« 親知らず抜歯 | トップページ | ZenFone5Q »

豪徳寺

東京観光。
世田谷区にある、豪徳寺へ行ってきました。

豪徳寺は、なかなか話題性のある寺なのです。

小田急線 豪徳寺駅へ。

[ 豪徳寺 招き猫発祥の地 ]

Gotokuji01

でっかい招き猫が飾ってある。

豪徳寺は、「招き猫発祥の地」と云われているのです。
詳しい話はのちに送ることにして…

実は、ここは最寄駅ではありません。(ここから歩いてもいけるけど…)

豪徳寺駅から少し歩き、東急世田谷線山下駅へ。

Gotokuji02
そこから、宮の坂駅で下車。
こちらが最寄駅です。

宮の坂駅で降りて少し歩く。

Gotokuji21

豪徳寺に至る道には、あちこちにネコのイラストが描かれてます。

Gotokuji03

豪徳寺山門。

Gotokuji05

境内。

Gotokuji06

三重塔。

Gotokuji07

三重塔には、ネコの彫刻が。

Gotokuji10

いろんなサイズの招き猫。

豪徳寺では、参拝者が招き猫に願をかけて、成就したら納めるのだそうです。

Gotokuji11

で、奉納所には、納められた招き猫がたくさん…!

Gotokuji12

招き猫!!

Gotokuji14

一番小さい招き猫は、1cmほど。
…カワイイ! (この招き猫、私も買い 授かりました)

で、招き猫発祥の地の由来ですが…

江戸時代に、彦根藩第二代藩主の井伊直孝が、鷹狩の帰り道、豪徳寺の前で猫が手招きするのを見て寺に入って、突然の雷雨を免れたという逸話があり、その猫が招き猫のモデルになったのだそうです。

…この話、どこかで聞いた気が…

そう、ひこにゃん!

Hikon
(かつて彦根城にて)

あれって、ここ豪徳寺の話だったのか! 彦根の話だと思ってました。
(「彦根のよいにゃんこ」という絵本もあったけど、彦根の話じゃないじゃん…)

Gotokuji20

お守り授与所には、ちゃんとひこにゃんがいました。

で、豪徳寺のもう一つの目玉は…。

[ 井伊直弼の墓 ]

Gotokuji04

豪徳寺には、あの「安政の大獄」「桜田門外の変」の、井伊直弼の墓があります。

Gotokuji16

井伊家の墓のある墓地。

Gotokuji17

招き猫逸話の、井伊直孝のお墓もあリます。

Gotokuji18

Gotokuji19

これが、井伊直弼のお墓だそうです。

井伊直弼というと、「西郷どん」で佐野史郎さんの演じたのが記憶に新しいですね。
あの井伊直弼は、ちょっとヤな感じのキャラでした(そこが佐野史郎さんの魅力ですが)。

以前「花燃ゆ」では、高橋秀樹さんが演じてて、ちょっといい人に見える感じでした。
物語上の立ち位置によって、描かれ方は変わりますよね。

(2018.8.20)

|

« 親知らず抜歯 | トップページ | ZenFone5Q »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533792/67075583

この記事へのトラックバック一覧です: 豪徳寺:

« 親知らず抜歯 | トップページ | ZenFone5Q »