« 最近のガチャコレクション その他篇 | トップページ | 新案・涼しいマスク »

データイースト クラシックコレクション

ようやく入手出来ました…

【 データイースト クラシックコレクション 】

本当だったら5月頃…日本発売直後に入手していたハズなのに、初期不良で返品…
直後、入荷未定になってしまい、指を咥えているしかなかったのですが…

最近ようやくAmazonに復活、値段も10000円ちょっとと手頃になっていたので、購入を決めました。

今度は、さすがに問題なく遊べましたよ(笑)。

De01

今はなき、DATA EAST(以降DECO)のゲームが、34本入っています。

これは嬉しい。海賊版でないところも重要。

De02

実機内での名称は「MY ARCADE DATA EAST CLASSICS」となっている。

昔のアップライト筐体を模したこのデザインが、飾っているだけでもワクワクしますよねぇ。

レバーは脱着可能で、パッドとしても遊べます。

De03

選択画面。

シューティング、アクション、スポーツなど様々なジャンルのゲームがあるんですが

個人的に思い入れのあるタイトルは…

  • Dark Seal
  • Darwin 4078
  • Karate Champ(空手道)
  • Lock'n Chase
  • Burger Time
  • Rootin Tootin(ラッパッパ)
  • SRD -Super Real Darwin-
  • Tumble Pop
  • Wizard Fire
  • Zaviga
  • B-Wings
  • Burnin' Rubber

思い入れのあるタイトルだけでもこんなにある。お得感!

「ラッパッパ」は、当時の近場のゲーセンでは見かけず遊んだことはなかったんだけど、雑誌記事で見てずっと遊んでみたいと思っていた。

-----

(余談)思い入れのあるタイトルでもないが

Midnight Resistance(英語版)の

「Dad,Mam,Sis,Please be Careful」というのが、結構ツボにはまった。

日本語版の「父よ、母よ、妹たちよ!生きていてくれ!!」の訳だと思うんだが…英語としてどうなんだこれ?

-----

タイトルとしては、ベルトアクション率が高いような気がする。
DECOのベルトアクションにはあまり思い入れないので、あまり嬉しくない。
それなら、古いゲームをもっと入れてくれてもよかった。

あと、チェルノブなど一部の有名タイトルも入っていない。
どうやら、作品によって権利者が違うものがあるようだ。

ところで、お気に入りタイトルの中でも、私が特に遊びたかったのはコレです…

De04

「ザビガ」

De05

ゼビウスに影響を受けた、縦スクロールシューティングです。

グラフィックが美しく、謎めいたフィーチャーも色々あって、昔も好きでした(下手だったけど)。

このタイトル、これまでコンシューマに移植されておらず、(疑惑の)Internet Arcadeにも存在しないので、ずっと何らかの形で遊びたいと思ってたんですよ。今回念願が叶って、それだけでも嬉しいです。

ってことで、満足満足、連日遊んでます。

…ですが、不満な部分もなくはないんですよ…というか、色々あります…。

◆ ディスプレイが横長画面なので、一部ゲームは絵が潰れてしまう

私のお気に入りのシューティング系などオリジナルが縦画面のものは、見た目が変になるし、縦横の移動スピードが変わってプレイしにくい。おそらく、ベルトスクロール率が高いから、そっちに合わせたんでしょうね。まあ、これは買う前から分かってたことですけどね。

◆ レバーとボタン

レバー(パッド)が、やや操作しにくいです。特に斜めが入りにくい。
まあでも、操作に関しては元々さほど期待してなかったので、まだ良いんですが…
ボタンの配置が、オリジナルと逆っぽい。普通内側(A)がメイン攻撃、外側(B)がサブ攻撃(またはジャンプなど)だと思うんだが、逆なんです。これはやりにくい。欧米ではこっちが主流だったりするのかな。コンフィグもないので、どうしようもない。

◆ サウンド

オリジナルのサウンドが再現されてはいるんですが…音飛びとか音遅れがしばしば起こります。
まあ、DECOのサウンドには、そこまでこだわりないんで(おい)許しますが、これがnamcoゲームだったら、1音違っただけでも激怒してるかもしれない。その意味ではこの商品、決して愛のある移植版とは言えないですね。

筐体自体への不満は、そんなところです。

が、それとは別に、久々DECOゲームを遊んでみた感想としては…

DECOゲームって、アイデアはいいのに、バランスとかレベルデザインがいまいちなのが多い印象。
初っ端から敵が全力攻撃してきて、あっという間に死亡するようなゲームが多い気がしました。

アーケードなのでインカムに厳しいのはわかるんだけど、ステージ1(または、初めの3分くらい)は、初心者でもすんなり遊べるように作ってくれれば、もう少し評価されたんじゃないかと。(そのあたり、namcoのゲームは、上手かった)

このシリーズで、namcoアーケード版も欧米では売られているらしいですが、こんな感じで日本発売してくれないのかな。
まあ、出来にもよりますが…。

(2020.8.31)

|

« 最近のガチャコレクション その他篇 | トップページ | 新案・涼しいマスク »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近のガチャコレクション その他篇 | トップページ | 新案・涼しいマスク »