« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

八ッ場ダム 満水

八ッ場ダム。

これまでにも何度も訪れ、ウオッチしてました。

八ッ場ダムは今?

再開・八ッ場ダム

八ッ場ダム2018

八ッ場ダム2018 その2

今月、台風19号で一気に満水になったことが、話題になりましたね。
10月1日に湛水試験が始まり、4ヶ月くらいかけて満水になる予定が、台風で一日にして満水になったそうです。

私は、ちょうど1ヶ月前、中之条ビエンナーレの際(9月)に、ほぼ完成していた状況を見ていました。

もともと、注水が始まったらまた見に来ようと思ってたんですが…
一気に満水になってしまい、ちょっと予定を早めて再訪しました。

せっかくなので、9月と10月の変わり様を並べてみます。

Yanba_2019_001

「やんば見放台」から眺めた、ダム堤体。

9月の様子。

Yanba_2019_12

10月、台風一週間後。

みごとに満水。
さすがに水は濁ってるなあ。

Yanba_2019_002

ダム堤体の逆方向。八ッ場大橋が見える。

9月の様子

Yanba_2019_14

10月。

Yanba_2019_04

不動大橋から、八ッ場大橋、ダム堤体の方面の眺め。

9月。

Yanba_2019_16

10月。

Yanba_2019_07

同じく、不動大橋から。
昔よく通った道路や、かつて旧資料館「やんば館」があったあたり。

9月。

Yanba_2019_17

10月。

ああ、かつて訪れた場所が…完全に沈んでます。

本当は、注水途中で来て、沈んでいく様をしみじみ眺めようと思ってたんですが…
そんな余韻もなく、一気に沈んでしまいました。

Yanba_2019_23

丸岩大橋。

Yamba12

(2012年のとき)

 

Yanba_2019_22

これは2018年、工事中の様子。

Yanba_2019_20

今年10月。
ほぼほぼ同じアングルなんだが、この変わり様すごい。

かつての温泉街は、当然これでもう水の底なんですよね。

昔温泉街に行く際に使ってた道路のあたりに行ってみましたが、塞がれていて、周りの様子もかなり変わってましたね。

Yanba_2019_24

Yanba_2019_25

温泉街はこの先だったと思うんだが…

ところで…

台風で話題になったこともあってか、ダムには見物客が多かったですねー(まあ、自分もその一人だけど)。

Yanba_2019_10

やんば見放台にも、いつも以上に人で賑わってました。

道の駅八ッ場ふるさと館にも、人がいっぱいいたなあ。

考えてみると、民主党時代にあのゴタゴタがあったことで、八ッ場ダムの知名度は上がりましたよね。
これなら川原湯温泉の観光客も増えるんじゃないですね。

実際、群馬在住だった自分も(八ッ場のことは知ってたけど)、あれがあって興味を持ち、頻繁に行くようになったもので。

もしあれがなかったら、全国的には、ダムが完成してすら「へえ、今時、ダムなんて作ってたんだ?」くらいの反応しかなかったんじゃないかと思う。

まあ、大概のダムならそれでもいいかもしれないが、古い温泉街を水没させたダムなわけで、新たな温泉街が再起するためには知名度は重要ですからね。

(おまけ)

Yanba_2019_15

不動大橋から見える、不動の滝も良いですよ。
この日は大雨の後で水量が多く、いつにないほどの迫力ある姿を見せてました。

Yanba_2019_09

八ッ場大橋の方では、バンジージャンプやってたんでしたね。
満水になったせいで、中止になってましたが。

このまま終了なのかな? 本来ならもう少し続けたはずだろうけど。

まーどのみち、自分はバンジーなんて、絶対やりたくないけどな…。

(2019.12.28)

 

| | コメント (0)

いきもの狂騒曲

TVで紹介されているのをチラッと見て行きたくなった、茨城県の美術展に行ってきました。

[ いきもの狂騒曲 ー陶芸フィギュアの世界ー ]

茨城県陶芸美術館。

2109 9/7〜11/24まで。まだしばらくやってます。

Ikimono01

「いきもの」で「フィギュア」ですよ。

これはもう、私のために催された美術展としか思えない。

Ikimono02

ポスターデザインもいい。

嬉しいことに、写真撮影OK!!

ネタバレにはなるが…お気に入りをピックアップ。

Ikimono03

いそうでいない、架空のゾウムシ。
リアルでファンタジック。素晴らしい!

Ikimono04

これも、同じ作家さんのもの。

陶芸美術館だけに、展示のほとんどは陶器。
陶器でよくこんなリアルな造形できるなあ。いや、陶芸だからできるのか?

この展示、「いきもの」の中でも、昆虫系が結構多い!(というのをTVでみて、知ってはいた)

Ikimono07

白いカマキリ。

これまたリアル! 陶器の質感とリアル造形昆虫のミスマッチが斬新。

Ikimono05

こちらはメンガタカブトか。
こんなに長いツノのメンガタカブトはいないと思うが、このディフォルメもいい。

Ikimono06

不思議な機械の動物。スチームパンクって感じ。これも陶器?

リアル系動物だけでなく、こういうファンタジックな作品が多いところも、この美術展の特色かも。

Ikimono08

猫町などなど。カワイイ。

Ikimono09

狛犬みたいなもの。
この作家さんの一連の作品もよかったなあ。

Ikimono10

同じ作家さんのもの。かっこええ!!

Ikimono12

こちらも。
この「ヒノタマペンギン族」、世界観設定もあるみたい。

Ikimono11

自在タラバガニ。
自在の名の通り、関節があって稼働するらしい。
陶器の自在置物ってのも、珍しいと思う。

Ikimono13

白狼。独創的な模様、表情もいいなあ。

Ikimono14

陶芸だけでなく、その他の工芸作品も展示されてました。

これは金属。

Ikimono15

これ、皮革工芸の作品だそう。

自分にとって、アタリ率の高い美術展でした。

中之条ビエンナーレも良かったし、近々始まる「こだま芸術祭」も面白そう。
今年は(自分にとっては)アートの当たり年か!?

(2019.10.18)

| | コメント (0)

意外にリアル(虫注意)

100円ショップで見つけた、イタズラ用のゴキブリのおもちゃ。

Gokifig01

100円で3匹も入ってて格安なんですが…

よく見ると、この値段にしてはよくできてます。虫好きの目で見てもなかなか。
つい買ってしまいました。
(いや、虫好きとはいえ、ゴキブリは好きではないですが。見るのは平気だけど触るのは嫌。)

ゴキブリを絵やおもちゃにすると、だいたいこんな感じじゃないですか。

Gokifig05

子供の頃持ってた、ゴキブリおもちゃもこんな感じでしたね。
虫好きの目で見ると、かなりテキトー。

・胸部から触覚が生えているように見える(頭部がない)
・前足が前向きの姿勢になっている
・羽が不透明

今回買ったものはこれ↓ (そこそこリアルなので、昆虫注意!)

Gokifig02

まあ、ちょっと平面ぽいのがいまいちですが、遠目で見るとかなりリアルに見えます。
そして、一般的なゴキブリおもちゃに比べると、以下がよくできている。

・頭部が造形されており、そこから触覚が生えている
 ゴキブリって、上から見ると頭部はあまり見えませんが、ちゃんと小さなコオロギみたいな頭があるんです。
 それがちゃんと造形されている。三角っぽい形もリアル。

・足が上から見て後ろ向きに折れている
 一般的な昆虫は、前足は前向きに生えているように見えますが、ゴキブリの場合、後ろ向きに見えることが多いです。
 狭いところを素早く動くために特化した形状なのかなと推測しますが。

・羽が半透明でその下の腹部が透けて見える
 茶色い羽が透けている感じ、よく再現してますよね。

ちなみに、種類としては、ヤマトゴキブリの方でしょうか?
もしかすると、日本のゴキブリがモデルじゃないかもしれない。

上から見たところだけでなく、その他の方向からも手抜きないです。

Gokifig03

足が水平についていて地面に接地してないのは残念ですが…

体の平らな感じとか、特にコオロギっぽい頭の形状はよくできてます。

Gokifig04

腹側から見たところ、これまたなかなか。
細かいところはともかく、昆虫の腹部側の構造としてぱっと見よく再現している。
虫嫌いの人だと、こっち側で置かれていた方が、3倍くらい嫌なんじゃないかな…?

尻の先の毛、尾角もちゃんとある。
…けど、尾角は普通2本じゃなかったっけ? 4本ある種類もいるのかな。

今日びの、海洋堂とか奇譚クラブのフィギュアだったら、これくらいの造形しても当然だと思いますが…
100円ショップのイタズラおもちゃとしては、やけに再現度が高くて驚き、ついレビューしてしまいました。

だいたい、本当にゴキブリ嫌いの人だったら、こんなにリアルに作らなくたって、びっくりしてくれますよね…。
(どうせまじまじ見やしないし、ゴキブリのディテールなんか知らないだろうし)

ある意味、無駄に力入っているとも言えるが…これもある意味クリエイターのこだわりと言えるのかもしれない。

(2019.10.8)

 

| | コメント (0)

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »