« レトロフリーク | トップページ | 宮古島・2(動物編) »

宮古島・1

夏ですねー。

夏といえば、海。
海といえば沖縄。

ということで…沖縄宮古島の旅行記ダイジェストです。
(実際に行ったのは、今年の4月ですが)

沖縄と周辺の島々には、以前にも何度か行ったことがあって、心の故郷くらいに思っている好きなところなんですが、宮古島は今回が初めてでした。

Miyako01

飛行機からみた、宮古島の海。
この季節(4月上旬)には、大潮の日があって、八重干瀬(やびじ)という珊瑚礁が海面上に露出します。が、最近は八重干瀬保護のために上陸ツアーは基本的にはやってないらしい。まあ、八重干瀬でなくても、きっと美しい珊瑚礁が見られるに違いない。

宮古島空港に降り、レンタカーで移動でした。

以下、当時の時系列にこだわらずに、スポット紹介。

[ 前浜ビーチ ]

宮古島南西部。

Miyako02

この後も色々ビーチを見ましたが、ここが一番美しかったかも。
この時は天気も良かったし。

[ 来間島 ]

宮古島の南西部にある島。

Miyako04

来間大橋。
宮古島の周辺の島々へは、橋で繋がってるんですね。
(この写真は来間島側からのアングル)

Miyako03

竜宮城展望台。
ここで、私が長年追い求めていた生物(たいしたものではない)に出会ったんですが、生き物関連はまた別途まとめて書きます。

Miyako05

展望台からの景色。素晴らしい!

宮古島に戻った後、昼食を食べました。

Miyako07

宮古そば。
三枚肉と練り物が入っていて、ソーキそばとはちょっと違う。

[ 東平安名崎 ]

宮古島の南東端、東平安名崎には灯台があります。

Miyako08

Miyako09

灯台入口の案内板が面白かった。

[ 宮古まもる君 ]

Miyako10

島のあちこちに警官人形があるのですが、「宮古まもる君」という名前が付いているらしい。
警官人形は、地元でも昔は見た気がするが、今は見ないですね…。
よくみると、まもる君は白塗りに口紅のような化粧が施されており、ちょっとガララニョロロ巡査を髣髴とさせますね(例えが古い)。宮古島ではまもる君にちなんだグッズとか、おみやげとか色々売ってます。

[ ヤシガニ ]

Miyako12

宮古島って、ヤシガニがいるらしいですね。
でも夜行性だし、そう簡単には見られないようだ。
ホテルで、夜に「ヤシガニツアー」というのをやっていたが、つい億劫で行かなかった。行けばよかったな…。

[ 人頭税石 ]

宮古島西部。市役所近く。

Miyako13

かつて、この石と同じ背の高さになったら、人頭税が課せられた…という伝承がある。
…というのは歴史的事実と思ってたのですが、今Wikipediaで調べたら、真実は定かではないらしいです…。

[ 豊見親墓 ]

Miyako14

16世紀初頭の宮古島の支配者の墓。宮古島と沖縄本島の折衷様式の墓だそうです。
本土の墓地とはセオリーが違いますね。

[ 伊良部島 ]

宮古島の西部にある大きな島。

Miyako16

やはり長い橋(伊良部大橋)で宮古島と繋がっています。宮古島で一番長い橋。

Miyako15

伊良部大橋のキャラ、「あッいらぶ わたるくん」。
どっかで見たようなキャラだが…他人の空似だ、きっと。
橋の袂の小さな売店で、グッズを売っています。わたるくんグッズはここでしか買えないようですよ。

今回、せっかくの大潮の機会なので、その時間に合わせて、珊瑚礁や色々な珍しい生き物を見られる場所に行ってみようと考えてました。で、アタリをつけていたのが…

[ 佐和田の浜 ]

伊良部島の北西岸。

大潮の時間に行ってみると…

Miyako17

うおー、見渡す限りの干潟になっている!

が、想像してたのは、干潟じゃなくて岩礁(珊瑚礁)だったんだけどなあ…痛恨のリサーチミス!!

ここだって、沖の方に行けば面白いものを見られたと思いますけど…干潟をサッサと歩けるようなウォーターシューズも持ってきてないという…。今回は、準備も悪かった。残念。

[ 下地島 ]

伊良部島の西には、下地島という別の島がくっついています。
ミスを悔やみつつ、下地島の名所を幾つか巡る。

(この日はさらに、天気もドヨンとして、イマイチだったんですよね…)

[ 通り池 ]

下地島の西岸。

Miyako18

崖の上にある、一見すると円形の池ですが、海と繋がっているらしいです。天然記念物。

[ 帯岩 ]

通り池から少し南にある。

Miyako30

「1771年4月24日(明和8年3月10日)に起きた八重山地震の津波(明和の大津波)で打ち上げられた津波石であると考えられており、世界最大の津波石であるとも言われる」(Wikipedia)

[ 中の島ビーチ(の近く) ]

名所を色々めぐった後、気まぐれで、島の南西部、中の島ビーチのさらに南、下地島空港の南端近くの海岸を覗いてみたところ……

Miyako19

おおっ!! サンゴの岩礁が露出している、私が想像していたような場所じゃあないか!
正解は、ここだったのかぁ!

Miyako20

サンゴもあるし、ルリスズメなんかもたくさんいる。
そうそう、こういうところが見たかったんだよ!

しかし、そういう間もなく、散策していたような人たちが、どんどん引き上げてくる。
そう、引き潮の時間が終わって、潮が満ちてきているのでした。

ガーン、タイムアップ。ああ、最初からここに来ていれば……。

事前にネットで色々調べたんですけど、良い情報が見つからなかったんですよ。
なので、備忘の意味も含めて…情報を残します。

「宮古島観光で、干潮の磯遊び(観察)をしたいなら、下地島中の島ビーチのさらに南、下地島空港の南端近くの海岸がオススメです!」
(わかりにくいな…↓ここです)

自分が再び訪れることはあるだろうか…。

下地島から東へ向かい、ふたたび伊良部島の南へ。

[ 渡口の浜 ]

Miyako22

美しいビーチですね。なんか、外国みたい。

(というか、外国のビーチ…バリとかカンクンとかケアンズとか…にも何ヶ所か行きましたが、個人的には沖縄の海がNo.1ですね。)

近くの売店で「ヤシガニ見られます」とあったので、入ってみると…

Miyako23

おお、ヤシガニ見られたよ!(野生じゃないけど)

[ 牧山展望台 ]

伊良部大橋のたもとの展望台。

Miyako24

鳥の形をしてます。
伊良部大橋まで見渡せるのですが…この日は天気が悪くてイマイチでした…。

Miyako25

伊良部大橋で、宮古島に戻る。
ベタ踏み坂っぽく見える?(撮り方のせい)

Miyako27

ソーキそばも食べました。
やっぱ、美味いっすね!

という感じの、宮古島ダイジェストでした。

今回は、リサーチの甘さ(自業自得)と、ほぼ丸一日雨の日があったりして、若干残念な部分もあった旅行でした。でも、久々の沖縄はやっぱり良かったし、個人的にはイイ出会いもあって(これは次回)、全体的には悪くなかったです。

Miyako28

天気の良い日もありました。

(2016.7.13)

|

« レトロフリーク | トップページ | 宮古島・2(動物編) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/63907617

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古島・1:

« レトロフリーク | トップページ | 宮古島・2(動物編) »