« ポケットの中の異次元 | トップページ | 今さら(笑)、エスパー魔美レビュー »

パンプキン

今までも、ときどき群馬のグルメネタを書いてましたが、これを書かずしては画竜点睛を欠く…と個人的に思っているお店です。

そういいつつ、かなり長い間ご無沙汰してました…。久々に行く機会があり、ようやく書けるようになりました。

[ パンプキン ]

所在は群馬県前橋市元総社町。
特にリンクは貼りませんが、そのスジには有名な店なので、検索すれば記事もたくさん見つかるはず。TVでも何度か紹介されてますし、芸能人のサインもいくつも飾られてます。

Pamp01

昔ながらの洋食屋という佇まいです。

初めて行ったのは、ン十年前の学生時代。先輩に連れられて。
その頃から、全然変わってない。というか、ドアノブなんか古すぎてイカれちゃってるくらい変わってないんだけど…。そういう飾らない感じも素敵。

お店が混んでいるところも、相変わらず。午後1時過ぎに行ったのに、待ちが発生していました。いまだ人気は衰えずという感じです。

カミさんの注文は、オムライス。

Pamp02

伝わるかな…デカイんですよ。スプーンと比較。

世間的には、「大盛りの店」で有名なんです。確かに、学生時代もそういうネタ的な店として連れてこられました。
最近足が遠のいていたのは、いつも混んでいるせいもありますが、カミさんがこのデカ盛りを敬遠していたせいもある…。

ですが、この店を語るのに、デカ盛りだけを特筆するのは間違いだと思うのですよ。

私が評価したいのはむしろ、味。
いや、決して高級店の美味しさとは言いません…。しかし、昔ながらの洋食店の良さってあるじゃないですか。それを極めたような、その味が好きなんです。

オムライスも美味しいですが、私はやはりコレ…ハンバーグ。

Pamp03

これもまあ、デカ盛りです。ハンバーグもさることながら、付け合せのスパゲティがわけわからんほどの量で…ランチはこれにライスとドリンク付きで800円ほどなのですが、2人でオムライス+ハンバーグランチ全ては食べきれないので、ライスは抜きにしてもらいます(それで安くなるわけではないですが)。

ついボリュームについて語りたくなってしまいますが、重要なのはむしろ味です。

私、ハンバーグ好きで(子供か)、時々ハンバーグネタを書いてますが、私の分類学的においしいハンバーグは2種に大別できます。

1.ステーキ屋系ハンバーグ。牛肉100%で、和風ソースで食べると美味しい系。

2.洋食屋系ハンバーグ。合挽きが多く、デミグラスで食べると美味しい系。

このパンプキンのハンバーグが、洋食屋系のハンバーグとしては、私の理想形なんです。

粗挽きでみっしりした歯ごたえと肉肉しさ、つなぎ感は全くなし! これでしょう!
ふわふわでタマネギの存在感あるハンバーグ? そんなの邪道です!(いや、まあ、それはそれで美味しいですけどね)

(ちなみに、ステーキ屋系ハンバーグの私のNo.1は、「GGC」という店の上州ハンバーグというメニューです。以前も書きましたが)

という感じの、群馬グルメご紹介でした。
今回の記事を書けて、群馬グルメに関しては、かなり気が済んだ心持ちです。

(2016.11.25)

|

« ポケットの中の異次元 | トップページ | 今さら(笑)、エスパー魔美レビュー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

群馬」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/64539031

この記事へのトラックバック一覧です: パンプキン:

« ポケットの中の異次元 | トップページ | 今さら(笑)、エスパー魔美レビュー »