« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

BluetoothでTVを聴く2020

同じ趣旨の記事を以前にも書いてますが、10年の時を経てその第二弾。

これまでもテレビの音声を、Bluetoothヘッドホンと、Bluetooth送信機=トランスミッターを使って聴いていましたが…

上の通り10年前の機器で、今の目で見ると不便なことも多いし、古くなって電池の持ちが悪くなったりもしてました。
(というか、そもそも引越しのどさくさでトランスミッターをどこにしまったかわからなくなってしまった…)

最近、Bluetoothヘッドホン、色々いい品が出ててプチブームが起きてますよね。

この機会に、私も一式、新調しようと思い立ちました。

最初、家電量販店に行ったのですが、トランスミッターはニッチ製品なのか、置いてないみたいですね…。

逆に、ヘッドホンの方は、さすがプチブーム、数が多すぎてどれ選んだらいいかわからん。
しかも、私はテレビ聞ければいいので音質とかにはこだわらないつもりなんだけど、店に置いてあるのは軒並み5000円以上する結構お高いものばかり。

で、安易で申し訳ないんだが、今回は両方合わせてAmazonで買うことにしました。

 

【 Bluetooth トランスミッター 】             

Bts01

Amazonで評価高め&デザインが気に入ったのがコレ。
2000円台の製品。

以前に使ってたものに近い操作感。でも(新しいこともあり)充電の持ちが段違いになりました。

この製品、今Amazon調べたら、もう存在しないという…

せっかくなので、近いものを↓

 

【 Bluetooth イヤホン(ヘッドホン) 】          

値段は3000円代。
激安ではないけど、コレも評価が良かった(評価に踊らされてるなあ…)。

Bts02

最近流行りの、ケースが充電器になってるヤツ!

LEDで残り電池量が表示されます。おしゃれー。

Bts03

コードレスでいいね。
イヤーパッドも小さいのから大きいものと、数種類付属していて、耳にあったものを選べます。

こちらはAmazonにも現存しました。

で、実際、ヘッドホンとトランスミッター、合わせて使ってみました。

マッチングは簡単。

まず、ヘッドホンをケースから取り出し、待ち受け状態にします。

で、トランスミッターのボタンを押す。結構長い間押して、青い光が点滅後消えるまで待ちます。

すると無事、接続完了! 音質もそこそこ良く聞こえます!(普段安いイヤホンばっかり使ってるから)

ちょっと音量は小さめなのが気になりますが。そこはテレビの音量を上げることで対処。※(追記参照)

ヘッドホンの電池の持ちもよく、以前のような、10分も聞いてたら電池切れ、なんてことはなくなりました。

ささやかながら、生活向上!
最近、新型コロナのこともあって(その他のこともあって)、気分が落ち込みがちなので…
新しい家電製品でも買って、気分を盛り上げないとね。
新しい家電を買うと、それだけで心が浮き立ちますからねえ!

(2020.3.31)

※(追記)
イヤホン本体に、音量増減で切ることに気づきました…(マニュアルをよく読んでなかった)
右イヤホンを長押しで音量+、左長押しで音量−できます。

| | コメント (0)

絶メシ・デルムンド

絶メシロードなんて番組が放送されるほど、「絶メシ」が浸透してきた…ような気がする今日この頃。

Drmnd06

Drmnd05

その絶メシの顔と言っても過言ではない店、「デルムンド」に、5年ぶりくらいで行ってきました。

【 デルムンド 】                     

群馬県高崎市

Drmnd01

↑階段登って、2階がデルムンド。

群馬在住時、まだこの店が古い趣のある佇まいだった頃からのファンで、時々行ってました。
(道路拡幅の際に、この新しい建物になってしまった)

前回行った5年ほど前の頃は、そこまで混み合う店ではなかったんですが…

絶メシで取り上げられるようになって、久々に行ったところ、店先に行列が!
えらく繁盛してるじゃないですか!

30分ほど待って、ようやく店内へ…。

店内はカウンターオンリー、12席ほどの狭さです。

Drmnd02

注文は…迷うことなく「ハンブルジョア」!!

デルムンドの代名詞といってもいいスパゲッティ。
ネーミングがいいっすよね。

Drmnd03

要はハンバーグの乗った、ミートソーススパゲティなんですが…

このソースとハンバーグが超美味しいのです! 
そこらのテキトーなハンバーグスパとは本気度が違う!

Drmnd04

(断面)
粗挽きな感じで、肉汁が垂れてくる。私の好きな弾力ある系(ふわふわハンバーグではなく)。

いやあ、相変わらずのブルジョアな美味しさ。久々だったが期待通りの、まさに絶品! 絶メシ! 

…しかし、以前と違うようなところが一つ…

Mサイズを食べたんですが…ハンバーグ、以前よりデカくなってない!?

Drmnd00

これ、5年前の写真。アングル凝りすぎてやや分かりにくいが…やっぱりデカくなってるでしょ。
どうやら、深い(?)事情があるらしいです。(詳しくは「絶メシ」ページで)

ちなみに、「絶滅しそうな絶品店」が絶メシでしたが、デルムンドは後継者ができたらしいですよ。
ヤッタネ!

(2020.3.24)

| | コメント (0)

牛久シャトー

茨城県の牛久シャトーに行ってきました。

 【 牛久シャトー(シャトーカミヤ) 】                               

茨城県牛久市。

神谷伝兵衛によって建てられた日本初の本格的なワイナリーで、国指定重要文化財だそうです。

U_winery01

実はここ、2018年にレストランや売店が閉店してしまい、見学のみ可能となってます。
(なので、ワインも買えない!)

いずれ再オープンするらしいですが、現在はそれまでの貴重な?ハザマ期間なのです。

…ってこともあって、見学客はまばらでした。

U_winery02

ゲート。
素晴らしい洋風建築、日本じゃないみたいだ。

そういえば、これまで何度か山梨のワイナリーに行ったことがあって、結構面白かったんですが、これまでBlogに書いたことはなかったのに気づいてむしろびっくり。
全然記録できてないじゃないか。ダメだなあ…。
(桃を食べに行ったことは書いてるが…)

U_winery03

旧発酵所、神谷伝兵衛記念館の建物。

U_winery04

青空と相まって美しい!

ちなみに、レンガは、富岡製糸場のと同じ会社のものも使われているそうで。

記念館の中へ。

U_winery05

デカイ樽がずらっと並んでいる。

U_winery06

2階は博物館担っています。

U_winery08

蜂ブドー酒というブランドだそうです。

U_winery07

有名な電気ブランというのは、ここで作ってたんですね。

(飲んだことはないが…。飲んでみたい)

U_winery10

敷地の中には、別の博物館「オエノンミュージアム」もあります。

神谷伝兵衛の作った会社は、今やオエノンHDという名前で営業してるんだそうな。
焼酎のビッグマンとかを作っている。
(飲んだことないけど)

U_winery11

牛久といえば…やはりこれも外せない。

今回は近づいてみませんでしたが(以前の記事)、遠目で見る方がむしろ巨大感すげえかも。

(2020.3.10)

(追記)書いた後、1週間アップしそこなっていた…。

| | コメント (0)

Surface Go とか

これまで使っていたWindowsタブレット、Asus VivoTab Note08のUSB端子がイカレてしまい、充電できなくなってしまった。

まあ、ちょっと前から、タッチパネルが時々効かなくなったり、そもそもスペックが低くて使いにくくなってはいたんですが。

で、代替機を検討しました。

軽くて外に持ち運ぶ気になるやつ。軽量ノートでもいいが、やはりタッチが使えるのがいいな。
そしてOfficeは必須。Photoshopも使えるといいな。ってことで、やはりまたWindowsタブレットか。

また30000〜40000円程度の格安タブレットも視野にあったのですが、同じ轍を踏むのも阿呆らしい…
だったら、Microsoft様謹製のSurfaceGoが、ちょっと足して50000円程度で買えるじゃないですか。

ってことで、思い切って、Surface Go を購入!

久々の高い買い物や。

【 Surface Go 64G/4G 】_____________

 

Surface Go 64G/4G(一番安い)モデル。

実際には、ヤマダで買いました。
キャンペーン中かなんかで、税抜き・ポイントなしで49900円でしたぜ。

Surface01

いやあ、新しい電化製品買うと、心が浮き立ちますねえ。

Surface02

起動して、おきまりの初期設定を行って…思ったよりすんなり立ち上がった。

Officeは同梱。PhotoshopはCCを使ってるので、こっちにもインストール。
ストレージは64Gしかないが、これくらいなら問題なく入った。(VivoTab8は32Gしかなくて、Photoshopが入んなかった…)

個人データは、SDカードに入れられる。VivoTabで使ってたものをそのまま流用。

ネットで前評判を見ると、結構辛辣な意見も多くて、特にスペックが低くて遅いだのなんだの。
まあ、値段も値段だし、CPUもPentiumっすからね。使えれば遅くてもいいやくらいに思っていた。

と、思って実際に使ってみたら…意外にもサクサク動いて快適!
これまで使ってたVivoTabや、経理用マシンの古いVaioがあまりにも遅かったから、相対的に、ということかもしれんが。

いやいや、充分満足。いい買い物した。

とはいえ一応 、現状での難点をいくつかあげると…

・Windows10だと、うちのルーターに繋げたUSBメモリにブラウザからしかアクセスできない。ちょっと面倒。
 まあ、これはうちのルーターのせいだけど。

・Andoridのテザリングが繋がらなくなった。
 まあ、これはAndroidOS9のせいらしいが。なんとかする方法はある模様(試してないが)。

・せっかくのタブレットなのに、Photoshopで、タッチで絵が描けないのな。
 まあ、これはPhotoshopの問題だけど。

むう、みんなSurfaceそのものの問題じゃないな。問題は問題なんだけど。

これから使っていくうちに、もっといい点も悪い点も、判明してくるでしょうな。

(2020.3.3)

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »