« 2017年5月 | トップページ

2017年6月

韮山反射炉

少し前に、鉄腕ダッシュでおなじみ(?)の「韮山反射炉」に行ってきました。

[ 韮山反射炉]

静岡県伊豆の国市。
韮山反射炉は、2015年に世界遺産登録された「明治日本の産業革命遺産」のひとつ。

Nirayama01

ガイダンスセンター越しの反射炉。
ガイダンスセンターが、反射炉への入場口になってます。
入場料500円。

ガイダンスセンターでは、反射炉に関しての資料や映像が見られます。

Nirayama02

反射炉!

反射炉は、鉄を溶かし大砲などを鋳造するための炉です。内部構造により、熱を反射して高温を得る仕組みから、反射炉と呼ばれます。

韮山反射炉は、江戸時代末期、海外列強に対抗する必要性から、外国の技術書を元に日本人の手で建設されました。1857(安政4年)完成。実際に稼働し、いくつもの大砲を鋳造したそうです。

Nirayama06

反射炉の偉容。 カッコイイですよね〜!
X型の鉄枠は昭和32年の補修で追加されたものですが、明治期の写真からほぼ変わらない姿を保っています。すでに大正時代から史跡指定され、保存されてきたそうです。

Nirayama03

反対側。

Nirayama04

焚所風入口。

Nirayama05

鋳口と焚口。

Nirayama07

韮山反射炉のゆるキャラ、てつざえもん…。

Nirayama08

韮山反射炉の生みの親、江川英龍は、日本で初めてパンを焼いた人物で、「パン祖」と呼ばれているのだそうです。それを再現したパンが売ってました。すごくみっしりして固いパンでした…。

Nirayama09

高台から反射炉を見下ろし。右手には富士山。

Nirayama11

反射炉俯瞰。

Nirayama10

富士山アップ。

反射炉を見終わったあと、ついでに近場の名所を巡ってきました。
沼津は以前行ったので、南の方へ)

[ 大瀬崎 ]

Nirayama12

駿河湾に細長く突き出した砂嘴で、海に囲まれた砂嘴の先端に「淡水池」があり、伊豆七不思議に数えられているそうです。

大瀬崎を歩いてみました。

Nirayama13

砂嘴の中には、自然の群生地としては最北端のビャクシン樹林が広がっています。
ビャクシンって、カイヅカイブキの仲間なんですね。あまりに巨大ですぐには気づきませんでしたが、葉を見ると納得。

Nirayama14

神社がありました。

Nirayama15

Nirayama16

彫刻が素晴らしい。天狗に所縁があるみたいです。

Nirayama17

そして、ここが噂の淡水池「大瀬神池」。淡水である証拠に…

Nirayama21

鯉の群れがいました。

ちなみに、神社〜神池エリアは、入場料(?)100円でした。

[ 三島大社 ]

Nirayama18

源頼朝に所縁のある神社。

Nirayama19

拝殿。

Nirayama20

敷地内には、シカがいました。(放し飼いではない)

(2017.6.22)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かやぶきの郷

久々の群馬観光ネタ。

[ かやぶきの郷 薬師温泉旅籠 ]

群馬県吾妻郡。

温泉宿泊施設のある建物園…という感じかな?

以前から何度も近くを通りかかったものの、入ったことはなかったのですが…割引入場券を入手した機会に行ってみました。

通常の入郷料は大人500円。

Kayabuki01

エントランス。すでにかやぶき。

郷の中に入ると、いくつもの移築されたかやぶき家屋が見られます。

Kayabuki05

南部曲り屋、木村家。
山形県から移築したもの。曲り屋というと「遠野物語」でよく言及される伝統的家屋ですね。(群馬にもある)

外観は当時のままらしいが、中は改造されています。

Kayabuki06

休憩所兼、郷土玩具博物館になってました。

Kayabuki07

すごい数の郷土玩具が収集されていました。

Kayabuki08

出羽国紺野家。
合掌入母屋造り切妻屋根天窓付。(←解説板に書いてあった仰々しい説明)

Kayabuki11

濱田邸。
合掌入母屋造り。
人間国宝の陶芸家、濱田庄司の次男濱田晋作氏が1973年に栃木県益子町に建てたものを移築したもの。

Kayabuki10

宿泊施設のエントランスも、かやぶき屋根(中は近代的)。

かやぶき家屋の他には…

Kayabuki03

時代箪笥回廊。ものすごい数の、時代箪笥を展示してます。

Kayabuki04

箪笥。カッコイイ。

Kayabuki09

鎧や兜が展示されている施設もありました。

Kayabuki12

郷の中では、蕎麦や甘味を食べられる場所があります。

Kayabuki14

珍しい、クマガイソウという植物(蘭の一種)が植えられている場所もありました。

泊まらないまでも、日帰り温泉に入っていければ本当は良かったんですけどねー。ちょっと都合が合わなくて入らず帰りました。次の機会には是非。

(2017.6.16)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

実現したらいいけどな…(3)

実現したらいいな…と思いつつ、生きているうちには無理かなあと思うこと、の続編

前回直後から書こうと思っていた話題なのですが、内容的に気後れしていて…。まあでも、今自分が考えていることの記録として(後の自分に読ませるために)、書いておくべきかなと。

4.安楽死の合法化

念のために言っておくと、あくまで思想の話です。自分が今死にたいとか思ってるわけじゃないですからね。あと、ここで書いたことは個人の考えであって、他人に勧めるものでないことをご了承ください。

J.R.R.トールキンの「中つ国(ミドルワールド)」世界のエルフには寿命がなく、殺されない限り永遠の命を持ちます。しかし、この世に倦み疲れたなら、自らの意思でこの世を去ることができるという設定らしいです(いわゆる「自殺」ということではなく)。

トールキンは、「エルフ」をあらゆる面で人間を超える存在、神に近い理想の存在として描いています。
寿命と死の設定も、トールキンの考える理想の姿なのかもしれません。
(ゲームに登場するエルフは、人間より耐久力が低めとか、バランスを取られることが多いですけど)

エルフと違い、死すべき定めの人の子としては、永遠の命は望めません。いずれは死はやってくるもの。

死は恐ろしい。私は死後の世界を信じていないので、死は単純に「無」になること、夢のない永遠の眠りだと考えてます。

それが、免れようがないなら、せめて自分の最後の処し方を自分で決めたいと思うのです。

もちろん、「自殺」なら自分で決められるわけですが…それには苦しみが伴います。(昔読んだ「自殺マニュアル」によると、一番楽な死に方は「首吊り」だったと記憶してますが…それも嫌だよなあ)
それに、後々他人に迷惑をかけるようなことはしたくないじゃないですか。

病院のような然るべき場所で、公式に、後々の処置も決められた上で、苦しみのない死を迎えたいと思うのですよ。

それを実現するのが、安楽死の合法化ということです。

不治の病で延命措置が必要な場合、それを拒否して自然死を迎えることを「尊厳死」といい、これは日本でも認められているようです。

尊厳死」(日本尊厳死協会)

しかし私的には、それではまだ不満です。「尊厳死」の場合、まず不死の病にかかって、延命措置を取られることが前提ですので…。

世界的に見ると、ヨーロッパの「先進的な」国では、安楽死(自殺幇助)を認める動きはあるようです。(キリスト教では、自殺アウトなはずなのに…柔軟ですよね)

安楽死目的のスイス渡航者が5年で611人に!」(NAVERまとめ)

スイスの場合、重度の不治の病の末期で耐え難い苦痛を伴う場合などに、薬を処方され、それを「自分で飲む」ことによって安楽死できる仕組みのようです。

「人生は完結」と思う高齢者の自殺ほう助認める動き、オランダ」(AFP  2016.10.14)(気づいたらリンク切れでした)

「オランダ保健相と司法相は12日、議会に宛てた書簡のなかで「熟慮した末に自分の人生は完結したとの確信に至った人たちが、厳格な条件の下で、自身が選択した尊厳ある方法で生涯を終えられるようにすべきだ」と提案した。」(引用)

オランダ政府、安楽死を「人生が終わったと感じている人」にも適用させる法案を提出」(同様記事 カラパイア 2016.10.18)

オランダでは2002年から安楽死法は施行されているのを、条件を緩和して「回復の見込みがない末期症状の患者だけでなく、単に”人生が終わった”と感じている人や、”人生に疲れ果てた”と思っている人の自殺幇助が合法化される。」「ただし適用は高齢者のみとなる。」(上記カラパイア記事より引用)とのこと。

すごいですね。「不治の病」の条件が無いことなど、私の理想に近づいてます。「高齢者のみ」の制限も、妥当かな。

もっとも、この件についてはオランダ国内でも賛否両論があるらしく、その後も合法化されたという話も聞いていません。

今回の件は、核融合や火星旅行とは違い、科学の問題じゃないですね。科学的、技術的にはすでに解法はある。むしろ、法律や社会、倫理の問題。ベーシックインカム問題の方に近いかな。

ベーシックインカムと違い莫大な財源が必要なものでもなし、個人のことなのだから好きにさせてくれても良いじゃないか、と思わなくもないですが……。

実際は、そんな簡単な話じゃないんですね。

安楽死が合法化されると……

・ これによる自殺者が急増する?

個人的には、そこまで心配する必要はないだろうと思っていますが(もともと現在の自殺者数に関しては、健康問題のある高齢者が最も多いため)、安易に自殺を選ぶ人が増える可能性はあります。その意味ではオランダの法案のように、高齢者に限るなどの制限は必要に思います。もともと、私の意図として、逃避的な自殺というよりも「ここで人生を完了するのがベストだな」というような、前向きなものを想定しています。高齢者に限るのは、フェイルセーフになると共に、意図にも合致しますね。

・ これを利用した犯罪が行われる可能性がある?

現在施行されている国では、本人の再三の意思確認など厳重なチェックがあるようですが、脅迫などで本人の意思を装わせることなどできたりしないでしょうか。
一度安楽死を宣言したとしても、いつでも(実行の直前でも)撤回できるようでないといけないですね。
死亡保険などについても、犯罪に利用される可能性がありそう。あらたな取り決めが必要になるかもしれません。
もっとも、この辺りは、先行する国を参考に対策することはできそうな気はします。大きな問題ではないだろう、と思えます。

・安楽死しない高齢者への社会的圧力

私的にもっとも危惧するのは、これです。

安楽死が合法化されると、保険問題、年金問題が緩和されるなど、社会にとってメリットがあります。安楽死を選ぶ高齢者は、賞賛されるでしょう。
一方で、高齢になっても安楽死を選ばない人は、肩身が狭くなりそうです。
面と向かって非難されることはないにしても、「いつまでも生きている老人は邪魔者」という社会の暗黙の圧力が容易に想像できます。

これは大きな問題です。安楽死は、あくまでそれを望む人個人の選択であり、安楽死したくない人の意思も尊重されるべきです。望まない人の権利を侵害するのでは、むしろ社会の不幸度を増加させることになり、本来の意図に反します。

これは法律などで解決できるものではないですね。社会がそれだけ成熟しないと、この問題を払拭するのは難しそうです。

…ってことで、「生きているうちには無理」かなあと思うわけです。残念。

もっとも、今でこそ、「安楽死の合法化を望む」なんて言ってますが、実際に合法化されたとして、自分は本当に安楽死を選ぶんですかね? 
その時になったら、勇気が出ずに躊躇する可能性も大いにありますね…。
果たしてその時の自分は、死ぬことに勇気が要るのか、生きていることに勇気が要るのか…。

うーん、ちょっとまとまり切らなかったけど、この辺にしときます。

(2017.6.12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白いカラス

先日、群馬県富岡市にて、珍しいカラスを目撃しました。

Whitecrow01

驚かさなように物陰から望遠で撮ったので、UMA写真のようなボケボケになってしまいましたが……

これ、カラス(ハシボソガラス)ですね。大きさ的にも、体型的にも、間違いない。
しかし、羽根に白い部分があるのがわかりますか? 

Whitecrow02

これなら、もう少しわかりやすいですね。
羽根の一部分が、白いんです。

(タイトルの「白いカラス」は、ちょっと言い過ぎでしたね…盛ってしまいました。「ごま塩カラス」くらいが適当かな)

大きさは普通のカラスと同等くらいでしたが、尾羽が短いことから、子ガラスだったのではないかと思われます。まだうまく飛べないようで、歩いて逃げていきました。親は近くにいたんだろうか? ちょっと心配。
まあ、カラスは都市部では無敵でしょうから(猛禽は滅多にいないし、飛べなくてもそうそうネコに捕まったりはしないだろうし)、大丈夫だとは思いますが…。

ネットで「白いカラス」を調べると、文字通り真っ白なカラスも出てきますが、本件のようなごま塩カラスの画像も見つかりました。似たような例もあるんですね。もっとも、これがどのような原因で出現するのかなどは、わかりませんでしたが。(まあ、原因も何も、単に偶発的な突然変異なんでしょうけど)

(2017.6.5)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ