« 久々のフィギュア・コレクション | トップページ | 掃部ヶ岳(かもんがたけ) »

実現したらいいけどな…(1)

実現したらいいな…と思いつつ、生きているうちには無理かなあと思うこと。

1.核融合発電

核融合発電は、原発に比べると安全で、火力発電のようなCO2を排出せず、ソーラーや風力のような不安定さはなく、燃料は海水からほぼ無尽蔵に得られるため安価で済む…と期待される夢の発電方式。

私的には、発電方式の決定版と考えてます。実現すれば電気料金も限りなく安くなるのではないかと期待してます。
世界中で研究が進められていて、もはやSFだけの話ではないという実感もある。

「今後、25年~30年で発電を実証する見通しが得られてきています。」(核融合科学研究所HP)

少し前に、こんな記事もありました。

米ロッキード、10年以内に小型核融合炉実用化へ」(Reuters 2014.10.16)

…と、期待膨らむ一方で、なかなか決定的な成果が出ないというのも事実。
ロッキードの記事も「そう言っている」というだけで、実証に成功したという記事ではないのです。

出力電力が投入電力よりも大幅に上回らないと役に立たないわけですが、それがなかなか難しいんですね。

核融合で自己加熱初確認。吸収・放出のバランスついに逆転」(2013.10.13 Gizmode)

という記事もありましたが…まだとば口という感じですし、これももう3年も前の記事なんですよね。続報も特にないようで…。

この調子だと、核融合発電の電力がご家庭に届くのは50年以内には難しそうですね…。
自分が生きている間には無理かな…。

2.火星有人探査/旅行

イーロン・マスクの「火星移住計画」の全貌が明らかに。2020年代には1人2000万円で火星に!? 」(HARBOR BUSINESS Online 2016.10.4)

↑の計画もそうですが、NASAやオランダのマーズワンなど、いくつも火星有人探査(旅行)の計画がぶち上げられています。

ぜひ実現して欲しいので、ついつい期待してしまいますが…(自分自身が火星に行きたいわけでもないけど)
ちょっと2020年代での火星有人は難しいだろうと思えますね。

根拠としては…

まず、有人で火星に人を送るための宇宙船を造るのが、相当難しく金も時間もかかりそう。人間を数人、6ヶ月以上の間生かして火星に届けられるキャパを持つ宇宙船が必要ですが、それがまだ全然影も形も見えないのでは、ちょっと間に合わないのではないかと。

さらに、火星に人を送るに先立ち、まず無人宇宙船を火星に送り、向こうで生活できる準備をする必要があるが、その宇宙船が(試作機でも)そろそろ打ち上がってないと、遅いんじゃないだろうか。

実は上記の記事で、マスク氏も「2024年からの移民開始というのは楽観的な予想です。あくまで可能性に基づく抱負の話です」と言ってるんですね。
まあ、ビッグマウスの類と取る方が無難かもしれません。

これもあと30年以内には難しそうな予感が。生きているうちに実現するかどうか、微妙なところです。

(先日、ヨーロッパの火星探査機が着陸失敗してたしね…。アポロの時代じゃあるまいし、安全性に確証が得られなきゃ、人は送れんですよね)

似たような話として、
アルファ・ケンタウリへ20年で到達する宇宙船を射出する計画をホーキング博士らが始動」(Gigazine 2016.4.13)

成功すれば、「プロクシマbに生物が存在した!」なんて情報が得られるかもしれない夢のような話ですが…

その宇宙船を作って宇宙に置くだけでも、時間も金もかかりそう。
その後20年かかるとすると、生きているうちに結果を拝むのは無理っぽいですね。

(2016.10.25)

|

« 久々のフィギュア・コレクション | トップページ | 掃部ヶ岳(かもんがたけ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

現在実用化が進められている二重水素+三重水素の核融合では高速中性子が発生するので、それが周囲の部材に吸収されて徐々に放射化&脆性化するという問題があり、これが解決されたという話は寡聞にして聞きません。核融合炉って言われてるほどクリーンではないのです。

投稿: 深井 | 2016年10月25日 (火) 23時42分

そうですね、核融合も放射性廃棄物が皆無ってわけじゃないですね。
ただまあ、原発で出る放射性廃棄物の量に比べれば少ないですし、マシだろうと思います。(現行の原発にしても、放射性廃棄物の問題が解決されてないのに使ってますし…だから良いってもんでもないけど)

wikipedia「核融合炉」では
「原子力発電で問題となる高レベル放射性廃棄物が継続的にはあまり生じない」
と楽観的な書き方をしてますね。

投稿: 適研 | 2016年10月28日 (金) 23時00分

そうだ、ヘリウム3を使えば、放射化しないぞ!!

…って、どんどんSF的な話になっていくけど…
どうせ生きているうちに実現しないと思ってるんだから、どっちだって同じことだ…(悲観)

投稿: 適研 | 2016年10月28日 (金) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/64398575

この記事へのトラックバック一覧です: 実現したらいいけどな…(1):

« 久々のフィギュア・コレクション | トップページ | 掃部ヶ岳(かもんがたけ) »