« 意外にリアル(虫注意) | トップページ | 八ッ場ダム 満水 »

いきもの狂騒曲

TVで紹介されているのをチラッと見て行きたくなった、茨城県の美術展に行ってきました。

[ いきもの狂騒曲 ー陶芸フィギュアの世界ー ]

茨城県陶芸美術館。

2109 9/7〜11/24まで。まだしばらくやってます。

Ikimono01

「いきもの」で「フィギュア」ですよ。

これはもう、私のために催された美術展としか思えない。

Ikimono02

ポスターデザインもいい。

嬉しいことに、写真撮影OK!!

ネタバレにはなるが…お気に入りをピックアップ。

Ikimono03

いそうでいない、架空のゾウムシ。
リアルでファンタジック。素晴らしい!

Ikimono04

これも、同じ作家さんのもの。

陶芸美術館だけに、展示のほとんどは陶器。
陶器でよくこんなリアルな造形できるなあ。いや、陶芸だからできるのか?

この展示、「いきもの」の中でも、昆虫系が結構多い!(というのをTVでみて、知ってはいた)

Ikimono07

白いカマキリ。

これまたリアル! 陶器の質感とリアル造形昆虫のミスマッチが斬新。

Ikimono05

こちらはメンガタカブトか。
こんなに長いツノのメンガタカブトはいないと思うが、このディフォルメもいい。

Ikimono06

不思議な機械の動物。スチームパンクって感じ。これも陶器?

リアル系動物だけでなく、こういうファンタジックな作品が多いところも、この美術展の特色かも。

Ikimono08

猫町などなど。カワイイ。

Ikimono09

狛犬みたいなもの。
この作家さんの一連の作品もよかったなあ。

Ikimono10

同じ作家さんのもの。かっこええ!!

Ikimono12

こちらも。
この「ヒノタマペンギン族」、世界観設定もあるみたい。

Ikimono11

自在タラバガニ。
自在の名の通り、関節があって稼働するらしい。
陶器の自在置物ってのも、珍しいと思う。

Ikimono13

白狼。独創的な模様、表情もいいなあ。

Ikimono14

陶芸だけでなく、その他の工芸作品も展示されてました。

これは金属。

Ikimono15

これ、皮革工芸の作品だそう。

自分にとって、アタリ率の高い美術展でした。

中之条ビエンナーレも良かったし、近々始まる「こだま芸術祭」も面白そう。
今年は(自分にとっては)アートの当たり年か!?

(2019.10.18)

|

« 意外にリアル(虫注意) | トップページ | 八ッ場ダム 満水 »

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 意外にリアル(虫注意) | トップページ | 八ッ場ダム 満水 »