« 中華キャノン | トップページ | 「上毛カルタGO! 」レビュー »

加曽利貝塚

少し前ですが、千葉県の加曽利貝塚へ行きました。

[ 加曽利貝塚 ]

千葉県千葉市。

Tiba05

加曽利貝塚公園入り口。

加曽利貝塚は、明治20年に学会に発表された縄文時代の貝塚で、
ここから出土した加曽利E式、B式土器は縄文土器編年の指標となっているそうです。

加曽利貝塚の名前は、なぜか子供の頃から知っていて、行ってみたいと思っていました。
(小学生の時、土器片を集めてたことがあって、貝塚にも興味があったんですね…。)

ちなみに、入場無料! (展示施設も含め)

Tiba08

地図の白いところは、貝塚層のあるところ。
おおまかに8の字型をしているようです。

入り口から入ると、左手は北貝塚、右手は南貝塚。
南から回ってみました。

南へ歩き出すと、そこは一面の草原。ほんとにここ、貝塚? って感じ。
そこにトンネルのような施設が現れました。

Tiba07

それが、南貝塚貝層断面観覧施設の入り口。

Tiba09

観覧施設内。ガラス張りで、貝塚の断面が見られます。

Tiba10_2

貝塚の貝層アップ。貝塚といえばアサリみたいな貝のイメージがありましたが、この貝塚で最も多い貝は、イボキサゴ(小型の巻貝)なんだそうです(上の写真で見える、小さなツブツブがそれ)。意外〜!

Tiba11

復元された縄文集落。このアングルで見ると、本当に縄文時代のようだ…。

Tiba12

竪穴式住居。実際の住居跡に復元されているもの…だと思う。

Tiba13

住居内。

Tiba16

加曽利貝塚マスコット、かそりーぬ。
加曽利の犬だから、かそりーぬ…ってことかな?
加曽利式土器をかぶっている。カワイイ。

Tiba15

加曽利貝塚博物館。

Tiba17

博物館では、加曽利式土器などが見られます。
いろいろな土偶(複製が多いが)も展示されてました。

Tiba18

北貝塚貝層断面観覧施設。
南施設より建物が古そうに見える?

Tiba19

こっちは、地面が露出してる展示。

Tiba20

北貝塚施設周辺の地面をよく見ると、貝殻が散乱している。(キサゴの殻もありますね)
これ、貝塚の貝が露出したものじゃないですか!?
縄文人が食べた貝ですよ…ちょっと感動。

ちなみに、公園内の貝殻は持ち出し禁止だそうです。
(禁止されてなければ、記念に持ち帰ってたかも…)

-----

…実は、千葉に来たメインの目的は、加曽利貝塚ではありませんでした…。

本当は、千葉港の工場クルーズに行くつもりだったのです。が…
当日、強風のため欠航になってました…。(事前にネットで調べれば分かったはずなのに…ウカツ)

それで他に何かないか探したところ、加曽利貝塚が近いことに気づいたのでした。
まあでも、貝塚は面白かったし、結果よかったかもしれない。怪我の功名。

-----

(おまけ)

[ 千葉ポートタワー ]

Tiba01

すげー、平面に見える…。(実際は、ひし形の建物)

展望階にも上がりました。

Tiba03

クルーズで見るはずだった工場…かな?

千葉市の市街地(駅前近辺)にも行きましたが、その大都会っぷりに圧倒されました…。
群馬はおろか、埼玉にもこんな大都会、無いんじゃないか?(個人的感想)
さすが、ウィリアム・ギブスンも愛するチバ・シティ。

(2017.7.5)

|

« 中華キャノン | トップページ | 「上毛カルタGO! 」レビュー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/65494643

この記事へのトラックバック一覧です: 加曽利貝塚:

« 中華キャノン | トップページ | 「上毛カルタGO! 」レビュー »