« タカラダニ | トップページ | Amazon返品 »

Switch Joy-Con修理キット

「あつまれどうぶつの森」を遊んでます。
流行の渦中のゲームを遊んでいるのは、自分としては珍しい。
(だいたい、乗り遅れることが多い)

もともと、あまり好みのタイプのゲームではないんですけどね。目的が希薄だし、戦いはないし(サツバツ!)。
以前、3DS版や、スマホ版を少し遊んだりしたこともあったので、だいたいの内容はわかってますし。

しかし、なぜか今回は何か「やらねば」という予感がして、急かされるように遊び始めました。
実際、前作と大きく変わった感も無いんですが…世界の祭りに自分も参加してる感じがあるのは、ちょっと嬉しい。


そんな感じでヘビーユーズしていたSwitchの、Joy-Conの左アナログコントローラーが不調になってしまいました。

ニュートラルにしていても、上に入ってしまう状態に。
どうぶつの森であれば、勝手に奥に歩いてしまう。
それはまだしも、RPGとかでメニューを選ぶとき、勝手に違う項目を選んでしまったり…。
(「戦う」を選んだつもりで「逃げる」を選んでしまい大変なことに)

少し前にSwitch用のミニパッドを買ってたので、それで凌げないこともないのですが、書いた通り不便な部分もあって。

で、止むを得ず買い換えることも検討したのですが…

  • 値段が結構高い。15000円くらいする。
  • 現在使っている「スプラトゥーンカラー」が気に入ってるのに、バラ売りではその色がない。

で、調べているうちに、AmazonでJoy-Con修理キットというのが売られているのを知りました。

値段は1/10程度で、今のパッドをそのまま使える!

(同様の製品が、いろんなメーカーから販売されているようです。もっと安いのもありますが、評価などとのバランスでこれに)

不器用な自分で、精密な機器の修理なんてできるのか…と不安もありましたが、レビューではさほど難しくないようなことが書かれており、まあ、値段も値段なので、ダメもとで買ってみたのでした。

結果は…

無事、修理を完遂し、不具合は解消しました!!!

その一方で、修理はレビューで言われるほど簡単ではなく、かなり慎重さと器用さを必要とするものだとわかりました…
(不器用で老眼の私にとっては、かなりギリギリな感じでした…)

 

セットに含まれるのは…

Switchpadrepair02

換えのアナログコントローラーユニット、2個付き。(上の写真は、換装後なので左が製品、右は元のもの)

左右の違いは無いようです。なので、左右を換装することも、同じ側がもう一度壊れた時にまた換装することも可能。

Switchpadrepair01

修理用の工具一式。(アナログスティックにつけるカバーのおまけ付き)

Y字のドライバーとか、パッドを開けるための工具とか、この作業専用の工具もあります。

しかしなんと、作業の手順を示すドキュメントとか入っていないんです(まあ最近はNoマニュアル化の風潮だしなあ)。

それで、詳しい手順等は、Amazonの製品ページにあるリンクからYouTubeにある解説動画を見にいく必要があります。

私は、それでもわかりにくかったので、別の動画も参考にしたりしました。

作業は、非常に繊細です。
ネジなども細かいし、部品の取り外しなども慎重に行う必要あり。

同じような微妙に長さが違うネジなどもあったり、素人が行う前提の作業じゃないですね。

特に、コントローラーユニットの配線を基盤から外したり付けたりする作業が、すごく細かくて難しい!
(上の写真で、ニョキッと伸びてる線をピンセットでつまんでコネクタから抜いたり挿したり…)
力をどれくらい入れたらいいのかもよくわからないし、ちゃんと付いたかどうかもわかりにくい。

冷や汗をかきながらも、なんとか作業は終わりました。

が、完了した後で、Joy-Conを使ってみたところ、今度は右に微妙に入っている感じに。
どうぶつの森で、キャラがじわじわ勝手に右に歩き出したり、左にだけ走れなくなってしまいました。

再修理しなきゃならないのか…と暗澹たる気分になりましたが…
時間をおいてもう一度使ってみたら、この問題は起こらなくなって、なぜか正常に動作するようになりました…(苦笑)。

結果オーライではあるのですが…まあ、成功と言って良いかなと…。

最終的にはなんとかなったし、この値段なら駄目元でチャレンジする価値はある…かもしれません。

(2020.5.12)

|

« タカラダニ | トップページ | Amazon返品 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« タカラダニ | トップページ | Amazon返品 »