« かやぶきの郷 | トップページ | 中華キャノン »

韮山反射炉

少し前に、鉄腕ダッシュでおなじみ(?)の「韮山反射炉」に行ってきました。

[ 韮山反射炉]

静岡県伊豆の国市。
韮山反射炉は、2015年に世界遺産登録された「明治日本の産業革命遺産」のひとつ。

Nirayama01

ガイダンスセンター越しの反射炉。
ガイダンスセンターが、反射炉への入場口になってます。
入場料500円。

ガイダンスセンターでは、反射炉に関しての資料や映像が見られます。

Nirayama02

反射炉!

反射炉は、鉄を溶かし大砲などを鋳造するための炉です。内部構造により、熱を反射して高温を得る仕組みから、反射炉と呼ばれます。

韮山反射炉は、江戸時代末期、海外列強に対抗する必要性から、外国の技術書を元に日本人の手で建設されました。1857(安政4年)完成。実際に稼働し、いくつもの大砲を鋳造したそうです。

Nirayama06

反射炉の偉容。 カッコイイですよね〜!
X型の鉄枠は昭和32年の補修で追加されたものですが、明治期の写真からほぼ変わらない姿を保っています。すでに大正時代から史跡指定され、保存されてきたそうです。

Nirayama03

反対側。

Nirayama04

焚所風入口。

Nirayama05

鋳口と焚口。

Nirayama07

韮山反射炉のゆるキャラ、てつざえもん…。

Nirayama08

韮山反射炉の生みの親、江川英龍は、日本で初めてパンを焼いた人物で、「パン祖」と呼ばれているのだそうです。それを再現したパンが売ってました。すごくみっしりして固いパンでした…。

Nirayama09

高台から反射炉を見下ろし。右手には富士山。

Nirayama11

反射炉俯瞰。

Nirayama10

富士山アップ。

反射炉を見終わったあと、ついでに近場の名所を巡ってきました。
沼津は以前行ったので、南の方へ)

[ 大瀬崎 ]

Nirayama12

駿河湾に細長く突き出した砂嘴で、海に囲まれた砂嘴の先端に「淡水池」があり、伊豆七不思議に数えられているそうです。

大瀬崎を歩いてみました。

Nirayama13

砂嘴の中には、自然の群生地としては最北端のビャクシン樹林が広がっています。
ビャクシンって、カイヅカイブキの仲間なんですね。あまりに巨大ですぐには気づきませんでしたが、葉を見ると納得。

Nirayama14

神社がありました。

Nirayama15

Nirayama16

彫刻が素晴らしい。天狗に所縁があるみたいです。

Nirayama17

そして、ここが噂の淡水池「大瀬神池」。淡水である証拠に…

Nirayama21

鯉の群れがいました。

ちなみに、神社〜神池エリアは、入場料(?)100円でした。

[ 三島大社 ]

Nirayama18

源頼朝に所縁のある神社。

Nirayama19

拝殿。

Nirayama20

敷地内には、シカがいました。(放し飼いではない)

(2017.6.22)

|

« かやぶきの郷 | トップページ | 中華キャノン »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/65437024

この記事へのトラックバック一覧です: 韮山反射炉:

« かやぶきの郷 | トップページ | 中華キャノン »