洞窟観音」があります。

…ある…のは昔から知っていたのですが…なんかビミョーに怪しげに思えて、今まで行ったことがなかったんです。

長年の時を経て、先日、ようやく行ってみる気になりました。
行ってみたら、けっこう面白かったという…。

[ 洞窟観音 ]

高崎市石原町。

入場料800円(冬季3月までは600円でした)で、洞窟観音の他、庭園など関連施設にも入れます。

Doukan01

外観。右に見えるのが、入り口。

この洞窟観音というのは、呉服商であった山田徳蔵(山徳さん)によって、大正8年に着工され、その後50年の歳月をかけて作られた人口の洞窟で、中には数十体の観音像が祀られています。洞窟は、機械のない時代にすべて人力で掘ったものだそうです。

と聞くとなんだか、「やっちまった感」のある怪しいスポットみたいですが…

臆せず、 入場。

Doukan02

御入口。

Doukan04

中は岩肌むき出しではなく、地下要塞のような感じです。意外…。

通路を進むと、両側に次々と観音像が現れてきます。

Doukan03

おお、けっこう精緻な彫刻です。美しい。

これはいわゆる「怪しいスポット」とは違いますね。本気を感じる。

序盤はこのように、個々の小部屋に単体の仏像が置かれているのですが、徐々に部屋の規模が大きくなって…

Doukan06

このような広い場所まで。岩の上に複数の石仏が置かれています。

Doukan05

スポットライトを当てた演出などもあったり。

洞窟内には三十三体の石仏観音が安置されているそうです(数えてはみなかったけど)。

これだけでも相当なものですが、山徳氏はさらなる大きな構想を持っていたようです。しかし、志半ばに亡くなってしまったとのこと。

洞窟の外にも、見所があります。

Doukan07

庭のメンテナンスをしていたおじさんが「七重塔は珍しいだろう?」と自慢そうに語っていました。

[ 徳明園 ]

洞窟のそばに続く道から、やはり山徳氏によって造られた庭園を見られます。

Doukan08

Doukan14

池のある美しい庭園。季節としては、秋の紅葉の頃が一番綺麗なんだそうです。

Doukan09

酒を飲んで笑いあう、鬼と閻魔様。
山徳氏の世界観を表現しているという。(この話も庭師のおじさんから聞いた)

[ 山徳記念館 ]

山徳氏が親交のあった近代漫画家、北沢楽天の作品を所蔵していたことから、風刺漫画を中心にした漫画記念館となっています。

Doukan13

歴代総理大臣の似顔絵。すげー似てる。現在の安倍首相まで描かれています。

のらくろ関連の展示も多かったのですが…

Doukan11

あっ! 山根青鬼さんって、のらくろ作者の田河水泡さんの弟子だったんですか…今の今まで知りませんでした。

青鬼さんといえば…

Doukan12

名探偵カゲマンですよねー。懐かしいなあ! 歳がバレるなあ…。

といった感じで、数十年来謎だったスポットが、明らかになりました。
群馬県人なら、一度は来ておくべき場所でしたね。

せっかくなので、今度は秋に来てみようか。

(2016.4.8)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レトロゲームの穴場

以前、レトロゲームを求めて群馬の「ゲーセン自販機コーナー(オートレストラン)」をあちこち探しまわったことがありました。

レッドデータ・ゲーセン自販機コーナー

レッドデータ・ゲーセン自販機コーナー2

レッドデータ・ゲーセン自販機コーナー3

最近、新たな情報を(ネットなどで)得たので、いくつか訪問してみました。
(ネットでは自販機趣味の人がけっこういるんですよね。でも、ゲームの方を気にしてる人は意外に少ない)

[ EXその1 ]

Retrogame09

Retrogame10

群馬県伊勢崎市平井町 県道39号線沿い。

例に漏れず、麻雀/パチンコ系がメインの店だったんですが…

Retrogame11

その中で一点、特筆すべきモノが…

Retrogame12

「源平討魔伝」!?

(台のインストカードは、ガンダムなんだけど)

よくある「1000 in1」系のゲーム機かなとも思ったんだけど、放置しててもずっとこのままだったし…もしや本物??? でもなぜ今、源平??

ま、どっちでもいいさ! 当然、プレイ!

コースを間違えて、不慣れな山陰回りで行ったら、京都にすら辿りつけませんでした…。
でも、久々に源平をゲーセンでプレイできて感動。

[ EXその2 ]

Retrogame07

群馬県伊勢崎市富塚町。

「自販機食堂」

ここは、ごく最近「自販機食堂」としてオープンしたという珍しいお店。
ネットでもけっこう話題になってたみたいです。

Retrogame15

オレンジハットのグッズなんかも売ってるようです。素敵な確信犯~!!

自販機メインの店ということで、ゲームの方は期待してなかったんですが…

ゲームもあるじゃない!

Retrogame16

なにー!? インベーダー!?

Retrogame08

まあ、実は「スペースインベーダーアニバーサリー」という、2003年にリバイバルされたヤツでしたが…。

でも、当時の自販機ゲーセンの雰囲気は充分再現できてる。こういう手法もアリですね。

謹んでプレイさせていただきました。
久々に、「レインボー」なんかもキメましたよ。「ナゴヤ撃ち」もやりました。(が、私はナゴヤ撃ちは上手くない。二段目くらいで失敗して侵略されて終わった)

この店には、10円ゲーム(10円を弾いてゴールさせる系)もありました。

惰性でやってるような店と違って頑張ってるみたいなので、興味ある方はぜひ行ってみてください。


オートレストランは群馬に多いという意識があり、今まで群馬を中心に巡っていたのですが、最近、実は埼玉県こそが穴場なのではないか、と思い始めました。

埼玉の方が人口多いし、こういうニッチも生き残りやすいんじゃないかと。

[  EXその3 ]

ある時、車で埼玉県に行った帰り道で「オートパーラー」という看板を見つけました。
(場所は省略)

やはりマージャンパチンコメインでしたが(こういうところは、たいがい煙い)…

「マーベルVSカプコン」など、ビデオゲームもいくつか置かれていました。

また例の「1000 in1」系のゲーム機も。こういうのもレトロゲームファンにとっては貴重なのですよ…。

で、メニューを流して見ていたら…

Retrogame17

「ロッククライマー」!!

懐かしい~!! これ、この手のゲーム機でもめったに入ってないんじゃないかな(多分)。何十年ぶりかの対面ですよ。
当時、「クレイジークライマー」と比較して「できの悪いゲームだなあ(失礼)」と思ったものですが…このやる気ないインパクトが忘れられず、ずっと再会したいと思ってました。

せっかくなのでプレイしてみました。
が…このゲーム筐体はレバー1本しかないので、うまく操作できず…ほとんど進まずゲームオーバー…。
でも、まあ、よし。やる気のないサウンドも聞けたし。

その後、別の機会に埼玉に行った時にも、別の「オートパーラー」という店を見つけました。そこにもコレ系のゲーム機があって、遊んでみたかったのですが…先客がいて離れてくれず、あきらめました。

が、この若者(20代後半くらいに見えた)が、「ペンゴ」や「Mr.Do VS ユニコーン」をプレイするのを見て、心の中で「同志よ…」とつぶやかずにはいられませんでした(笑)。

[ EXその4 ]

レトロゲームが目的であれば、なにも「自販機」にこだわらなくても良いのではないか…というのも最近の開眼。

やはり埼玉からの帰路。
たたずまいに、えも言われぬオーラを感じさせるボウリング場を発見。

Retrogame01

児玉スカイボール。埼玉県本庄市。

ボウリング場は、ボウリングしないと入りにくい所もありますが(特に受付がエントランス正面にあるタイプとか)、ここは入りやすかったです。

ゲームだけしたい人にも優しい。

Retrogame00

おお~けっこう充実!
中程度に古いゲームがたくさん置いてありました。

Retrogame02

「スカイターゲット」 (1997年)

これ、当時もけっこう遊びました。アフターバーナーの後継としてはGAME ONにあったG-LOCよりも良くできてる気がする。
けっこう先に進めたが、「大サービス中」ということで、難度低目だったのかも。

Retrogame03

「ガンブレードNY」 (1996年)

これも、けっこう好きなゲームでした。
リロード要らずで、ずっと撃ち続けられる珍しいガンシュー。銃撃の反動が激しくて快感。
敵がロボットというのも罪悪感無くて良い。「そーら、踊れ踊れ~! バリバリバリ…」

Retrogame06

「ミッドナイトラン」 (1997)

これは、あまり遊んだことのないゲームでした。
副題が「ROAD FIGHTER2」なんですね。大きく進化しましたね。

「湾岸ミッドナイト」をやりたかったのかな? というようなゲーム。
けっこう面白い、が、敵車が多過ぎてぶつかりまくってしまった。

ということで、穴場は埼玉、そしてボウリング場(かも?)と悟った昨今でした。

 

(2016.4.5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幻解!超常ファイル「陰謀論の闇に迫る」

久々に、「幻解!超常ファイル」(NHK BSプレミアム)が、数回にわたって放送されてました。

3/29の放送内容は…

世界はだまされている!?陰謀論の闇に迫る

陰謀論って、超常現象じゃないんだけど…オカルトと親和性が高いので、同じカテゴリで語られることも多いですね。

話題のひとつは「911」でした。

陰謀論といえばコレという話題。懐かしいなあ。番組に出てくるフレーズ(「制御解体」だとか「NIST」だとか…)に、ノスタルジーさえ感じてしまいました。当時、ネットでの論争をよく見たものでした。(「当時」と言っても、一番盛り上がってたのは事件から数年後だった気がするが…)

番組内容は「911はアメリカの陰謀ではない証拠(検証結果)」を淡々と提示していく感じでした。
個人的には、NISTの検証結果に違和感も疑問も無いですけどね。ビルが垂直に崩壊することも、全然不思議に思えません。(慣性の法則から考えて、むしろ横倒しになったほうが不思議に感じるような)

この番組のエライと思うのは、陰謀派の方々のインタビューもちゃんと放送してるところ。(まあ、それを否定してしまうわけですが)
よくあるオカルト番組だと、懐疑派の意見は出さないですもんね。

番組HPの、番組制作者のコメントが面白かったです。

「「この番組じたいが、CIAや闇の勢力の指令を受けて作られた陰謀では?」というネット上の声も拝見しましたが、残念ながら、指令もなんもありません。単純にこういうネタが好きだからやってます。」(引用)

まあ、番組スタッフがこう言っても、なんの意味もないだろうけど…。

この番組を見た数日後、ちょうど真逆の番組をやってました。

日本人だけが知らないワールド謎ベンチャー」(TBS 3/31放送)

途中から見たのですが、こっちは陰謀論に肯定的な番組でした。あまりにタイムリーで笑ってしまった。

超常ファイルでもちょっと触れていた「ダイアナ妃の死の陰謀説」を扱ってました。

ダイアナ妃事件て、詳しくは知らなかったんだけど、話を聞くととても陰謀には思えませんでしたね。(白い車のパパラッチが刺客だったとすると、計画があまりにずさんすぎないか? 接触で相手の車を事故らせて確実に殺した上、自分は無傷で逃げる計画を成功させるなんて、どんなドライブテクニックの持ち主や)

もっとも、事件が陰謀かどうかよりも、その真相を霊能者に語らせる(ダイアナ妃の霊から聞いたんだと)という番組の展開の方に、椅子から崩れ落ちましたけど。

やっぱり、陰謀論とオカルトは親和性高いってことか…。

と、陰謀論を否定してきましたが、陰謀自体は確かに存在します。(超常ファイルに出演してた奥菜さんも言ってましたが)。

私も最近、腑に落ちないことがありました。

「幻解!超常ファイル」は、キーワード録画をしているので、いつ放送されても録り逃さないはずなのですが…

連続3回のうちの真ん中、3/27放送の「最新超常映像・解明スペシャル!」だけが、なぜか録れていなかったのです!

これは、何者かの陰謀に違いない!!

(2016.4.1)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »