« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016 LAST

以前の記事にも書きましたが、有名な「ハート形土偶」って、群馬県(吾妻郡)で出土したものだったんです。(その時知った)

Heart_dogu01

(これはレプリカですが。群馬県渋川市発掘情報館)

この土偶の、後ろ側ってどうなってるか、知ってました?

Heart_dogu02

↑実はこんな感じらしいです。取っ手みたいなのがついてたんですね。


という感じで(関係ないけど)、2016年もそろそろ終わりです。

今年は、久々に本業での新作が出て、めでたい年…になるはずだったんだけど…結果は、なんかパッとしない1年でした…。

それで、ちょっと悟りましたね。物事にあまり過大な期待を抱くべきではないな、と。

無心が良いですね。 来年は、ハート形土偶のように、飄々とした1年を送りたいものです。

(2016.12.28)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマス2016

毎年のクリスマス恒例になってしまった「はり札」コレクション。(昨年

ネタが尽きたらやめようと思ってるのですが、毎年いくつか気になるものが見つかるんですよ…。

1.

Hari2016_02

酒、ダメですか?
(イスラム教はともかく、キリスト教は飲酒を禁止してなかった気がするが…というか、キリストさまの血はワインじゃなかったっけ?)

私、さほど酒好きってことでもないし、そもそも弱いんですが、最近徐々に酒量が増えてるんですよね…。ストレスかな…。

2.

Hari2016_01

ちょっと、何言ってるかわかりにくいです…。
「正しくない時代に生きる人々は、神を認めない」ということかな?

今の時代は曲がってますかね? どうでしょう?

「正義」というのは、主観的・相対的なモノであって、定義は不可能…と子供の頃ガンダムを見て悟った気がしてたんですが…

最近、ジョン・ロールズの関連本を読んで、彼が定義を試みた「正義」にちょっと共感を覚えました。

(本当はロールズの「正義論」を読むべきなんだろうけど、あまりに分厚くてデカくて、移動中に読めそうもなかったので…)

要約すれば「自由と平等を重視する」というものですが、自由も平等も無制限ではなくルールを設けてます。

「基本的な諸自由は自由のためにのみ制限されうる」
「不平等は社会的・経済的にもっとも不遇な人たちの権利の向上が見込まれるかぎり許容される」

いわゆる「現代的リベラリズム・社会的自由主義」ってやつらしいです。
(同じリベラルでも、リバタリアニズムではない。こちらはできる限り無制限の自由を求める思想)

おお、確かに、これこそ「正義」の定義といっていいんじゃないか!?
で、上記を妨げようとするものが「悪」ということになります。

例:
世界征服と人類の奴隷化を目論むショッカーは、自由と平等を踏みにじるので悪。
ショッカーを倒す仮面ライダーは、ショッカーの自由を制限するが、「他の人々の自由のため」なので正義。
(↑あくまで、私の独自解釈です)

もちろん、この思想も完璧ではなく、他の哲学者からけっこうツッコミ(反論)を受けたようです。
(それぞれ確かに一理あるんですよね…さすが頭いい人たちだ)

そのツッコミのひとりが「白熱授業」のサンデル教授。

サンデル教授については、以前書きました。
当時も「コミュニタリアニズム」にはイマイチ共感できませんでした(「白熱授業」は面白かったけど)。ロールズの本を読んで、改めてそれを再確認した感じです。

もっとも、最近は世界的にコミュニタリアニズムの方が優勢な気もします。
トランプ次期大統領なんかも、それに近いんじゃないですかね(「アメリカ第一主義」はコミュニタリアニズムに思える)

まあ、最終的に「世界連邦」みたいなものを夢想するロールズに比べると、現実的で実現しやすい正義かもしれないです。

どっちが正しい、と強弁する気もないですが…。

ロールズの思想として、「立場入れ替え可能性の確保」という考え方があるみたいですが、これだけは、あらゆる言動の中で考慮して良いものじゃないかなと思いました。


今年、ドバイに行ってきました。(その件も、いずれ書こうと思ってます)

ドバイ(アラブ首長国連邦)って、敬虔なイスラム教の国なんですが、クリスマスってどうなのかな …と疑問に思ってました。

で、市内観光のガイドさんに聞いた所、「盛大に祝いますよ」と言われて、ちょっとびっくり。

実際に、その光景を目の当たりにしました…

Xmas2016_01

ドバイモールの「ダイソー」にて。まだ11月頭なのに、日本以上のクリスマスグッズの充実度合い。

まあ、ドバイの住人の80%は外国からの移民とのことなので、その人たちが祝うってことなのかな…とは思いましたが。(ガイドさんも、ネパール人だった)

それでも、クリスマスを祝うことを禁じていないのは、リベラルな国だなと思いますね。

(お、ロールズの話につながるな…)

(2016.12.24)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スカイリム「外交特権」からの脱出

PS4のゲーム、「The Elder Scrolls V: Skyrim(スカイリム」を遊んでます。

面白いですよー。すっかりハマっています。
これ以前に、同じメーカーの「フォールアウト4」を遊んだのですが、これが面白くて。スカイリムは、それとほぼ同じシステムを使った、ファンタジーRPGなのですが、期待に違わず面白いです。(残酷シーンがあるためCERO-Zなのが玉に瑕)

その面白いスカイリムですが、先日、「先に進めない…初めからやり直しか」と思わせる、絶望的な状況に陥ってしまいました。

以下、プレイしてない人には、ちょっとわかりにくいと思いますが…

クエスト「外交特権」で、マルボーンに武器防具を預けず、クエストを進めてしまい、丸腰で敵が大勢たむろする大使館の探索せざるを得ない状況になってしまったのです。

(武器を預ける件で、ちょっと注意を怠ってしまい、読み飛ばしてしまったのです。日本のゲームなら、もう一回聞いてくるとか、預けてなくてもなんらかの装備はもらえるとか、救済策ありそうなものだが…さすが洋ゲー、慈悲もない)

しかも、預ける件の前のセーブデータも残っておらず、戻ることもできない。

まさに万事休止! 最初からやり直しか!?

だが、まだ諦めるな! きっと道はあるはず!! 

ということで、この窮地からいかにして脱出したか……備忘録というか、同じ目にあった人への救済になればと思い、書いてみます。
(ネットで有志のQ&Aを調べても「そんな間抜けなことをするお前が悪い」とかいう回答しか見つからないんだもの…ヒドイよ。)

※レベルや、獲得しているスキルによっては、本当に脱出不能な場合もあるかもしれません…。

[ 基本戦略 ]

  • 難易度を「ベリーイージー」にする。不本意だが背に腹はかえられぬ。
  • 事あるごとにセーブする(クイックセーブではなく、履歴を残す。いつでも戻れるように)
  • できるだけ隠密で敵に見つからないように行動する
  • 要は、行ける範囲で見つかる、鉄のダガーと帯鉄の鎧を入手し、その後兵士を一人倒して、装備を奪えばよいのである(簡単じゃないが。その間に、任務もこなす必要もあるし)

[ 細かい流れ ]

(記憶を元に書いてるので、間違いがあったらすみません)

1. 大使館で騒ぎが起きた後、マルボーンに連れられて裏口から台所に入る(宝箱があり、本来預けた装備品の入っているのだが…預けてないので中身は空)。この台所を調べると、きこりの斧があります。強くないですが丸腰よりマシなので取っておく。

2. 台所から先に進み、歩哨のいる部屋を通過する。見つからないようにうまく行ければ良いのだが、うまくいかなかったら強引に奥に進んで、扉から外へ。

3. 中庭にも敵がたくさんいるが、無視して逃げ「エレンウェンの日光浴場」に入る。すると、なぜか敵は追って来ず、中の敵も気づいていない。(入る前に隠密状態になっている必要があるかも)。その状態だったらセーブしておく。

4. 見つからないように、部屋の奥にある宝箱まで行く(見つかったらロード…)

5. 宝箱にはクエストアイテムが。また、近くを探すと鉄のダガーが見つかるので装備。これで少し楽に。

6. ここにしばらく潜んでいると、兵士がいなくなる。そこで地下へ。

7. 拷問部屋のある尋問室へ。拷問進行中だが、それは無視して、敵に見つからないように左奥の階段から上に登る。ここを探すと帯鉄の鎧がある。これでだいぶ楽に。(反対側の階上を探すと帯鉄の盾もある)

8. 拷問がいずれ終わると、兵士が去って、数が少なくなる。そこで、(セーブしてから)機会を見計らって、兵士を一人誘い込み、なんとか倒す(魔法やシャウトは使えるので、頑張れ。失敗したらロード)。兵士を倒せば、いい武器といい防具が手に入る。これでもう一安心。

9. あとは、兵士を何人か倒せば、落とし戸の鍵が手に入るので、それで異臭の洞窟へ。その前に拷問されてる人を助けたりできる。私は、マルボーンは助けられませんでした。(マルボーンが追われてくるはずなのだが、来なかったような? 単に気づかなかっただけ…?)

10. 異臭の洞窟には、トロールがいるけど、まあ、なんとかなるでしょう。

11. 脱出して終わり。潜入前にデルフィンに預けた荷物は、リバーウッドの宿屋で回収できます。

以上。

こんな感じで、私は絶望の淵から生還できました。

(大げさに聞こえるかもしれないが、一時はマジ最初からやり直しかと思いましたよ…)

同じような境遇に陥った方の助けになれば幸いです。

(2016.12.20)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年アニメ

Gigazineに「2017年冬季開始の新作アニメ一覧」の記事が出てました。(改編期前にはいつも出る記事ですね)

自分は、それほどアニメをたくさん見る方ではないですが、記事に気づいた時は、一応確認してます。

今回、気になったところでは…

スクールガールストライカーズ Animation Channel

自分がずっとプレイしてるスマホゲームがアニメ化されるとのことで、ちょっと見てみようかなと。
そんなに入れ込んで遊んでるわけではないので「ゲームに登場するXXちゃんがアニメで表現されて嬉しい!」…とかいうことでもないですが。それに、ゲーム中の3Dモデルアニメがよくできてるので、あえて2Dアニメにしなくてもいいくらいですけど。

来期、この他にもスマホゲームのアニメ化作品がけっこうありますね。(たまたま知ってるタイトルだから気づいただけかもしれないが)

グランブルー、フェイト、チェインクロニクルとか…。モンストが映画化したりもしてるし、最近スマホゲーム業界で流行りのプロモ戦略なんだろうか。

戦隊ヒーロースキヤキフォース

群馬テレビ放映の新作アニメって珍しい。たまたま見られる環境にいるので、見てみようかな。
最近、群馬県は「スキヤキの具材がすべて揃う県」とかいうことで、スキヤキ県を売りにしようとしてるみたいですが、県民としてもまだ浸透してない印象。(「ぐんまでGo!」のグルメ写真でも取り上げ損ねました。最近スキヤキ食べてないから写真が撮れなかったこともあるけど)

アニメが面白くて、他局でも放送するようになったら、「スキヤキ県」認知度上がるかもね。

がん がん がんこちゃん

NHK-Eテレでずっと昔からやってる、ロングラン人形劇のアニメ化。
Eテレはけっこう好きだけど、これはそんなに見てなかったので、アニメも見ないとは思うけど、「なぜ今!?」的な感じで、気にはなりました。

今回のアニメ一覧を流し見すると、「ほとんど美少女、たまに美男子」という絵が続いて、門外漢にはほとんど一緒に見えてしまいますね。自分としては、たまに「がんこちゃん」「スキヤキ」みたいな絵がでると、かえって目に止まってしまいます。

そもそも、今、自分が一番楽しみに見てるアニメもそんな感じかも…

ぼくらベアベアーズ」「アドベンチャータイム
(ともにNHK-BSプレミアムで放送)

ベアベアーズは、今年、海外旅行先のテレビで初めて見たアニメで、日本でも10月から放送していたのを知って見始めました。表面ほのぼのながら、けっこうぶっ飛んだ内容もあって面白い。海外アニメにありがちなドギツイ部分はないので安心して見られる。

アドベンチャータイムは、以前Amazonプライムでひととおり見てるんだけど、やっぱり面白い。ちょっとナンセンスがきつい部分もあり、たまにプチグロなシーンもあるが、子でもでも見れるレベルかな(NHKなので!)。

ゆるい絵柄やナンセンス度でいうと、「おじゃる丸」に近いかもしれない。「おじゃる」も好きで、いまだに見てます。

どっちも「美少女・美男アニメ」じゃないな…。今の日本のメインストリームとは、嗜好がずれてるのかもしれない。いや、美男美少女キャラも嫌いじゃないんだけど。

そういえば「JOJO第四部」は、今期で終わりそうだけど、相変わらず面白いよなあ。コミックスも持ってて何度も読んでるんだけど、いまだにグイグイ引き込まれてしまう。
JOJOは、美少女はいないが美男はいるぞ…って、ちょっと違うか。

(2016.12.14)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今さら(笑)真田丸ゆかりの地探訪・2

真田丸も、もうすぐ終わりって事で、駆け込み真田丸SP、その2。

[ 岩櫃城址 ]

群馬県吾妻郡。

Iwabitsujo00

岩櫃山。
真田丸のOPの冒頭で、ちらっと登場している山です。

岩櫃山には数年前に登ったことがありますが、鎖場があったり、足を踏み外しそうな狭い尾根道があったりと、高所ニガテな自分には恐怖な山でした。

真田丸キャンペーン中ということで、(沼田城みたいに)浮かれた様子になってるのかな…と期待しつつ、行ってみました。

Iwabitsujo01

岩櫃城は岩櫃山登山道の途中にあります。

以前には無かった、真田丸のノボリや、真田丸ポスターを貼りまくった(いかにもニワカ作りの)観光案内所ができてたり、確かに浮かれた様子になってました。
まあでも、おかげで今年は人がいっぱい来たんだろうなあ。

Iwabitsujo02

本丸跡への道。

ちなみに、岩櫃城の築城時期・築城者は不明。(伝承では鎌倉時代)
で、戦国時代、なんやかやあって、真田氏が支配することになります。

Iwabitsujo04

岩櫃城、堀跡。上は本丸跡。

おお〜! ここがかつて真田も支配した城の跡か…!
…なんて、初めて来たわけでは無いのですが、あらためて感激。

以前、登山で来た時には、復元した天守閣はおろか石垣すらも無い城跡なんて…と、ほぼスルーしていたのですが…最近、考え方が変わって(ブラタモリなどの影響)、城跡の土木的遺構の良さがわかるようになった気がします(笑)。

Iwabitsujo03

これは、去年末あたりから立ってるのかな?

Iwabitsujo05

本丸跡の高台から下の堀跡を望む。

Iwabitsujo06

岩櫃城本丸跡。

Iwabitsujo07

小さい祠があった。よく見ると…ここにも六文銭が並べてある! 

本丸跡から少し離れた場所にも、遺構がいくつかありました。

Iwabitsujo08

出浦渕!?

真田丸でも人気キャラだった、出浦昌相の名を冠す遺構ですね。こんなのあるなんて知らなかった。(以前は、こんな説明板もなかったんじゃないかな。気づかなかっただけかな)

Iwabitsujo09

へえ、出浦昌相が、岩櫃城の最後の城代だったのか。終焉の地も、ここ吾妻だったようです。

私も、真田丸で出浦が忠勝に斬られた際、これで死んだのか(あるいは再起不能で歴史の舞台から消えたのか)と思ってましたが…史実を知ってたら心配しなかったのにな。

実際、真田丸でも最近の回で登場して、信之とコミカルシーンを演じてましたね。良かった良かった。

-----

(おまけ)

Iwabitsujo10

あの有名な、ハート形土偶って、ここで出土したものだったのか。知らなかった。

(2016.12.9)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今さら(笑)真田丸ゆかりの地探訪・1

「真田丸」も、あと数回で最終回という今、上田城に行ってきました。

ずいぶん前から行きたいと思ってたんだけど、混んでるだろうなーと思って時期をうかがってたら、こんな時期になってしまいました。

[ 上田城跡 ]

Uedajo01

南側から。手前は南櫓、奥は西櫓。

Uedajo02

西櫓。上田城で唯一、江戸時代のまま残った建物。

Uedajo03

東虎口櫓門。

Uedajo04

上田城おもてなし武将隊のおふたり。真田十勇士に扮している。カワイイ。

Uedajo12

左下のデカイのは、「真田石」と呼ばれていて、真田信之が松代移封の際に持ち去ろうとしたが動かなかったという「伝説」がある。

Uedajo11

櫓門、中から。奥が南櫓。

南櫓は、一時解体され売られ、遊郭の建物として使われていたそうだ。

櫓に入るには、入場券が必要。上田市立博物館との共通券で500円。(櫓のみなら300円)

Uedajo06

南櫓の矢狭間。訪問者が置いていくのか、六文銭の形に置かれた小銭は、あちこちで見ましたね。

Uedajo07

西櫓。普段、中は非公開ですが、今年は(真田丸SPで?)特別に見られます。

Uedajo08

西櫓内部。さすがに階上は侵入禁止でした(古くて危険なため)。

Uedajo09

本丸跡。

Uedajo10

隅櫓跡と、堀。

Uedajo22

真田丸大河ドラマ館というの開催されていた。
(が、こちらには寄りませんでした。上田市立博物館には行った)。

上田城を見学し、真田氏の時代に思いを馳せる私でした。
…が、実は現在ある櫓などの建物は、真田氏が移封された後、仙石忠政が再興したものだそうで、建物的には仙石氏の城なんですね…。

とはいえ、城郭全体は真田氏の造ったものですからね。
最近、城の見所は、建物よりもむしろ、曲輪や堀にあるんじゃないかと再認識し始めたところです。(「ブラタモリ」や「お城へ行こう」の影響)

Uedajo19

おまけ。
西櫓の下を少し北に行ったところの崖。
もともと、尼ヶ淵という天然の堀の崖で、亀裂は上田泥流層と染谷層の境(火砕流層)。

…という話を、これも「ブラタモリ」で知った。

-----

城を見た後、上田の街を散策してきました。

[ 上田の街 ]

Uedajo14

上田駅。上田では、スキあらば六文銭が出てくる。
(と、「空から日本…」の、くも爺が言っていた)

Uedajo13

真田幸村公騎馬像。駅前にあります。

Uedajo21_2

現在、上田高校の門となっている、上田藩主屋敷門。
ここの校章は六文銭らしい(と、これも「空から日本…」で見た情報)。

Uedajo15

飯島商店。建物が国指定登録有形文化財。

ここは、有名な「みすず飴」を売ってるお店です。

Uedajo21

みすず飴って、↑コレです。
なつかしー…というか、昔はこれのニセモノをよく食べてた気がする。
今食べると、けっこう美味しい。

あと、上田にはレトロゲーセン(?)もある…という情報を「アド街ック天国」で得てました。

Uedajo17

「ゲーセンニャライズ」

この日は平日で、休みだったんですけどね(わかってたんですが…店の外観だけでも見たかったので行ってみた)。

数多あるメニューからゲームを選ぶと、基盤を差し替えて遊ばせてくれるという珍しいシステムのゲーセンらしいです。

Uedajo18

店の外には、ゲームのチラシみたいなものが数多貼られてました。
「ガズラー」…なかなかレアだ…。

(2016.12.5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »