« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

芭蕉

群馬県桐生市に、ちょっと変わったカフェレストランがある……
という話を、NHK「ふるカフェ系 ハルさんの休日」という番組で知り、行ってみました。
(群馬の店ながら、存在を知らなかった)

[ 芭蕉 ]

Basho01

Basho02

外観。一見、廃墟のようにも見える……。

中に入ってみると…

Basho06

これが、カフェ?  

Basho04

種々雑多な物が置かれていて、まるで異空間。

Basho03

馬具や、馬の彫刻、絵など、馬モチーフのアイテムが多い。

Basho05

座席。

昭和12年に開業したカフェレストランで、初代オーナーの料理人、小池魚心という人が趣味全開で設計し、趣味の民芸品(特に馬アイテム)で埋め尽くした店なのだそう。

圧巻なのは、入り口の真上の壁。

Basho07w
(クリックで拡大)

巨大な、棟方志功の絵が! 

この絵にまつわるエピソードがすごい。

オーナーの魚心さん(釣りキチ三平みたいだな)が、棟方志功に依頼してこの絵を描かせたのですが…
魚心さん、これを気に入らず、完成した翌日に漆喰で塗り込めてしまったのです!
(描いてもらったばかりの、棟方志功の絵を、ですよ!!)

その後、この絵のことは半ば忘れられ伝説と化していましたが…近年、漆喰が剥がされ、この絵が「発掘」されたのだそうです。

Basho08

この店の名物は、開業当時から変わらないというカレー。

一番人気は、「印度カリー」だそうだが、残念ながら品切れで、「馬小屋カリー」をいただきました。
当初は「マドラスカリー」という名前だったそうですが、かなり本格的で、当時からこの味を出せていたというのはすごい。

食事もおいしいし、お店もテーマパーク的で面白いです。
もっと世に広く知られて良い店だと思います。
(え? すでに結構有名だったりする? 私が知らなかっただけ?)

(2017.8.27)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドスピナー

流行(?)に便乗して、ハンドスピナーアプリもどきを作ってみました。
(HTML5)


<ハンドスピナー>

ご覧の環境では、object要素がサポートされていないようです。embed要素で表示します。

[ 遊び方 ]

  • スピナーの右側を、マウスカーソルで素早く下に向かってスワイプすると、スピナーが回転します。
  • なるべく長く回転するようトライしてみてください。長く回るとTOPに登録されます。(ページを閉じるとリセットされます)
  • 画面下の小さなスピナーアイコンをタッチすると、スピナーのデザインを変えられます。

※ スマホでも動作しますが、動きがギクシャクする場合があります。

[ 備考 ]

ハンドスピナーって、数ヶ月前に海外で流行ってるって話を聞きましたが……

それからしばらく、話題を聞かなくなり(まあ、Youtuberなどでは話題になってたようですが)、日本では流行らなかったんだろうと思ってました。(家電量販店のおもちゃコーナーや、トイザらスなどでもあまり扱ってなかった)

ところが、最近になって突然、あちこちで見かけるようになりました。

スピナーのガチャガチャを発見したのを皮切りに……
祭の露店で、「スピナーくじ」を5件も6件も見かけたし。
ショッピングモールのUFOキャッチャーで大量に景品になっていて、子供も大人も一生懸命になってました。

今になってようやく、日本にスピナーブームが来てるんじゃないか?
……なんて思って、こんなモノを作ってみました。

もっとも、スピナーのアプリなんて、もはや手垢のついたネタだとは思いますけど。作るのも簡単だし。

本物のスピナーの気持ちよさまでは再現できてないですね。回転の振動が指に伝わるのが気持ちいいのかも。それに、アプリだと回転がコマ送りみたいに見えてしまいますね……。

あと、実際の性能のいいスピナーだと、3分も4分も回るって話ですけど、あまり長く回っていても飽きるんで、そこまで長くは回らないようにしてます。

(2017.8.20)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「そば」はもっとメジャーになっていいはず

いろいろな日本食が世界的に人気になっているみたいですが、若干釈然としないものがある。

あるネット記事で、「外国人に人気の日本食ランキング」を見たら…

1位 寿司、3位 てんぷらは、まあいいんですが…

2位 ラーメン、4位 カレー って…!?

いや、まあ、日本で独自の進化を遂げて、もはや日本食と言ってもいい、というのもわかるんですが…釈然としない。

そしてさらに、このランキングには、重要なものが入ってない!

「そば」がないんですよ!

Soba201707_03

そば、美味いですよね! 
しかもヘルシー!(あまり好きな言葉ではないが)

今こそ、日本食として、そばをもっと世界にアピールしてもいいんじゃないだろうか?

Soba201707_01

穀物としてのそばを食べるのは、日本だけではないですが(フランスのガレットとか)…

「そば切り(麺のそば)」は、まごう事なき日本食と言っていいでしょう。(少なくとも、ラーメン、カレーよりは…)

しかも、日本食ランキング上位の「てんぷら」との相性もいい。

Soba201707_02

世界にアピールするなら、ちゃんとしたものにして欲しいですね。

そばはよく、海外便の機内食でも供されますが、あれではダメだ。
コンビニそばの3倍くらいマズイ。あれでは、そばを嫌いになってしまう。

日本人でも美味いというくらいクオリティの高いものを食べてもらいたい。
できれば、ざるそば(もりそば)がいい。(温そばもいいけど、やはり醍醐味はざるだろう)

Soba201707_05

そして、ぜひ、「そばの食べ方マナー」の方もセットでね。

そばは、大きな音を立てて、すすって食べるものだ、と。

そういうものだと思えば、海外の人もアトラクションのような気分で、喜んでチャレンジするんじゃないですかね。

ちょっと前まで、生魚なんて食うような国はほとんどなかったのに、今やどの国でも寿司が食べられる。 そばのハードルなんか、ちょろいもんでしょ。

 (2017.12)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三十年王国

Screen_kingdom01

「三十年王国」β (30Years Kingdom)をプレイ(HTML5)

  ストーリー

あなたは、ある小さな島の領主です。
これから30年の間、この国により多くの人が住み、人々が幸せに暮らせるよう統治してください。

※ このゲームにはサウンドはありません。

  操作方法

  • 土地にタッチ:
    変化できる地形や、施設のアイコンが表示されます。
    施設アイコンの横に赤い三角がある場合↓ アイコンをタッチすると、施設を変更できます。
Screen_kingdom02
  • ?ボタン:
    ゲームの簡易説明が表示されます。
    左下のボタンを押すと、進行データがリセットされ、初めからになります。
  • SAVEボタン:
    SAVE後、次の年に進むか、ゲームを中断するか選べます。
    中断後は、画面をタッチするとタイトルに戻ります。

  ルール

  • 画面上部の「コマンド」(最初は3つ)の数だけ、行動できます。
  • 土地を改良したり、施設を建設したりして、人口、資金、資源を増やしてください。
  • コマンドを使い切ったら、右下のSAVEボタンでSAVE後、次の年に進めます。
  • 幸福度x人口に応じて、スコア(王冠マーク)が上がります。30年(ターン)の間に、なるべく多くのスコアを獲得してください。終了時にハイスコアを獲得していると、記録されます。
< 施設などについて >
  • 「道」
    様々な施設が作れます。まずは荒地を道に変えるのが良いでしょう。道を作るとスコアも増加します。
  • 「町(家)」
    町を作ると、人口が増加します。町はその後、状況によって自動で発展します。また家の周囲の環境によって住民の幸福度が変化します。(例:町を隣接させると幸福度が下がります。また「砦」「製材所」なども幸福度を下げます)
  • 「畑」
    食料が増加します。食料が人口以上ないと、町は育たず、幸福度も下がります。「畑」の隣に「湖」があると、その畑の生産量が増えます。
  • 「製材所」「鉱山」
    森には製材所、山には鉱山を作れば、資源を入手できます。施設を建造するには資源が必要です。また、資源が少ないと町は発展しません。
  • 「城」
    グレードアップするとコマンド数が増え、作れる施設の種類が増えます。
  • 「砦」
    防衛力を上げます。蛮族をクリックすると、防衛力に応じてダメージを与えます。
  • 「港」
    港があると、貿易を行い、食料を輸出入します。
  • 「税務署」
    毎年の収入を上げますが、建設時に幸福度が下がります。
  • 「聖堂」「闘技場」
    建設時に幸福度が上がります。隣接する町の幸福度は高くなります。
  • 「蛮族」
    蛮族は施設を破壊します。蛮族がオープンされた土地にいる(半透明でない)場合、クリックするとダメージを与えられます。防衛の値が大きいほど与えるダメージは大きくなります。倒された蛮族は、強力になって復活します。

  備考

HTML5のゲームです。monacaを使って作成しました。
地形の絵は、「ぐんまでGO!」の使い回しです…。

もう少しやり足りないことがあるのでβとしてます。天災とか、住民の反乱とか…そういう要素も入れたいと思ってたのですが…まあ更新はしないかな…。

今回の目的は、HTML5でデータを保存(セーブ)する実験ですが、内容的にはけっこう本気で、自分で遊んでみたいゲームを作ってみました。
いつものことですが、ルールを考えながら作って行ったので、紆余曲折・試行錯誤あり。完成してみたら、最初に意図したものとちょっと違っているという…。
(もうちょっと政治的な要素の強いものにするつもりだったんですが、ボードゲーム寄りになってしまいました。まあ、どっちにしても自分好みではあるんですけど)

これで、HTML5(monaca)で、試したいことはだいたい試せたかな。
しかし、Flashと同じことをやろうとすると、手間がかかりますね…。
Flashは2020年には完全終了とのことなので、まあ、仕方ないんですが…。

デバッグが浅いので、極端なことをするとおかしくなる可能性はあります…。
てなこともあり、今回もgooglePlayにアップしたりしません。
monacaのおかげで、apkが簡単に作れることはわかったんですけどね。
まあ、いずれチャレンジしてみます。

(2017.8.6)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »