« パンプキン | トップページ | 今さら(笑)真田丸ゆかりの地探訪・1 »

今さら(笑)、エスパー魔美レビュー

最近、amazonプライムビデオで「エスパー魔美」を見てました。ようやく最終話まで見終わりました。いやあ、やっぱりいいですね!

テレビ放映当時も、好きだったアニメです。全119話もあったんですね。それだけ当時も人気があったということかな。

「エスパー魔美」は、ドラえもんの藤子F不二雄先生の作品。
(そして、F先生は私が最も尊敬する漫画家でもある)

コミカルながら、時に藤子F先生のダークさも垣間見られる、社会派のマンガです。

社会派マンガとしては、手塚治虫先生のブラックジャックがメジャーですが、エスパー魔美も負けてないっすよ。学校が主な舞台ということもあり、子供にも身近な問題がテーマになることも多い。生徒が屋上から身投げするようなシーンもあったり、なかなかハードなところも。

見直してみるとけっこう新しい発見もありました。今さらながら、気になったところやお気に入りをレビューしてみます。
(ネットを探すと、同じようなレビュー書いてる人けっこういますけどね…。まあ独自の視点もあるだろう)

まず、コミック原作のあるエピソードから…

・「魔女・魔美?」
見直しはじめて、最初に「オッ!?」と思った回。
コミックスのラストってかなりダークだったんだけど、アニメではマイルドで救いのある終わり方になっているんですね。さらに犯人の女の子(日上サン)と仲良くなって、次の話では一緒に海に行ったりしてる。この改変はアニメスタッフを賞賛したい。

・「涙のハードパンチャー」
プロットはほとんど同じだが、コミックスでは「サブローは鉄砲玉」という、ヤクザの鉄砲玉の話だった。確かに、そのままではちょっとマズイよな…。

・「ドキドキ土器」
縄文時代に農耕があったことを証明しようとする話。当時はまだ「無かった」説が濃厚だったんですね。2005年7月に熊本県の大矢遺跡で稲もみの圧痕跡がある縄文時代中期の土器が出土したという、このエピソードさながらの実話があったようです。

・「くたばれ評論家」
評論家の体から摘出するのが、ガンではなく、銃弾の破片になっている。ガンを部分テレポートするってのに無理があると思ったのだろうか。

・ その他細かいツッコミ…
まず、連発される「未成年のハダカ」シーンについては、不問で…。あの時代は鷹揚だったてことか。もっとも、ぜんぜんエロく感じないのは、F先生の人徳か(笑)。

それとは別に、魔美がレストランでワインを飲むシーンがあったり。それも今だったら絶対NGだよね…。

あと、エスパー魔美に限った話ではないが、当時のアニメでは「廊下に立ってろ!」ってのがよくありましたね。今、学校で廊下に立たせることなんてないよねきっと。今の子供が見たら、意味がわからなかったりしないかな?

あと、解決が無茶な話もいくつかありますね。空き地で発見された「不発弾」を埋め戻してハッピーエンドって話とか…。

シリーズ後半は、コミック原作のないオリジナルエピソードでした。全体的にダークな話は減っている印象ですね。こちらにもけっこう好きな話があります。

「俺たちTONBI」「自転車ラプソディ」「6月の恐竜」とかいいね。「日曜日のトリック」は、オチが見事。「恋愛のススメ」はむず痒い話だけど、わりと不遇だった富山クンが幸せになれたのがよかった…。

エピソードではないが、オリジナルキャラではノンちゃんがいい味出してますね。原作にいないのが不思議なくらい重要キャラ。あんな子リアルでいそうだし。

実は放送当時、なんかの理由で、最終話は見逃してしまったんです。今回、ようやく見られました。まあ、魔美にとっての最終回って感じではなかったですが、原作のブツ切り感に比べれば、最終回然とはしてたかな。

こういう社会派アニメ(しかも、長期にわたる)って、昨今ではなかなかあり得ないかな。希少な作品だったんじゃないかなと思います。

(2016.11.30)

|

« パンプキン | トップページ | 今さら(笑)真田丸ゆかりの地探訪・1 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/64565349

この記事へのトラックバック一覧です: 今さら(笑)、エスパー魔美レビュー:

« パンプキン | トップページ | 今さら(笑)真田丸ゆかりの地探訪・1 »