« X68000を手放した | トップページ | 宮古島・1 »

レトロフリーク

前々から気になっていた、レトロゲーム互換機を買ってしまいました。

「レトロフリーク」

私は、Amazonでなく、近くの家電店で買いましたが…
追加のパッドと、純正コントローラーアダプタとSDカードもおまけで20,000円を切る値段でした。以前より値下がりした印象。
(おまけがいらないならamazonの方がお得ですね)。

Retrofrk01

これが何なのかというと…

一台で、ファミコン、スーパーファミコン、ゲームボーイ(&アドバンス)、メガドライブ、PCエンジンなどのゲームソフト(カセットやカード)が使用できる、超絶互換ゲーム機なのです。

購入には若干躊躇もあったのですが(後述)、背中を押すきっかけがあり、踏み切りました。

きっかけというのは…我が家で最近、押し入れ整理大作戦が行われており(X68もその一環で手放した)、その際出てきた複数の旧ゲーム機をどうにかできないかという話になり、「こういう機種がある」という話をしたら「それで代用になるなら、買ったらどうか」という流れに。

うちの場合、ファミコン、スーパーファミコン、メガドライブ、PCエンジンの代用になり、それらを手放せることになります。(携帯ゲームはジャマにならないので残しとこう)
レトロフリーク自体もかなりコンパクト。おかげで、今まで押し入れにしまわれていた上記機種の代わりに、テレビ台に収納していつでも遊べるようになりました。

ちなみに、自分の持っていたゲームソフトは、現在確認している限り、ほぼ全てちゃんと動きました。(メーカーページには、動作確認のリストが掲載されてます)
1つ、カセットのせいと思しき原因で動かないのと、動くけど画像が変になるソフトはありました(GBA版謎の村雨城)。

このゲーム機、単に代用になるだけではなく、様々な便利機能が追加されています。

・ HDMI出力が使える
当時のゲーム機は良くてAV出力で、昨今の液晶テレビだとボケボケに映ってしまうんですよね(PS2でさえ)。それが、HDMI出力でドットまでクッキリ映ります。素晴らしい。

・ 画像フィルター
ドットがハッキリ映りすぎると、ゴチャゴチャしてかえって見にくくなるゲームもあります。
その場合には、「映像フィルター」というドットを滑らかに補完する機能もあります。これを使うと、ゲームによってはかなり見やすくなります。ドローソフトで描いたようなちょっと不思議な画像になりますけどね。

・ どこでもセーブ・ロード
ゲームをどこでもセーブ/ロードできるようになります。セーブ機能のないゲームでも可。やられても、セーブ点からやりなおしできるようになります。

・ コードフリーク機能
使ってないけど、無敵モードにしたりする機能もあるようです。

・ インストール
やっぱり強力なのが、ソフトをインストールする機能。一度カセットを挿すと、そこでSDカードにインストールも可能で、その後カセットを使わなくても遊べるようになります。カセットの中には(古いせいか)、挿しても認識しないようなヤツもありましたが、何度か挿しなおして1回でも起動すればそこで吸い出し、二度と挿さなくて済みます。
これは便利な機能ですよ~。

ただ、この機能がスゴイだけに、買うのに躊躇するところもあったんですよね。
単に吸い出すのは、問題ないようですが(iPodにCDを取り込むようなものか)、吸いだしたソフトを売ったりするの法律的に どうなのか。どうなんだろう。
まあ、私はカセットを売る気はないですが…(吸いだした物が破損しても復帰可能なように)。一応、ゲームに携わる人間なので、買うのには躊躇があったのです。ま、結局買いましたけど。(ネットで調べた限り、想定の使用では違法性はなさそうでした)

という感じで、予想以上に素晴らしいハードでした。レトロゲームが好きな人にはオススメしたい。

逆に欠点としては…
カセット(特にファミコン)を挿すと、抜きにくいこととか。本来ファミコンにはイジェクトボタンがありますが、それがないため、かなり強引に引き抜く必要がある。カセット壊しそう。
あとは…今のところ特にないかな。それくらい良い感じです。

まあ、昔のゲームソフトなんて、普通とっくに手放されてると思うので、こんなハードが必要な人も(自分も含めた)一部のマニアに限定されると思いますが…

製造中止になったゲーム機のゲームは、いずれ遊べなくなってしまうと思うと、もったいない話です。昔の音楽が今でも聞けたり、昔の映画が今でも見られるように、(同様の芸術である)昔のゲームも、なんらかの再現手段は担保して欲しいと思うのです。
レトロフリークは、そういう歴史的価値を後世に残す手段の一つなんじゃないかとも思います。

(2016.7.8)

|

« X68000を手放した | トップページ | 宮古島・1 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

「ゲームを残す」話ですが、オンラインゲームは余程の篤志家がサーバサイドのプログラムを権利込みで買い上げてくれでもしない限り、もうどうしようもないんですね、これが。スマホゲー全盛の今の時代のゲームって、20年後には何も残ってないんじゃないですかね。
あと、ガラケーアプリのゲームとかも割と絶望的なんじゃないかと思います。

投稿: 深井 | 2016年7月23日 (土) 04時09分

確かに、そうですよね。
私も以前スマホゲームに関わったことがありますが、サービス終了してしまったので、未来永劫、二度と遊ぶことはできないという哀しさ。コンシューマゲームやアーケードなら、何らかの形で遊べる可能性があるだけマシです。
20年後くらいに、今のスマホゲーを懐かしいと思った人がいたとして、遊べないことに絶望的な気分になるんですかねえ。それとも、どこかのスーパーハッカーとかが、なんかの形で復元したりするんですかね。

投稿: 適研 | 2016年7月27日 (水) 21時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/63883898

この記事へのトラックバック一覧です: レトロフリーク:

« X68000を手放した | トップページ | 宮古島・1 »