« 最近のガチャ2019 | トップページ | 最近のガチャ2019-2 »

野木町煉瓦窯

以前、埼玉県深谷市のホフマン窯を見に行ったことがありましたが…

今度は栃木県にある、もっと見事なホフマン窯を見てきました。

[ 野木町煉瓦窯 ]

栃木県下都賀郡野木町。

Rengagama01

見学料金100円!

というか、外観を見るだけなら無料だ!

Rengagama02

これがホフマン輪窯。真ん中に煙突が立った円形の建造物。

2016年に修復が終わり公開されたもので、日本で唯一、完全な形で残るホフマン窯だそうだ。貴重!
深谷の窯は建屋に覆われていて外観がよく見えなかったし。

建造は1890年(明治23年)。

Rengagama03

窯に接近。

窯の間近に行ったり、中を見学するには、入場料が必要。

Rengagama09

窯の壁面の一部。
フランス積み(下)とイギリス積み(上)が共存している珍しいレンガ壁。

Rengagama04

窯の中。

ホフマン輪窯は、煙突を取り巻く輪形の窯で、ぐるりと順番にレンガを焼いていく仕組み。

Rengagama05

階段で、窯上部(2階)にも上がれる。真ん中のは煙突。

おお〜。なんかすごい。

スターブレードの敵惑星の中枢部のようだ。

Rengagama06

投炭孔。ここから粉炭を入れたのだそうだ。

Rengagama10

これはダンパー開閉器。
煙道から煙突へ廃棄を行う装置。

こんな間近に当時の窯の仕組みが見られるなんて、感動。

Rengagama07

これは、関東大震災で崩れ落ちた建造当初のものと思われる煙突の一部。

Rengagama08

煙突のレンガには、「T」の刻印。東輝煉化石製造所のマーク。

当たり前ですが、この窯のレンガはここで焼かれたものじゃないわけですね。

(2019.12.10)

|

« 最近のガチャ2019 | トップページ | 最近のガチャ2019-2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近のガチャ2019 | トップページ | 最近のガチャ2019-2 »