« ドバイ 適当旅行・3 | トップページ | 豆苗が育った »

ドバイ 適当旅行・4

ドバイ旅行記の続きです。

今回は、滞在中何度も訪れた(笑)、ドバイ・モールについてまとめて書いてみます。

[ ドバイ・モール ]

言わずと知れた、世界最大のショッピングモール。

ドバイは世界一に命をかけてます。(と、ガイドさんも言っていた)
「2位じゃダメ」らしいです。このモールとか、ブルジュ・ハリファ、ドバイ空港など、とにかく世界一がたくさんあります。観光客を呼ぶための施策ですね。

Dbi06_01

ドバイモールの外観…といっても、ちょっとわかりにくいですが。
いかにも「ここがドバイ・モールの正面」みたいな場所は見なかった(ないのかも)。

Dbi06_02

モールの中は、だいたいこんな感じ。
3階層のショッピングモールというと、「イオン・モール」みたいなものですが、各フロアの広さが半端ありません。けっこう長い時間歩き回りましたが、全貌を見た気がしません。

外は暑いですが、当然のようにモール内は涼しい…必要以上に。
長袖必須でした(私は特に寒がりなので)。

まずは、オーソドックスな視点で、モール内施設をご紹介。

Dbi06_19

モール内に、恐竜ディプロドクスの全身骨格が展示されてます。
日本で買ったガイドブックでは、エントランスにあると書いてあったが、2016年末の時点では、別の場所に展示されてました。

Dbi06_22

モール自体は無国籍感で、アラブの国だということを意識させませんが、お祈りの時間になるとアザーンが流れ、モール内の液晶画面にお祈りのアイコンが表示されます。多くの人がお祈りの部屋に向かって行きました。

Dbi06_05

モール内には巨大水族館があります。
水族館に入らなくても、巨大水槽はモールの通路側から自由に見られます。

Dbi06_21

モール内に、「スーク(市場)」のようなエリアもあります。(ラクダは本物じゃありません。念のため)
スパイススークなどと違って、呼び込みなどされず落ち着いて見られます。
もっとも、あまり面白みがないとも言えますが…。

Dbi06_26

モール内にこんな一角もありました。美しい。
(後で知ったのですが、これ、ポルトガルのアートフェスティバルに元ネタがあるようです)

Dbi06_17

スケートリンクもあります。
外はとんでもなく暑いのに、中ではスケートができるというこの贅沢感。

ちなみに、ドバイ・モールとは別の、「モール・オブ・ジ・エミレーツ」には…

Dbi1_26

巨大な屋内スキー場がありました…。
外は激暑いのに、スキーしてますよこの人たち…。さらなる贅沢感…。

Dbi1_27

屋内スキー場の入り口。マスコットキャラもいる。

Dbi8_01

お土産もドバイ・モールで買いました。

ラクダミルクチョコ(右)。ラクダのミルクを使った、新顔のお土産らしいです。29AED(870円くらい)とけっこうお高いですが…味は普通に美味しくて、話題性的にもオススメです。

左は、デーツチョコ。こっちは(値段忘れたが)、そんなに高くない。
デーツ(ナツメヤシ)は、このあたりの伝統的な特産品なので、これも外せないですが、好みは分かれるかな。

[ フードコート ]

ドバイ・モールには巨大なフードコートがあり、気軽に食事できます。
(で、滞在中の食事は、けっこうここを利用してました…。事前に値段がわかるし、時間かからないので良いんですよ)

Dbi06_28

現地料理のケバブ屋。(実際はイランの店みたいですが)

Dbi06_29

チキンのケバブ。ジュースとセットで、60AED(1800円くらい。安くはないな)。
肉はジューシィで、かなり美味しかったです。

Dbi06_27

あらゆる国の食事ができます。
インド人やネパール人が多いためか、カレー屋は多いです。

Dbi06_30

フィッシュカレー+オレンジジュース 47ED(1400円くらい)

日本で食べるカレーとはちょっと違う味ですが、超〜美味しかったです。

Dbi06_40

ライスにカラフルな色が付いていて、超細長い。インディカ米も海外でよく食べるけど、こんなに細いのは初めてじゃないかな。バスマティという種類らしく、現地のスーパーでも売られていた。ドバイで農業はできないので、インドあたりからの輸入品だと思われる。

[ ドバイの中の日本 ]

世界で、日本の存在感が高まっている……というのを、日本にいると感じますが、実際のところはどうなんだろう? 

この、世界中のブランドが集まるグローバルなドバイ・モールで、日本の存在感を実感できました。

Dbi06_03b

あの百円均一のダイソーです。日本でよく利用してます。
ドバイでの値段は7AED(210円くらい)均一でした。

Dbi06_07

「すべてのアイテムは日本から輸入してます」すごいアピール。(でも、ダイソーの製品の多くって、made in 中国とかだったりしますよね…?)

"90,000 Inspirations & Ideas from Japan"なんてキャッチコピーも書いてありました。

Dbi06_04

無印良品。ブランドですよね。

Dbi06_08

紀伊国屋書店。
2017年のドバイカレンダーを買いました。

Dbi06_20

サンリオ。
キティちゃんは、ここ最近行った海外旅行先のどこでも見かけますね。

Dbi06_09

これは、日本企業ではないですが…
「マンガスシ」という、セーラー服を来た女の子がウェイトレスをやっている、ちょっと間違った(?)日本観の寿司屋。このモールだけでなく、路面店もあるらしいです。

時間帯のせいか、ヒマそうだけど…。

Dbi06_16

セガのアミューズメント施設がありました。
(入場料が必要な施設なので、入りませんでしたが)

白い服の男性や黒い服の女性は、おそらく現地の人(アラブ首長国人)ですね。「ゲーセンで大富豪が遊んでいる」…という風景に見えてしまう。

Dbi06_31

フードコートにも、日本食のレストランがいくつもありました。
(テリヤキはともかく、エビフライとかイカリングとか、日本食かどうか微妙なものもありますが)

[ オタク系ショップ ]

私好みのショップも色々ありました。

まず、普通のおもちゃ屋…ですが

Dbi06_10

トルーパーの実物大モデルがディスプレイされてる!

フィギュア屋みたいな、オタクショップもたくさんあります。

Dbi06_11

ハルクとか、ジョーカーとかディスプレイされてる店。
やっぱり、ここでもアメコミは強いですね。

Dbi06_14

フィギュア屋。
店先のディスプレイはやっぱりアメコミですが…

Dbi06_13

店内には日本のアニメのフィギュアもたくさん。↑ではわかりにくいかもですが、ワンピース、ドラゴンボール、進撃の巨人、スト2、ワンパンマンとか…。

しかし、ここ、イスラム教国ですよね…。キャラものフィギュアって、偶像崇拝ってことにはならないのかな…。(まあ、旅行者向けなのかもしれないが…どちらにせよ寛容な国ということですね)

Dbi06_15

ゲームショップもありました。店頭にドラゴンボール。

Dbi06_12

これもゲームショップ。

大きなCDショップがあって、そこでもゲームを扱ってました。

Dbi06_23

歴代のゲーム機やレトロなゲームが展示されている…。マニアック…。

Dbi06_24

フィギュアも、山ほどディスプレイされてる。

Dbi8_02

ちなみに、このCDショップで試聴して気に入ったCDを買ってしまいました。
「クラブ・アラビア」。ユーロビートのようなテンポで、アラビックな曲(歌詞もアラビア語)がノンストップで流れる、ノリノリでゴキゲンなアルバム。最近もドライブ時にヘビロテで聴いてます。

ドバイ・モールの外縁にも面白い場所があります。

[ スーク・アル・バハール ]

Dbi06_33

ドバイ・モールの隣にある、屋内スーク。
ドバイモール内のスークよりも、もう少しローカルな感じ。

Dbi06_38

これも有名な、ドバイ・ファウンテン。
1日に何回か、時間になると噴水ショーが行われます。

Dbi06_36

夜の時間帯の方が綺麗。
ショーが始まると人がたくさん集まるので、最前列で見たいなら場所取りが必要…。

Dbi06_37

噴水が、ものすごく高く上がります。これも世界一かも?

長くなってしまった…今回はこの辺で。
続きはまたいずれ。

(2017.3.7)

|

« ドバイ 適当旅行・3 | トップページ | 豆苗が育った »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

海外」カテゴリの記事

コメント

エビフライは日本発祥の食べ物なので、れっきとした日本食ですよ。スパゲティナポリタンみたいな?

投稿: 深井 | 2017年3月 9日 (木) 00時53分

え、エビフライって、日本オリジンなんですか。
だとすると、日本食といって間違いではないかな…。

カリフォルニアロールは、アメリカ料理…みたいな。


投稿: 適研 | 2017年3月10日 (金) 22時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/64968388

この記事へのトラックバック一覧です: ドバイ 適当旅行・4:

« ドバイ 適当旅行・3 | トップページ | 豆苗が育った »