« 2018年9月 | トップページ

2018年10月

シャインマスカット

シャインマスカット。
去年、山梨でお手頃値段のものを買って、初めて食べたのですが、その美味しさに感動。

その時に、「これは、来るぞ!」と感じてたんですが、その時記事を書くべきでした…。
今では、もう遅いくらいですよね。ファミレスなど、あちこちでシャインマスカットフェアとかやっていて、流行は誰の目にも明らか。遅かった…。
(いや、自分が知らなかっただけで、もっと前からすでに来てたのかもしれないが…)

Shinemusct01
(久々に安いのが売ってたので買ってみた。粒が小さめで、色味もイマイチくすんでたけど、美味しかった)

まず、皮ごと食べられて、タネ無しなのがいい。
巨峰も美味しいが、皮は食べられないし、タネがあるのでめんどくさい。
子供の頃から馴染みのデラウェアは、タネはないが、やはり皮が食べられないのでめんどくさい。

これまでにも外国産で、皮ごと食べられる種無しブドウはあって、それも好きでした。
しかし、シャインマスカットは格別。
甘さがちょうどいい。いくつ食べても口が甘ったるくならない。

やはり去年、マスカットオブアレキサンドリアも食べる機会があったのだけど、こちらは種があるし、甘すぎる。やはりシャインマスカットの方が好み。

シャインマスカット、美味しいんだけど、値段が高いのが玉に瑕。最初に食べた時も、現地で安売りのものがあったので買う気になったんですが…この秋、普通に売ってる値段見てびっくりした。ひとフサ2000円とか1500円とか…とても庶民には手が出ない値段。

で、上の写真みたいに、稀に出る特売品みたいなのしか買えない。残念。

Shinemusct03

これはサービスエリアで売っていた、この量で380円(くらいだったかな)のもの。

Shinemusct04

数は少なかったけど、粒も大きくて食べ応えがあった。安定の美味しさ。

もっとみんなが食べるようになって、生産者も多くなれば、安くなるかも…。
そのためにも、エバンジェリストにならねば。
シャインマスカット、美味しいですよ!!

(2018.10.15)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スペインで見たサブカル

先日、スペイン旅行に行ってきました。
その記録もいずれ書こうと思ってますが、いつになるかわからないので…。

とりあえず、今回の旅で見た、スペイン(と途中の空港)のサブカル関連をピックアップしときます。

[ アニメ ]

海外のホテルにいる間、アニメを見てることが多いです。
言葉がわからなくても話がわかりやすいってのもありますが、日本で有料チャンネルに入って見るほどの余裕はないんで、こういう機会が出会いのチャンスだったりするんです。

「ミラキュラス レディバグ&シャノワール」

(タイトル長っ!)

Oversea_sbcl03
(画像は、TV画面のキャプチャ。引用の範囲で問題ないでしょう…)

これが、今回一番の掘り出し物かな。

設定が、日本の女子向けアニメ(セーラームーンとか)を踏襲した感じで、面白いし(言葉がわからなくても)、すごくわかりやすかった。女の子は変身前の男の子が好きで、男の子の方は変身後の女の子が好きで、でもお互い正体を知らない…とか、いい意味でベタですね〜(笑)。
スペインのデパートのおもちゃ屋で、宣伝用の等身大フィギュアが置かれたりしていたので、結構人気あるのかもしれない。舞台がパリで、エッフェル塔とかノートルダム寺院とか、よく知った景色が出てくるのも面白い。
日本でも放送予定があるらしいですね。これは結構ウケるかも? (大きいお友達というより、本当の女子に受けそう)

「悪魔バスター スター・バタフライ」

Oversea_sbcl06
(画像は、TV画面のキャプチャ)

これは日本でも放送してるみたいですね。存在は知ってましたが、私は初めて見ました。
滞在中1度しか見れませんでしたが、面白かったです。絵柄もキャラも私的にはカワイイ。こちらも、魔法のステッキとか、ほんのり日本アニメの影響が見て取れますね。

「スティーブン・ユニバース」

結構前から日本でも放送されてるみたいで、絵は見たことありましたが、本編は初見でした。設定が複雑そうで、現地で見てもよくわかりませんでしたが…それでも面白かったです。設定は、帰ってからネットで調べて理解しました。
Wikipediaにも書いてありましたが、このクリエイターも日本アニメ好きのようで、たまたま見た話の中の1話では、「頭文字D」パロディみたいな話をやってました。今日びの海外アニメのクリエイターには日本アニメファンが多いんでしょうね。
逆に、日本でも「ヒーローアカデミア」みたいな作品もありますし、影響を与えあってアニメ・コミックは進化してるんですね。

今までも見たことあったアニメでは、「ミスター・ビーン(アニメ版)」「レギュラーSHOW」「おかしなガムボール」「アドベンチャーワールド」「ベアベアーズ」なんかもやってました。

日本製のアニメでは「ドラゴンボール(多分、最新のやつ)」「ドラえもん(映画版)」「ベイブレード」をやってましたね。ドラゴンボールは言わずもがなの人気ですが、ドラえもんって、ヨーロッパではどうなのかなと思ってました。でもグッズが売られてるのも見かけたし、結構受け入れられているのかも。

[ コミック ]

スペインでは意外に、キオスクや小さな本屋では、日本のコミックは扱ってないみたいでした。(そもそも、コミック自体扱いが小さくて、子供向けのディズニーものくらいしか置いてなかった)。ヨーロッパでも、国によっては、駅のキオスクとかでも日本のコミック売ってるのを見かけたものですが。(昔の話だからかな?)

大きなデパートの本屋では、特別にコーナーが設けられてました。

Oversea_sbcl04

「ヒーローアカデミア」も置かれてました。
海外でも人気なんですね。

[ ゲーム・フィギュア ]

今回、スペイン(マドリード、バルセロナ)では、いわゆる「オタクショップ」は見かけませんでした。

Oversea_sbcl00

地下鉄駅で、開いてなかったそれらしい店は見かけましたが…。(潰れてる?)

それでも、時々雑貨屋みたいなところで細かく、ワンピースとかゲームキャラとかのフィギュアが置いてあるのは見かけましたけど。浅く広く浸透してるのかもしれません。

Oversea_sbcl05

デパートのおもちゃコーナーでは、ボードゲームを売っているのを見かけました。ライトなものが多かったですが、日本のデパートに比べると品揃えは多かったですね。知ってるところだと、「カタン」「カルカソンヌ」「キングオブトーキョー」「7ワンダーズ」とか。

Oversea_sbcl01

これは、乗り継ぎのオランダの空港で見かけたものですが…
左は、一見LSIゲームにも見えますが、説明写真を見ると、ちゃんとしたパックマンで、アーケード移植みたいに見えました。ちょっと欲しくなった…。
右は、データイーストのゲーム8in1みたいな能書き。バーガータイムとか、アーケードなのか?ファミコン移植かな? ちょっとわからないが、これも良さげ。
さすがに、行きの空港だったので、これから荷物増やすのもナンだと思い、買いませんでしたけど(シャレで買うほど値段も安くはなかったし)。
空港に売ってるくらいなのでアングラものではないと思うのだが、なんでこういうの日本で普通に売ってないんだろう。

[ KLMのエンタメ機 ]

今回、飛行機はKLM(オランダ航空)を使いました。
で、いつものエンタメ機器ゲームのチェックをしてみたら…
パズルゲームや、ソリティアみたいなものだけ。つまらん。

タッチパネルがスマホ並の性能になった代わりに、コントローラがなくなったので、スマホ向けのようなゲームしか遊びにくくなってしまったということかなあ…。個人的には残念。

Klm_01

まあ、機内でゲームやる人なんて、ほとんどいないんでしょうなあ。
自分も、映画を行き来合わせて6本も見てしまいました…。
(最近あまり劇場に行ってなかったので、見てない新作が豊富で…)

(2018.10.8)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レトロゲーム・プチブーム、続く

しばらく前から、レトロゲームのプチブームが続いている…と思うんですよ。

過去記事

ピクセル (2015)

クロスステッチでレトロゲーム (2015)

GAME ON (2016)

遊ぶゲーム展 (2016)

レトロゲームグッズ (2017)

など…

遊ぶゲーム展は、近々、パート3が開催されるらしいです。

あそぶ!ゲーム展 ステージ3」(2018.10.6〜)

今回は、1991〜2001までのゲームを紹介、だそうです。
私的にはもう、レトロゲームというより「最近の」ゲームって感じですけどね。

レトロゲームを題材にしたドラマも、数年前から立て続けに放送されましたね。(ノーコンキッドとか)
最近では「ハイスコアガール」のアニメも放送されてましたし。

レトロゲーム関連商品も、最近立て続けに発売されて、話題になってますね。

結構、人気で売れてるみたいです。このスペックで、この値段だったらリーズナブルですよね。私はまだ(ちょっと今、バタバタしてるんで)買ってませんが…心動いてます。

それから…これには驚いた!

ARCADE1UP

昔風の縦型アーケード筐体を、少し小さくした(といっても結構でかいし結構高い)ご家庭用ゲーム機という、かなりマニアックでニッチなグッズなんですが…発売されるや速攻で売り切れたというから、結構世の中にはいるんですよ、レトロマニアが。

インベーダーと、ギャラクシアン・ギャラガと、パックマンの3機種。

私もかなり欲しい…けど、さすがに大きさと値段もあって、これは家での説得に時間がかかりそうだ…。

最近、ショッピングモールでは、こんなものを見かけました。

Komagoma01

Komagoma02

ビデオゲーム最初期の作品「ポン」を、デジタルからリアルThingに再現したという、逆転発想のゲーム。
遊んでみたら、(パドルの追従がもったりしていて)結構難しかった…。

しかしまあ、こんなものまで復刻するくらいだから、レトロゲームブームは、確実に続いてるんですよ。

(2018.10.1)

(業務連絡)

しばらく旅行で留守にします。こちらも自動更新です…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年9月 | トップページ