« Playストアでアプリのアップデートができない(対処法) | トップページ | 埼玉県こども動物自然公園 »

三ッ又沼ビオトープ

埼玉県ビギナーによる、埼玉県の名所(?)探訪シリーズ。

今回は場所の紹介というより、そこで面白い生き物を見たので、その紹介。

[ 三ッ又沼ビオトープ ]

埼玉県上尾市、川越市、川島町の境に位置する、荒川と入間川のかつての合流点付近の旧流路の一部です。(上記HPより引用)

Biotop01

ビオトープということで、生物が住みやすい環境が保全され、観察できるようになっています。

Biotop02

林の小径を抜けると…

Biotop08

沼があります。魚や水鳥がいました。
道の奥の方には木道もあリます。

ガイドツアーの一団と思しき人たちにも出会いました。
よく観察していくと、色々な生き物が見られるんでしょう。

私も今回、ちょっと面白い生き物を見られました。

[ オカモノアラガイ ]

Biotop03

記憶の限り、初めて見た…気がする。

殻の形が田んぼにいる「モノアラガイ」にそっくりですが、カタツムリの仲間です。
(モノアラガイとは目の位置が違う)
ここには、これがたくさんいました。

Biotop04

中部地方以北の、河川や沼の近くに生息するのだそうです。確かにそうだ。

Biotop05

あちこちの木の幹にも、擬木にも。

オカモノアラガイというと、ついついセットで思い出してしまうのは…
ロイコクロリディウムですね…。
一部で有名な、オカモノアラガイの目に寄生する生物です…。
オカモノアラガイで検索すると、こっちの画像も検索にかかってしまうので要注意です…。

[ カバキコマチグモ ]

Biotop07

アシの葉っぱがこんな風に巻いているのを見たことありませんか?

私も、子供の頃などよく見たことがあって、何かの虫の巣だろうとは思っていましたが、気に留めてはいませんでした。

しかし、今回これを見た時、これって、もしかしてアレじゃないか? 
と思い当たることがあり… 

(中の人には迷惑でしょうが)開けてみることにしました。

Biotop10

中の人がちょっと見えてきた。

Biotop11_2

ビンゴ!! これはクモですね。
そして、おそらく思った通りのヤツでした。

これは、カバキコマチグモというクモ…だと思います
(コマチグモには似たものが多くて紛らわしいとのことですが…ネット検索した写真ともそっくりなので、多分そうでしょう)

Biotop12

カバキコマチグモも、一部では有名なクモです。

「忍たま乱太郎」の生物委員会、伊賀崎孫兵くんのお気に入りの一つで「コマチちゃん」の愛称で親しまれています(笑)。

このクモ、(外来種を除けば)日本でもっとも毒の強いクモらしいです。
こいつに噛まれると激痛があり、稀に発熱やショック症状が出ることもあるそうです。

…ってことで、アシの葉が巻いていても、むやみに開けたりしちゃいけないってことですね。
(自分を棚に上げて)

ちなみにこのクモ、卵を巣の中で守り、孵化した幼虫に自分の体を食べさせることでも有名です。

…ちょっと不気味な生物特集になってしまいました…。

(おまけ)

池の水を抜いてみるか?

Biotop06
(やけに絵が上手い)

(2018.7.9)

|

« Playストアでアプリのアップデートができない(対処法) | トップページ | 埼玉県こども動物自然公園 »

動物」カテゴリの記事

埼玉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/66919402

この記事へのトラックバック一覧です: 三ッ又沼ビオトープ:

« Playストアでアプリのアップデートができない(対処法) | トップページ | 埼玉県こども動物自然公園 »