« 謹賀新年2018 | トップページ | 大宮市場 »

伏見稲荷大社

今年の年始休みに、京都、伏見稲荷に行ってきました。

京都には何度も行ってますが、なぜか伏見稲荷には行ったことがなかったという手落ち感。

最近、あるガイドブックを見たら、外国人のみならず日本人にとっても、京都No1人気スポットだというじゃないですか。(パワースポットブーム以降か?)

ずっと昔から知っていて(私にとっては「源平討魔伝」のイメージが強い・笑)、行ってみたいとは思ってましたが、今まで京都に行く機会には、なぜか忘れてたんですよね。

伏見稲荷へのアクセスは、京都駅からJR奈良線に乗り、稲荷駅下車、駅からすぐです。

[ 伏見稲荷大社 ]

Fushimi01

参道入口。 朝9:00頃だけど、もう結構人が来ている。
…まあ、時期的には初詣の人も多いだろうから、当然か。

参道には屋台もたくさん出てました。

Fushimi02

楼門。 

Fushimi03

本殿。 初詣をしました。

Fushimi04

稲荷なので、狐。稲を咥えている。

Fushimi05

こんなアクロバチックな狐もいました。

本殿を過ぎ、どんどん進むと…

Fushimi08

いよいよ目的の千本鳥居!

今更ですが…伏見稲荷は数多の鳥居が連なる光景で著名な場所なのです。

さあ、鳥居のトンネルへGO!

Fushimi09

巨大な鳥居が連なる。

Fushimi10

しばらく進むと、小さめの鳥居がぎっしり連なる場所に。

鳥居は奉納されたもので、大きさによって玉串料(値段)が違います。
一覧がありましたが、一番大きいので100万円くらいだったかな。
一番小さい(ノートパソコンくらいのサイズ)ので、3500円くらいだったか。

Fushimi11

さらに続く。道は上り階段になっていきます。

途中、休憩所的に、売店や茶店もあります。

Fushimi12

振り返ると、鳥居に奉納者の名前が書かれています。文字を山頂の方に向けているということかな。
海外の人は、この漢字がたくさん書かれた鳥居の様を素敵に思うらしいです(テレビ番組で言っていた)。

Fushimi13

さらに続きます…。千本鳥居、想像以上に長いです…。

Fushimi14

稲荷山山頂に到着! 
それほど急な上り坂でもなかったのですが、ちょっとした山登りという感じでした。
翌日足が筋肉痛になってました…。

Fushimi15

山頂の社にお参り。

別ルートで山を降ります。 下りもやはり鳥居が続きます。

Fushimi17

途中、御劔(みつるぎ)社という社があり、ご神体の御劔石という巨石があります。

Fushimi16

御劔社の近くに、子供に乳を飲ませる狛犬像がありました。
カワイイ。

Fushimi19

下りは逆に、漢字が書かれた側を見ながら進むことになります。

Fushimi21

なんと、あの蛭子さんが奉納した鳥居を発見! 
別に有名人の鳥居を探していたわけではなく、偶然。
たまたま最近、「ローカル路線バスの旅」の再放送を見たばっかりだったこともあり、余計びっくり。

Fushimi20

外側から見てみると、こんな感じ。

麓まで下りて、千本鳥居終了ー!

神秘的な雰囲気も良いし、アトラクション的な要素もあって、充実感あるスポットでした。
まあ、京都は他にも色々観るところはあるので、No.1かどうかは人それぞれですが、見逃せないスポットには違いないでしょう。

京都へは一泊の予定で出かけたので、この後も何箇所か廻りました。
その話は、また次の機会に。

(2018.1.10)

|

« 謹賀新年2018 | トップページ | 大宮市場 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/66256568

この記事へのトラックバック一覧です: 伏見稲荷大社:

« 謹賀新年2018 | トップページ | 大宮市場 »