« スペイン適当旅行・9 | トップページ | 復活・東京都現代美術館 »

ほぼシリーズ

以前、「代用ウナギ蒲焼」を食べた話を書きましたが、この代用ウナギやカニカマなど、代用食品(=コピー食品)の進化に驚いたものでした。

しかし、コピー食品の世界は、こんなもんじゃなかったのです!

[ カネテツ ほぼシリーズ ]

ある時スーパーで、このシリーズを発見しました。

コピー食品に興味あったこともあり、ついつい衝動買い。

Hobo01

「ほぼカニ」

このシリーズのネーミングセンスも、割り切ってるというか、ある意味自虐的というか。
パッケージ越しでも、かなりリアルに見える。

Hobo04

盛りつけしてみると…ますますカニっぽい!

そして、添付のタレをつけて食べると、味もかなりリアル!
以前食べた「大人のカニカマ」も美味しかったが、これも甲乙つけがたい美味しさ。

この「ほぼシリーズ」、シリーズというだけに、姉妹品があります。

Hobo03

「ほぼホタテ」!!

よくできてるー! ちょっとキレイすぎる感もあるが、かなり似てます!

これは、バターソテーにして食べたんだったかな(…と記憶しているが写真はない)。

味もかなり頑張って似せているし、ホタテの繊維的な食感もリアルで美味しい。
それほどホタテにこだわりがない自分としては、全然これでいいじゃんと思う出来。

そして、さらに…

Hobo02

「ほぼカキフライ」!!!

フライにしちゃったか!
まあ、フライだと外見的にはカキなのか、コロッケなのか、ちょっと分かりにくいが…

Hobo05

添付のタルタルソースをつけて食べます。
ちょっと雰囲気出たかな。

味は…いや、カキフライまんまとまでは言わないが、かなり近い雰囲気出てます。
というか、カキ独特の癖もないので、人によってはこの方が美味しく感じるかも!?
食感も工夫してて、単なるすり身の感じではなく、カキに近い食感を再現してます。

しかし、驚いたのは味や食感よりも…

Hobo06

カキを切ったときの、緑色の部分を再現してやがる!
ノリを使ってるのかな。若干の磯の香りも雰囲気あり。
やるなあ!

ほぼシリーズ、なんというか…単なる食品としてだけではなく、出来のいいフィギュアのようなこだわりの職人芸を感じて、感動してしまいました。芸術品ですよ。
(この出来の良さを見てしまうと、前回のウナギはまだまだだなあ、と思っちゃいますね…)

このシリーズを食べたのは、もうしばらく前のことでしたが…最近見かけないんだよなあ。
まだ販売してるはずなんだけど…特定のスーパーでしか売ってないのか?
ちょっと割高なのかな? 見かけたら買うのに。
もっと普及してほしい。
(そして、さらにシリーズを増やしてほしい・笑)

(2019.5.9)

|

« スペイン適当旅行・9 | トップページ | 復活・東京都現代美術館 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スペイン適当旅行・9 | トップページ | 復活・東京都現代美術館 »